最新コミットメント

20%の応援者を見つけよう

 みなさんの周りには「応援者」がどのくらいいらっしゃいますか?

 こんばんは、新習慣クリエーターの多ぁ忙です。 今日は久米信行さんの「すぐやる」技術を紹介します。

 自分がやりたいことがあって、それを応援してくれる人って身近にどのくらいいるでしょうか。きっとゼロという人はいないと思います。でも、たくさんいるという人も少ないと思います。これには答えがあるんです。

20%が共感、応援をしてくれる人

 今日は本書のねらいとは若干異なるかもしれませんが、ブランディング構築という観点で、本書を読んでみたいと思います。
 20%の応援者を見つけて、自分のやりたいことを実現していきましょう!

フォトリーNo.19
考えすぎて動けない人のための 「すぐやる!」技術考えすぎて動けない人のための 「すぐやる!」技術
(2008/08/22)
久米 信行

商品詳細を見る

20:60:20の法則


 本書では行動を起こすために、身近な応援者を見つけようとあります。何かを実行しようとしたときに、否定的な意見を言う人も当然いることでしょう。でもそんな消極的な人達にひっぱられて、自分の行動を抑えられてしまうのはもったいないことです。

 自分の周りにはこんな人達が存在します。それをまず肯定しましょう。丸い円をイメージしてください。

1.自分が中心にいる
2.その周りには20%の共感、応援してくれる理解者がいる
3.さらにその周りには60%の無関心なひとがいる
4.さらにその周りには20%反対意見をもった「敵」がいる


 こういう構成であなたの周りに人脈がいるわけです。なので、自分を応援してくれる20%の人達をまずは見つけたいですね。それができると、20:60:20の法則によって、変化が表れてきます。

 この法則、どっかで読みました。そうだ、これです。本田直之さんの「レバレッジ・マネジメント」に出てきました。

  • Try169:部下の成果が出せる仕組みをつくろう
    「試し」のトライだけでは不十分。「継続」できる仕組みが必要。

  •  この記事では取り上げてませんでしたが、マインドマップにメモしてありました。

     20%の応援者を見つけられると、その影響が「無関心」な人達に伝わってきます。無関心な人達に関心を与えられると、自分の見方につけることができます。
     つまり、20%の応援者を見つければ、80%を味方につけることができるわけです。これ、人脈に関するパレートの法則ですね。

     どんな環境にも20%の敵はなくなりません。無理にここに飛び込んで闘う必要はありません。80%を味方につければ全く問題ありません。

    私のやりたいこと。


     さて、私の場合はどうかと言うと・・・。

  • Task42:「2010/5/31までに、社内コンサルティング機能を立ち上げ、5部署に対してコンサルティングを実施し、楽しく、やりがい世界No.1の職場を作る」

  •  というすごい目標を掲げているように、社内にコンサルティングを行うポジションを作りたいと思っています。はっきり言うと、本来の仕事とは全然畑が違います。
     でも本来の仕事を効率良く進めるためには、必ず必要になる機能なんじゃないかと思っています。

     さて、その思いは自分の中にしまってあるかというと、そうでもありません。

    1.上司にそのイメージを伝える
    2.同僚にも伝える
    3.勉強会メンバーにも伝える


     上司からは、「お前、転職する気か?」など冗談交じりの会話もありますが、転職してコンサルタントをめざしたいか?ということでもありません。コンサルティングができる能力を身につけて、会社を活性化させていきたい。そんなことをイメージしています。

     この行動によって、おそらく20%には満たないかもしれませんが、10%くらいの理解者は見方につけてるんじゃないかと思っています。
     今後も、自分のイメージを伝えつつ、この取り組みを続けていきたいと思っています。そうすれば、いつか80%が見方になったときに、何かが変わるんじゃないかと期待しています。

    人脈はリアルワールドから


     本書の目的は「行動を変える」ところにあります。ひとには2種類います。

    1.すぐに動けるひと
    2.動かないひと


     何かスポーツをやるときに、いきなり運動せずに、ストレッチをやりますよね。本書ではそんな心と頭のストレッチ体操に相応するテクニックが紹介されています。

     「動かないひと」が「動けるひと」になるためには、まずはこれが必要です。

    「協力を得ること」

     ひとりでなんでもこなせる人はほとんどいません。「すぐに動けるひと」ほど、他人の協力をもらっています。これが人脈の大きさでもあると思います。

     人脈構築はリアルワールドが基本です。インターネット上でも簡単に「知り合い」は増やすことができるかもしれません。でも顔を合わせた人脈とはレベルが異なります。

     リアルワールドでの人脈形成のために2つのテクニックが紹介されていました。

    ①名刺をきっかけにコミュニケーションを取る
     ・相手の名刺をよく見る
     ・話したいことを見つける
     ・簡単な質問をする
     ・熱く語る夢をもっている


     名刺をもってないと、コミュニケーションの第一歩に勇気がいります。でも名刺があれば、会話のきっかけが簡単に作れます。人脈構築の第一歩は名刺を持つことかもしれません。

    ②お礼メール、お礼ブログ
     ・会ったときの感謝、感動を伝えること


     最近では、リアルワールドで会う前にインターネット上である程度お互いを知っている間柄って多いんじゃないでしょうか。そういう場合には、会ったときの感動が大きいです。

     また会ってコミュニケーションをとったことによって得られた気づきや感謝の気持ちがわいてきます。これらをあとから、お礼メールやお礼ブログとして、自分の気持ちを伝えること。これがひとつのテクニックです。

     私はこのフォローが今まで不十分だったような気がします。今後実践していきたいと思います。

    すぐやる技術
    多ぁ忙Map No.0081


    関連記事


    theme : ビジネス書レビュー genre : ビジネス

    tag : ブランディング 書評

    comment

    Secret

    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    09月 | 2017年10月 | 11月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)