最新コミットメント

会議は楽しむもの

 こんばんは、新習慣クリエーターの多ぁ忙です。今日は会議術の本を再び紹介します。

 最近、会議術の本を取り上げることが多いんですが、その理由は「好き」だからです。

 以前はその反対でした。会議があると「いやーな感じ」を持っていました。それは参加者のときも、議長を務めるときも。

 最近では、様々な会議術を実践し、会議のあるべき姿、会議を楽しむコツがわかってきて、かつて「いやーな感じ」を持っていた理由が見えてきたような気がします。
 こんなときに、「楽しい!」って思えるんです。

「おお。そのアイデアいいじゃん!」
「よし、それで行こう!!」


 自分が持っていなかったアイデアで、新たな展開が決まったとき。参加者の一体感が見えたとき。

 本書はファシリテーションのセミナー講師であり、数々の企業のコンサルティングをこなしてきた斎藤 岳さんの経験に基づく会議テクニックがわかりやすく紹介されています。

フォトリーNo.18
1回の会議・打ち合わせで必ず結論を出す技術1回の会議・打ち合わせで必ず結論を出す技術
(2008/06/27)
斎藤 岳

商品詳細を見る

「いやーな感じ」を持っていた理由


 あなたは、会議でこんな感じを持ったことはありませんか?

1.つまらない
2.話が長い
3.報告ばっかり、議論なし
4.何にも決まらない


 先日紹介した「タテの会議、ヨコの会議」でこんなフレーズがありました。

「会して議せず、議して、決せず、決して、行わず、行って、責を取らず」

 このような会議を「メタボ会議」と本書では呼んでいます。なぜこんな会議が蔓延してしまうのでしょうか。斎藤さんによると、

「多くのビジネスパーソンが、会議・打ち合わせの技術を体系的に学んでいない」

 そうです。同感です。私も会議の方法を習ったことがありません。だから、自分が使える会議術を身につけて、それを普及させていきたいんです。

 そんな目的をもって、読んでみるとまだまだ面白いテクニックが満載です。

会議がめざすゴール


 会議によって、得るものはなんでしょうか。

「参加者の意見を良く聞いて、最大公約数的な解を決めること」

 ではありません。

「みんなを巻き込みながら、スゴイ結論を効率的に創り出すこと」

 なんです。前者では「いやーな感じ」が残りますよね。ここには妥協や諦めが混ざっています。でも後者だったら、「楽しい」感じがわかると思います。

 会議の議長を務めるときには、「結論が決まらなかったらどうしよう。」とか、「周りから意見がでるだろうか。」とか、様々な不安が出てくると思います。

 でも、ここで「みんなからスゴイ結論を引き出してやろう」と、会議を楽しむ余裕があるといいですよね。自分が答えを持っている必要はありません。参加者が答えを持っている必要もありません。その場の会議メンバーで結成されたチームからスゴイ答えが出てくるんです。答えは必ずそこにあるんです。それを見つけることができたら、楽しいですよ。

7つの心得


 本書では具体的な会議のテクニックをある家族会議を例に、解説しています。これがなかなか楽しいストーリーになっています。お父さんが宝くじで100万円を当てて、それをどうやって使うのか?を5人+ノラ(猫)で決めていくというお話です。
 ダメな会議と、あるべき会議の姿を示しているので、わかりやすいです。会議がもつれてくると、ノラが会議テキストを落としていくんです。それを読んだ家族は、再び会議を立て直すという内容。最後のエピソードが良かったです。ぜひ読んでみてください。

1.ゴールを明確化
2.論点を共有
3.停滞・対立に介入
4.事実をあぶり出す
5.議論を構造化
6.場の空気を作る
7.動きに敏感に


 これらの7つの心得とさらに11のテクニックが家族会議を例に解説されています。

本田宗一郎さんの会議の考え


 この本の中に、本田宗一郎さんの言葉が引用されていました。実は、以前こんな宣言をしています。

  • Task24:本田宗一郎(著)「俺の考え」を読む

  •  このときは、会議とは関係ないところで読もうと思い、すでに本棚に並んでいます。でもまだ読んでいませんでした。またまた読むきっかけが偶然表れました。こういう偶然が面白いです。

     この「俺の考え」の中で、本田さんの良い会議と悪い会議の考え方が紹介されています。

    <良い会議:一体感のある会議>
     ある問題解決にあたり、何度も中心的な人物が入れ替わり、一進一退する。そのうち誰もがこの壁は乗り越えられないと思い始める。すると今まで目立たなかった人が決心したように話し始める。会議は再び活発になる。

    <悪い会議:ニワトリ会議>
     日本人は会議がヘタである。ひとつでも悪いことがあるとそこだけに目を付けてつついてしまう。ニワトリが一羽のキズをよってたかって攻撃して殺してしまうように。

     この考え方、「会議術セミナー」に加えたいと思います。

    結論をだす技術
    多ぁ忙Map No.0077


    関連記事


    theme : ビジネス書レビュー genre : ビジネス

    tag : 会議術

    comment

    Secret

    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    07月 | 2017年08月 | 09月
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)