読書のきっかけ

 こんにちは、新習慣クリエイターの多ぁ望です。
 みなさんは、どんなきっかけで本に出会っていますか?

 今日は、そんな読書の出会いについて考えてみたいと思います。

 私がいままで考えてきた本の選び方はこんな感じです。

①リアル書店でぶらぶらと選ぶ
 この場合、目次などをチェックして中身を重視して選びます。

②ネット書店で1クリック
 Amazonなどのネット書店でレビューをチェックして選びます。Amazonの場合、「1クリック決裁」があるので、お手軽で便利です。

③図書館で読書の3点観測
 これは勝間和代さんの本にあった選び方です。上記①②の場合は、どうしても自分の興味の観点で選んでしまいます。そこで、図書館では次のような観点で選ぶようにしています。

1.自分の興味ある本
2.その本と同意見の本
3.その本と対立する意見の本


 図書館のメリットは、本選びの敷居を低くしてくれることです。パッと背表紙で選んでみたり、自分の興味とは反対の本を選ぶなど、こういう出会いもたまには面白い一冊に出会えます。

 さて、ここまでは今までにも紹介してきた内容です。最近新たな選択支が出てきました。

新たな読書の選択支


④ブログ仲間からの紹介
 書評ブログをやっている方の紹介で、読む本が増えてきました。これはレビューよりもダイレクトな感想が伝わってくるので、ついつい、読んでみたくなります。

⑤読書会での推薦
 これは先日の「渡り鳥の会」で経験したお勧め本の交換会です。自分のお気に入りの本を持ち寄って、交換しその場でフォトリーディングするというイベントでした。
 なかなか自分では選ばない本に出会うきっかけとなります。

 当日私が選んだ本はデューク更家さんの「ウォーキング考」という本。最近、万歩計をつけはじめたこともあって、「歩く」ことを学んでみたいと思いました。

フォトリーNo.40
ウォーキング考―最短距離で最大効果を生み出す「正しい歩き方」 (角川SSC新書)ウォーキング考―最短距離で最大効果を生み出す「正しい歩き方」 (角川SSC新書)
(2008/03)
デューク更家

商品詳細を見る


 実はこの本、「歩き方」だけじゃないんです。正しい歩き方をマスターすると、様々な効果が出てきます。健康にもつながるし、脳の活性化にもつながるんです。さらにはダイエットにも。最終的には心も豊かになれるんです。
 あなどるなかれ、「歩き方」。みなさん、もう一度自分の姿勢を意識してみましょう。「垂直アライメント」がキーポイントだそうです。

ウォーキング考
多ぁ望Map No.0088


⑥第3者からの推薦
 先日、永田豊志さんの「発想フレームワーク55」という本をこちらの記事で紹介しました。これはこのブログを見てくれたソフトバンククリエイティブさんより献本いただきました。このチャンスがなかったら、この本にも出会えなかったかもしれません。

  • Try187:アイデア融合のためのメモとアイデア誕生のメモをとる

  •  実は最近、また献本を頂く機会がありました。株式会社人財開発様から頂いたこちらの本です。当ブログの内容を見て、コーチング、コミュニケーションに関する観点で推薦してくれた1冊です。

    フォトリーNo.35
    母性の経営母性の経営
    (2009/06/11)
    久野康成井上ゆかり

    商品詳細を見る


     これは正直な第一印象としては、リアル書店だったら個人的には選ばない本だと思いました。「母性」という言葉、「ピンク色の表紙」このキーワードは私の選択支にはなかったからです。
     でも今までにない面白さがありました。今まで知っていたスキルの新たな一面も理解でしたし。詳細は明日、紹介したいと思います。

     第3者からの推薦は自分で選ばないだろう選択支を提供してくれるチャンスでもあります。

    関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    第780回「皆既日食、観察できましたか?」 | Home | Good Job ! パーソナルロゴ決定!

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する