最新コミットメント

プロジェクト完了報告のチャレンジ

 先日、プロジェクトの完了報告に向けたリハーサルについて紹介しました。

  • Try162:プレゼンの場では、参加者からのフィードバックをもらう。
    自分が改善すべきポイントは、他人に指摘してもらおう。

  •  この取り組みによって、プレゼンに対して簡単に改善できることを実感しました。そして今週、本番がやってきました。

     結果としては・・・。

     もちろんバッチリでした。

     とは言い過ぎかも。プロジェクトとしては100点だとしても、自分のプレゼンの採点としては80点くらいかなと思っています。
     今日はその-20点について紹介したいと思います。

    完成度への自信


     今までもこのような報告会は何度もこなしてきました。「完了報告」というからには、プロジェクトが完了することを認めてもらう必要があります。
     何か検討不足な部分があれば、それを補うために継続しなければいけなくなったりします。

     こういう事態は避けたいです。今回のプロジェクトは内容としてはかなり自信がありました。今までの自分だったら、自信をもって報告にのぞみ、大して緊張することもなくこなせたと思います。

     でも今回の私はちょっと違いました。

     「なんか、ドキドキしてきた。」

     今までにない緊張感が襲ってきました。なぜなら・・・。

    +αの願望


     報告内容に自信を持った私は、+αの願望を持ち始めました。このブログを始めたせいなのか、最近「妄想癖」が増えてきています。

     「今度は、こんなことにチャレンジしてみるか」
     「こんな風にしゃべったらうまくいくかな」


     こういう「イメージ」が膨らんできて、あれこれとやってみたくなってしまうんです。これは良い意味では、チャレンジ精神。悪い意味では、妄想癖です。

     今回私がやってみたくなったことはこれです。

     「エピソードアプローチ」

     プレゼンのオープニングにちょっとしたエピソードを交えてからスタートするというテクニックです。聴衆を惹きつけるテクニックとして先日紹介した浜田先生の本に載っています。

  • Try161:プレゼンの場で、ZIGZAG法を実践しよう!
    ワンセンテンス、ワンパーソンで口癖撃退、説得力増加!

  •  このプロジェクトには多くの方の協力をいただきました。今まで経験したことがないほどに助けてもらいました。この感謝の気持ちを報告会のときに伝えなければ!とこんな事を考えたのです。

     私のプレゼン本番のときのテーブルに貼ったポストイットにはこんなキーワードをメモしていました。

     「協力、メンバー、多くの人、感謝、達成感」

     スピーチしたい文章をメモすると失敗します。伝えたいキーワードだけをメモしておきました。

    プレゼン本番


     さて、さきほどの「ドキドキ」は本番直前でピークを迎えていたようです。なんで自分がこんなに緊張するのか理解できませんでした。
     私は普段あまり「感謝」の気持ちをダイレクトに人に伝えることをやってきていませんでした。そんなこともあってか、プレゼンの場で「感謝」を伝えることはいまだかつてない経験となったわけです。

     小さなメモのおかげで、伝えたいことはしゃべったつもりです。でも、相当つっかえました。ここが-20点の反省点です。

     「ここまで来るのにプロジェクトメンバーをはじめ、多くの方の協力をいただきました。バックアップ頂いたみなさん、ありがとうございました。」

     「今日は、完了報告が目的ではありますが、私としてはこのプロジェクトで得た達成感が少しでも伝えられたらいいなと思っています。」


     きっと聞き手のみなさんには

     「報告会で何言ってるんだ?コイツは??」

     と感じたかもしれません。でもいいんです。私が伝えたかったことなんだから。

     ここが緊張のピークでした。このエピソードアプローチを終えると、肩の荷がおりたようにホッとしました。

     それから、ZIGZAG法を心がけながら、ひとりひとりに目をむけて語りかけるようなプレゼンを行うことで、落ち着きを取り戻していくことができました。

     久々に感じた「緊張感」でした。もっと楽に「感謝」を伝えられる人間になりたい。そう感じた一日でした。

     この完了報告がうまくいったことは、冒険企画塾の「スピーチ術」にて指導いただいた浜田先生をはじめ、フィードバックをいただいた仲間のおかげです。

     本当にありがとうございました。「感謝」です。

    関連記事


    theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

    tag : プレゼンスキル

    comment

    Secret

    日々進化ですね

    kuraです。

    多ぁ忙さんのプレゼンは日々進化ですね。

    エピソードアプローチという言葉は
    はじめて知りました。

    自分の記憶を振り返ると、エピソードアプローチを
    使ってる人って多いなということに気づきました。
    神田昌典さんもたまに使っていたと思います。

    私も日々がんばります。

    おめでとうございます

    多ぁ忙さん
    プレゼンの成功おめでとうございます。
    今日の多ぁ忙さんの記事、とっても
    感謝の気持ちが伝わってきます。
    読んでいて、ほわ~んと、あったかな気持ちになりました。
    ありがとうございます!!

    そう気づくとこがポイントですよね

    Kuraさん、コメントありがとうございます。
    私もこのテクニックは、そういえばあの人もやってたな。と感じました。

    でも「エピソード・アプローチ」という名前でひとつのテクニックなんだと認識すると改めて、あのときのプレゼンはこのテクニックだったのかと感じることができます。

    これがコンセプトの強みですよね。なにげなく、見過ごしてしまう行動に、実は成功のテクニックが隠れているんですね。

    今後も、いろんなテクニック見つけていきたいと思います。

    テリーさん、暖かいコメントありがとうございます。

    テリーさんの、コメントを読むと、こちらも”ほわーん”となってきました。ありがとうございます。

    今日は、クルマで遠出していたんですがポッドキャストでWadaCafeを聞いていました。
    和田さんのこんな言葉が脳裏に焼き付きました。

    「春は、たくさんの感謝がうまれてきます。」

    「あなたも、地球にありがとうって言ってみてはいかがですか?」

    エコとか温暖化とかいろいろ騒がれていますが、こういう取り組みの根底には「ありがとう」があるんですよね。
    それがない取り組みには、価値がありません。
    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    09月 | 2017年10月 | 11月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)