ロジカル・シンキングの訓練

 現在、こんな本を読んでいます。

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)
(2001/04)
照屋 華子岡田 恵子

商品詳細を見る

 読んでいる最中なので、書籍紹介は読み終わった後に、改めて紹介しますが、まず本書の最初に出てくる内容は「説得力のない話に共通する欠陥」です。これには3つあります。

 1.話の明らかな重複 → 私の頭の中は混乱中
 2.話の漏れ → 一点突破、全面崩壊
 3.話のずれ → 会話の目的から脱線


 この3点を頭の隅にうかべながら、日頃のわかりづらい部下の話に耳を傾けると「なぜロジカルでないのか?」が浮き彫りになってくることに気づきました。

 なかなかこの論理的な思考を苦手とするビジネスマンは多いことと思います。私の職場でもたくさんいます。

 このロジカル・シンキング・スキルが高いか、低いかはすぐにわかります。ちょっとしたコミュニケーションをしたときに、意見交換がスムーズに行くひとはスキルが高く、

「え?どいうこと??」
「それってこういうこと?」


と2度聞き返すような会話が混ざる場合はスキルが低いということが言えます。

 さて、ここでわたしの職場でのロジカルでない会話をいくつか紹介します。

1.話の明らかな重複の例(ロジカルでないコンサル風のAさん)

多ぁ忙:「今日これから打ち合わせする目的は?」
Aさん:「それは2点あります。
 ひとつめは、次期商品の変化点を予測し、商品が成功するかを判断することです。
 ふたつめは、その変化点が悪影響を与えないか見極めることです。」

多ぁ忙:「いつも、コンサル風にしゃべるのはいいんだけど・・・。それって目的はひとつだよね?」

※これが明らかな重複です。変化点に対して、良いか悪いかを判断することが目的なので、良い解釈と悪い解釈をわけたところで、目的が二つに分かれるわけじゃないですよね。
 彼の特徴はなかなか言葉がすぐに出てこないタイプ。いろいろ考えて話しはじめるようですが、やっぱり整理できる前に話を始めてしまう。そうなるとだらだらと脈絡のない話になって何が言いたいのかうやむやになってしまう。

2.話のずれの例(元気だけは一人前の新人Bさん)
多ぁ忙:「お。これが新しい設備か。どんな基準をもってこの特性を評価する?」
Bさん:「この特性はこれこれしかじかすると、このように測定ができます。」
多ぁ忙:「え・・・。私の質問の意味わかる?」
「私はどんな判断基準をもって、評価結果が良いのか、悪いのか判断するのかを聞いて居るんだよ?」


※これが話のずれです。私が質問しているものは「判断基準」です。Bさんは「これこれしかじかの判断基準に合うか合わないかで判断する」というような答えが求められています。なのに、新たな設備の測定方法を答えてしまうのは話のフォーカスがずれちゃってますよね。

3.修飾語を使ったあいまいな指示(忙しいグループの責任者Cさん)
 Cさんはある忙しいグループの責任者。毎日少ない人数で多くの業務をこなしています。最近、担当者である彼らから愚痴が増えてきています。
プロジェクトDの担当者への指示:「少ない人数だがグループ一丸となって乗り切ろう」
プロジェクトEの担当者への指示:「少ない人数だがグループ一丸となって乗り切ろう」
プロジェクトFの担当者への指示:「少ない人数だがグループ一丸となって乗り切ろう」

※これではD,E,Fの人たちが同じようなことを言われていたら信用を失いますよね。忙しい状況ではいかに「適切な指示ができるか、具体的な指示ができるか」がその状況を脱出するカギだと思います。どんなにかっこいい修飾語をつけたところで、問題は解決しません。しばらくはカギが見つからないような気がします。

 さて、今日のタイトルを「ロジカル・シンキングの訓練」とした理由は、これらのコミュニケーションから「なぜロジカルでないのか?」を分析することは非常にロジカル・シンキングの訓練になるんだということを実感しました。
みなさんも「話のわかりづらいひと」がいたら、「なぜロジカルでないのか?」を分析してみてください。自分のスキルアップにつながります。

Try19:日常会話からロジカル・シンキングの訓練をする
わかりづらい話には理由がある。それを見つけるのが訓練だ。

関連記事

テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

日本語が曖昧さを生むのか? | Home | スケジュールの予定と実績をチェックしてみました

コメント

意外に多い「ダブリ」「漏れ」「ずれ」

コンサル風のAさん、おもしろすぎですww
まえの会社の上司がこんな人でしたww

人とのコミュニケーションの中で、<ダブリ>や<漏れ>、<ずれ>は本当に多いです。
(自分を含めて)
この本を読んでから、それに気づけるようになったことだけでも大きな収穫ですよね。

もっと<MECE>にブログも書けるようになりたい今日この頃です。

2009/02/02 (Mon) 19:55 | Jobjoy #9PKObetc | URL | 編集
部下に持つとつらいです。

Jobjoyさん、コメントありがとうございます。
 こういうAさんタイプを部下に持つと、非常に疲れます。
なんか、こうAさんの言いたいことがすーっと頭に入ってこないんですよね。途中でつっかかるという感じ。

 <ダブリ>や<漏れ>、<ずれ>をリアルタイムに把握することってかなり難しいですね。集中力がいります。でもこれがわかると、ロジカルシンキングに一歩近づけたような気がします。

2009/02/02 (Mon) 20:31 | 多ぁ忙 #TZpNm4HA | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する