最新コミットメント

「砂漠からの脱出ゲーム」レポート

 多ぁ忙@新習慣クリエーターです。こんばんは。今日は、このトライの実践結果をレポートしたいと思います。

  • Try171:3つのチームで、チームビルディングテクニックを実践しよう

  •  本書の中にはチーム・ビルディングを活性化させるためのエクササイズがたくさん紹介されています。

     今回は「チームビルディングとは何か?」というテーマで我々が経験した「すごい会議」がいかにタックマンモデルに当てはまっていたかを説明しました。

  • タックマンモデルを体感する

  •  その後、ひとつだけエクササイズを選び、グループで実践をしてみました。

     選んだものがこれ。

    「砂漠からの脱出ゲーム」

     本書の中では、このゲームの具体的なやり方はあまり書いてありません。そんな状況でかるーい気持ちでやってみました。
     実は、けっこう難しいゲームかもしれません。

     でも、これをやってみて「ファシリテーション」の楽しさを知ったような気がしました。

    フォトリーNo.21
    チーム・ビルディング―人と人を「つなぐ」技法 (ファシリテーション・スキルズ)チーム・ビルディング―人と人を「つなぐ」技法 (ファシリテーション・スキルズ)
    (2007/07)
    堀 公俊加藤 彰

    商品詳細を見る

    砂漠からの脱出ゲームのやり方


     まず簡単にやり方を紹介しておきます。このゲームはチームのコンセンサスをいかに得られるかという訓練を目的としたものです。60分で実施することを推奨しています。
     今回は90分で完了しました。

     ここにいるみなさんは、ある飛行機に乗り合わせた乗客。航路途中のトラブルにより、砂漠に墜落してしまいました。生き残ったのはチームメンバーのみ。
     機内に残ったものは次の12アイテムのみ。
     では、この砂漠から脱出するために12アイテムの重要度を決めてください。


    1.懐中電灯
    2.地図
    3.雨具
    4.方位磁石
    5.ピストル
    6.パラシュート
    7.食塩
    8.水
    9.食用動物図鑑
    10.一人一着のコート
    11.化粧用の鏡
    12.ウォッカ


     これらを個人で順位づけをして、その後、グループでディスカッションをはじめます。模範解答があるので、グループの順位付けが決まった後に、模範解答との差分を合計するとそのチームの成果が評価できるものとなっています。

    実践しながら学んだこと


    ①まずは個人で重要度を紙に書いてもらう
    ②重要度のトップアイテムを理由とともに発表する


     さて、手順に従ってスタートしてみたんですが、いきなりつまづきました。こんな意見がでてくるんです。

    Aさん:「やっぱり水です。2,3日で救助が来ると思うから。」
    Bさん:「やっぱり水です。植物を育てるために必要だから。」
    Cさん:「地図でしょ。近くに町があるかもしれないから。」
    Dさん:「鏡だって。反射させて救助を求めないと!」


     いろんな意見が出るのはわかるんですが、この意見からコンセンサスを得ることは不可能です。なぜなら、求めているモノが全く違うからです。4人の目的を書き出すと

    Aさん:2,3日生きること
    Bさん:1ヶ月以上生き延びること
    Cさん:自力で脱出すること
    Dさん:他人に見つけてもらうこと


     こんな状況です。これでは議論にもなりません。そこでわかったことは、

    ③チームの目標を一致させること

     が最初に必要だということです。まず脱出を重視するのか、生き残ることを重視するのか? そこで決定したチームとしての意志は

    「3日生き延びること」

     としました。おそらく3日生き延びれば、救助が来るんじゃないかと期待して。そこで第一の重要アイテムは「水」としました。その次のアイテムを選ぼうと議論していると今度はこんな声が聞こえてきました。

    Aさん:「砂漠は夜が冷えるから、コートだね。」
    Bさん:「それなら雨具でもいいんじゃない?」
    Cさん:「雨具ってカッパ?それとも傘?」
    Dさん:「水ってどのくらいあるの??」


     優先順位を決める上で、必要なことがもうひとつ見えてきました。

    ④選ぶアイテムの条件がチームで一致していること

     雨具=傘、雨具=カッパ、これでは話がかみ合いません。そんな状況が他のアイテムにもたくさんあることがわかりました。そこで、議論を中断してアイテムの条件を一致させることを行いました。次の()内の内容としました。

    1.懐中電灯(1本、換えの電池なし)
    2.地図(航路地図)
    3.雨具(人数分の傘)
    5.ピストル(リボルバータイプの6発銃弾含む)
    6.パラシュート(3人分)
    7.食塩(一袋)
    8.水(ペットボトル人数分)
    12.ウォッカ(一人一本)


