ペーシングの第3要素

 こんばんは、多ぁ望@新習慣クリエイターです。情報はめぐりめぐって、自分に返ってくる。そんな感触を今日は得ました。

 コミュニケーションについて、興味を持ち始めて様々な本を読んできました。そこから見えてきたあるもやもや。そのもやもやの正体を教えてくれたのがこの本でした。「アンガーマネジメント」です。
 そのもやもやとは自分の感情をコントロールする技術です。私に足りないものはこれだったのか!という気づき。

 実はそのきっかけを振り返る記事をKIMUCOさんが書いてくれました。KIMUCOさんは先日の渡り鳥プレゼンをきかっけに本書を読んだそうです。

  • アンガーマネジメント(☆KIMUCO branding☆自分をブランディングしていくBlog)

  •  私のきっかけとは、「感情のコントロール」を強みとする自分ブランディングの岡村さんから紹介いただいたことでした。

  • 059:私が「自分ブランディング」をテーマにした理由

  •  まだ4月のことだったんですね。ずいぶん時間が経っているような気がしています。

     あれ以来、当ブログでは「アンガーマネジメント」というカテゴリを作り、感情コントロールへの成長を記録しようとがんばっています。まだまだですが。
     今日は7つ目の記事となります。

     今日のテーマは「ペーシング」です。

    フォトリーNo.37
    アンガー・マネジメント―アメリカ・エグゼクティブの間で爆発的に普及! イライラ、ムカムカを一瞬で変える技アンガー・マネジメント―アメリカ・エグゼクティブの間で爆発的に普及! イライラ、ムカムカを一瞬で変える技
    (2008/09)
    安藤 俊介

    商品詳細を見る

    アンガーログ


     さて、今日はペーシングのお話をしたいんですが、その前にアンガーログを記録しておきます。また「イライラ」することがあったんです。

    <今日の出来事>
     社内で、一番若いメンバーに仕事のやり方を指導していました。我々の職場で普段から使っているソフトの使い方です。ソフトの使い方といっても、オペレーションを教えるだけでは意味がありません。なぜこのような手順を踏むのか?という基本的な考え方を含めて指導していたつもりでした。

    多ぁ望:「と、こうやるわけ。ここからは自分でやってみて。」

    Aさん:「はい。・・・。あれ、ここはどうするんでしたっけ。」

     なんか、こう一度教えて、ノートにメモしているハズのことをもう一度聞かれるとイラッとしてしまいます。

    Level3

     今回この小さなイライラを感じながら2時間くらいかけて教えていたので、Level3まで積もり積もってきました。まあ抑えることはできたんですが、ちょっと気づいたことがあります。

     言葉だけでなく、非言語だけでなく、なにかもうひとつペーシングに関して、相手にあわせなければならない要素があるように思いました。

    ペーシングの3要素


     コーチングスキルのひとつに「ペーシング」があります。これは相手のペースに合わせること。一見簡単なようですが、私自身、なかなかできなくて苦しんでいます。

     以前、「メラビアンの法則」を紹介しました。コミュニケーションには言葉、非言語(口調、ボディランゲージ)の要素があります。これがペーシングにも当てはまります。

    1.バーバルペーシング(言語要素)
     ①同じ言葉を繰り返す=ミラーリング
     ②相づちをうつ
     ③接続詞
     Check! 相手のペースを乱す言葉を使ってないか?

    2.ノンバーバルペーシング(非言語要素)
     ①声のトーン
     ②顔の表情
     ③姿勢
     ④視線
     Check! 相手から見て、不快な態度を取ってないか?

    3.アビリティペーシング(能力要素)
     ①自分の能力
     ②相手の能力
     Check! 相手の能力レベルで、コミュニケーションを取っているか?


     この3番目の「アビリティ・ペーシング」が今日気づいた要素です。自分の経験年数やスキルをベースに話しをしては、相手に通じないことがあります。特に経験年数の浅い相手の場合です。
     当然のことではありますが、自分の常識が通用しないことに気づかないことが多いんです。こんなことをよく感じます。

    多ぁ望「え?これも知らなかったの??」

     ここで、イラっと来ていてははじまりません。こういう言葉は飲み込んで、相手のレベルに合わせた指導が必要です。根気よく。

     ひさびさにオリジナルコンセプトマップを作ってみました。


    多ぁ望Map No.0091

    関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    パーソナルブランディングを考える | Home | 仕事効率化の目的は?

    コメント

    人も情報もつながる!!!

    人も情報もつながっているんですね~。
    先日の渡り鳥のテーマもConnect(つながる)にしたことも自分にとって大きな意味があったのかもしれないなぁ~なんて思っています。

    オリジナルコンセプトマップ、ダウンロードさせてもらいましたぁ~とっても参考になります。
    ありがとうございます。

    ここ1年の間に、自分の中で、コアビリーフが変化しているような気がします。感情のコントロールのポイントにもなっていると思います。


    そしてそして、アビリティペーシング(能力要素)は、私もついそんなことも知らないのっとか言ってしまいそうなので、気をつけなければと思いました。自分と相手の能力の差、意識してみようと思います。

    2009/07/18 (Sat) 20:48 | KIMUCO #- | URL | 編集
    Connectって面白い!

    KIMUCOさん、コメントありがとうございます。
     昨日は、KIMUCOさんのところに書き込みした後に、この記事を一気に書いてみました。
     実は、このアンガーログは先週にイラッと感じていつか記録に残そうとおもっていたところです。
     よいタイミングで、KIMUCOさんの記事とConnectしました。

     相手の能力を引き出すこと。これが自分にもやりがいになるし、相手にも価値があることだと思っています。でも簡単じゃないですよね。
     がんばれ後輩!ついでにがんばれ自分!

    2009/07/18 (Sat) 22:49 | 多ぁ望@新習慣クリエイター #TZpNm4HA | URL | 編集

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する