最新コミットメント

捨てなければならないこと:不信感

 今日は、つぎの2つの宣言を実行中です。

  • Try146:セミナー受講により、新たな人脈形成を行おう。

  • Task24:大きな可能性を広げるフォトリーディング講座を受講する。

  •  さきほど、フォトリーディング集中講座1日目が終了し、懇親会を楽しんできたところです。というわけで今日はホテルから書いています。
     これは山口佐貴子先生が開催するセミナーです。さまざまな工夫が凝らされたこのセミナー。はっきり言ってすごいです。カルチャーショックの洪水に押し流されました。
     私にはフォトリーディングに対する「不信感」を半分くらい、いや、半分以上もちながらの参加だったんですが、その「不信感」を一日で押し流してくれました。

     今日、とってもインパクトのあった言葉を残しておきたいと思います。これから自分でもつかっていきたいです。

  • 「もし○○ができるとしたら?」と問いかけよう
    否定的な解釈を捨てて、何かをつかんだ未来を想像しよう。

  •  フォトリーディングができたら、どんな感じなんだろう?こういうことをどんどん想像していくのが楽しくて、さらに自分への意識向上にも繋がっていきます。

     私は飲み会が好きではないんですが、今日の懇親会はとっても楽しかったです。いろんな人と話したい、いろんな人の話が聞きたい。
     気づいたら、名刺がほとんどなくなっていました。

    社内の飲み会の自分


     なんで「飲み会」が嫌いなのか。ビールが嫌い?お酒がきらい?仲間がきらい?どれもこれって答えられません。
     みんなが盛り上がっていても、自分はなんか乗れない。そんなことが多いです。腹を割って話すこともあんまりありません。数名の親しい仲間で飲むときはできるんですが。

     お酒も好きな方ではありません。おつきあい程度に飲むくらい。

    セミナーの飲み会の自分


     さて、今日の飲み会における自分はなんだったんだろうか。と疑問に思うくらい楽しかったです。誰と話をしても盛り上がる。

     理由は簡単でした。

    「同じ向上心を持ったひとがそこにいるから。」

     ってことなんです。このフォトリーディングを受けようと、さんざん悩んでこの場にいるひとに、モチベーションの低いひとはひとりもいないんです。

     以前、こんなことを書きました。

  • Scheme4:すごい会議の秘密は参加メンバー全員のモチベーションの共振現象効果にあった

  •  フォトリーダーになると、人生が変わるとか、大きな成功をつかむとか、いろんな疑いたくなるような話をいっぱい聞いてきました。
     でも、今日はっきり感じたことがあります。

    「このモチベーションの共振現象はすごい人を創り出す」

     成長の速度はひとそれぞれ。でも今回のセミナーをきっかけにそれぞれが変わっていく気がします。お互いのモチベーションの共振によって。
     なんか楽しみになってきました。

     明日も存分に楽しんでいきたいと思います。あれ、スキル習得のセミナーをこんなに楽しんじゃっていいんだっけ?
     いいんです。楽しく学ぶことほど、身につくことはないそうです。

  • Try157:「もし○○ができるとしたら?」と問いかけよう
    否定的な解釈を捨てて、何かをつかんだ未来を想像しよう。

  • 復習 Try146:セミナー受講により、新たな人脈形成を行おう。
    復習 Task24:大きな可能性を広げるフォトリーディング講座を受講する。
    復習 Scheme44:新しいものを手に入れるためには、捨てなければならないものがある
    復習 Task15:1テーマ「読書術」について自分の読書スタイルをまとめる
    復習 Try90:読書にマインドマップを活用しよう
    復習 Task9:自分にあった読書術を構築する 01/01完了
    関連記事


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    tag : セミナー受講 フォトリーディング

    comment

    Secret

    わかります

    多ぁ忙さん、おはようございます。

    おお!、フォトリー受講されているんですね。
    今日の多ぁ忙さんの記事、深~く共感しました。
    ①不信感だらけの参加が一日で押し流される
    ②懇親会の楽しさ

    フォトリー受講一日目の衝撃を思い出しました。
    これまで様々な講座を受講してきましたが
    こんなに楽しいのは、生まれて初めて
    そう思いましたよ。

    向上心の高い人達が集まった時のエネルギーって
    すごいものがありますよね。

    「読書のために10万円を払える人達」
    そんな人達が集まっているんですもの
    私のときも、会話の質が全然違いました。

    偶然なのですが、本日これからフォトリー仲間
    集まっての勉強会の2回目に行ってきます。
    会議室を一日借りきって、プレゼンをしたり
    フォトリーをしたりと、かなり本格的なもの。

    私は、前回の幹事だったので、TOPバッターとして
    前回報告のプレゼンをやってきます。
    多ぁ忙さんの記事を見て、初心を思い出しました。
    モチベーションがあがりました。
    このモチベーションで行ってきますね!!

    No title

    多ぁ忙さんへ

    多ぁ忙さんの記事を読んでいたら、
    フォトリーディング講座、俄然受けたくなってきました。
    うーん、面白そうだー!

    これからもレポート楽しみにしてますね!

    いろんな意味で、衝撃でした。

    テリーさん、コメントありがとうございます。
    フォトリー仲間のつながりがあるって、とても羨ましいと思っていました。

    この2日間が終わって、私にもフォトリー仲間がたくさんできました。

    たった2日間でしたが、30名を越える参加者の一体感というか、仲の良さというか、今、落ち着いて考えてみると、これも「衝撃」です。

    今回のテリーさんのすばらしいアウトプットの結果、期待しています。

    フォトリーへの扉を教えてくれたテリーさん、本当にありがとうございました。

    フォトリーの価値。

    勉子さん、コメントありがとうございます。
     私みたいに、半信半疑で会場に集まっているひとがほとんどでした。でもみなさん、それぞれが心のどこかに「きっと自分にもできるはず。」みたいな気持ちを持っているんだと思います。それを持っているかいないかが、参加の決意に表れるような気がします。

     今回の参加者で印象的だったのは、自分よりもっと疑い深いひとがたくさんいたこと。彼らも2日目には、すっかり変わっていました。

     一番印象的なことは、「速読」のためのセミナーではないんだってこと。自分の能力を使いこなすためのセミナーといった印象でした。想像した10倍くらい価値があったかも。
     きっと、このチャンスを経験しなかったとしたら、自分の隠れた能力をつかわずに終えてしまうんだなと思いました。潜在意識ってうさんくさい言葉に聞こえそうですが、この2日間でそのすごさを実感。これを疑うひとはもったいないです。

     勉子さんの気持ちもすでに決まっているのかも。
    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    09月 | 2017年10月 | 11月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)