     ここまで条件が決まって初めて、チームの議論がかみ合い始めます。こうなると共通のイメージがわいてきます。6アイテムくらいの順位が決まったところで、それ以降の選び方が難しくなってきました。ここで、新たな方向へ踏み出します。

    ⑤目標が達成できなかった場合の想定

     最初は「3日生き延びる」ことを前提に検討してきましたが、重要なアイテムが選ばれた後、「もし、3日で救助がこなかったら?」という想定も考える必要があるだろうという方向に変わってきました。そこで、次のような想定を追加しました。

    「1ヶ月くらい生き延びること」

     これである程度重要度が決まってきました。しかし、この後、難易度がさらに増します。

    ⑥危険回避のマネジメント

     これはどういうことかというと、「ピストル」と「ウォッカ」の扱いに注意が必要だということです。救助がこないことに逆上して、仲間を傷つけるような行動に出る危険性が想定されます。生き延びるためには「ピストル」をいかに管理するかが重要です。
     そこで出たアイデアは銃弾を一人一発ずつ管理し、空のピストルをもうひとりが管理すること。
     さらに「ウォッカ」は水分を奪うので生き延びるためには飲むべきではありません。しかしこんなメンバーがいるんです。

    「やっぱり酒でしょう。酒がないとやってらんないよ!」

     こういうメンバーは必ずいます。そういうひとによって「ウォッカ」の重要度があがってしまってはそのチームは生き残る可能性が低くなってきます。

     以上より、我々が得た結論はこうなりました。差分の合計得点はぎりぎり最優秀の部類に入るようです。

     振り返りの時間をとって、チームとしてうまく議論できたか?を考えてもらいました。我々には目標が設定され、それを達成する手段を選び、かつ当初の目標が達成できなかった場合の想定を考えることができ、なかなか良かったと共感することができました。危険回避マネジメントに話が及ぶとは思っても見ませんでした。

    No.アイテムチームの決定模範解答差分
    A懐中電灯
    B地図10
    C雨具
    D方位磁石12
    Eピストル
    Fパラシュート
    G食塩12
    H
    I食用動物図鑑10
    J一人一着のコート
    K化粧用の鏡
    Lウォッカ1111
    合計20


     このゲームによって、コンセンサスを取るために何をすべきかを自分達で考えることができ、合意形成のテクニック=ファシリテーションについて大いに学ぶことができました。
     あまり深く考えずに、実践してみることは良い気づきになると思います。

    実践する人へのアドバイス


     さて、深く考えずにやることも面白いですが、実際に経験してみると次のようなことを予め頭に入れておくことをお勧めします。特にファシリテーション役で、実践してみようと考えている人には重要な要素です。

    ①個人で重要度を紙に書いてもらう → 上位3位くらいでOK
    ②重要度のトップアイテムを理由とともに発表する → 意見の違いを実感する
    ③チームの目標を決める → 生きることを重視するのか? 脱出行動を重視するか?
    ④選ぶアイテムの条件を一致させる → 定義がずれてると議論にならない
    ⑤目標が達成できなかった場合の想定 → 複数の答えが必要
    ⑥採点結果を見て、振り返り → 議論の方向性や重要度の考え方を見直す


     やってみようと思っている方は、この6ステップを考えておくとスムーズに進行が可能です。

     さて、この「コンセンサスを得る」ことって、ビジネスの中では極めて重要なスキルだと思いました。実践したあとに、ちょっとした業務上のトラブルが発生。感情論がぶつかり合って、収集がつかなくなる場面に遭遇。さっそくファシリテーションスキルを実践してみました。長くなったので、この話は明日紹介します。

    関連記事


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    tag : チームビルディング実践

    comment

    Secret

    良いですね

    多ぁ忙さん

    こんばんは!
    このゲーム面白そう。
    ぜひ、やってみたいですね。
    またまたすばらしい情報を
    ありがとうございました。

    テリーさん、コメントありがとうございます。

     これはファシリテーションスキルの良い訓練になると思いました。
    本にはほとんど「ねらい」のようなことは書いてなかったので、やってみていろいろと勉強になり、かつ楽しかったです。
     逆に言うと、これほど「やってみないとわからない楽しさ」はないのかもしれません。
     そのチームが生き残れるか、なんとなく見えてきます。

     ぜひやってみてください。
    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    04月 | 2017年05月 | 06月
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)