無線LANシステム構築!

 1月にこんなTask宣言をしていました。昨年購入したMacBookですが、ケーブルだらけで身動きがとれない状態に。そこで、無線LANの快適環境構築を宣言。

  • Task17:無線LANを導入して、快適PC環境を構築しよう!
    USBデバイスを無線接続すれば、ケーブル類はすっきりできる。

  •  今日は、このTaskの完了報告をしたいと思います。環境構築にあたって導入したハードウェアはこの2つ。
     これらの追加により、無線LAN快適環境が実現しました。

    Apple Time Capsule 500GB MB764J/AApple Time Capsule 500GB MB764J/A
    (2009/03/06)
    不明

    商品詳細を見る


    Canon インクジェット複合機 MP980Canon インクジェット複合機 MP980
    (2008/10/03)
    不明

    商品詳細を見る

    Time Capsule 500Gbyteの追加


     最初に紹介するのはAppleのタイムカプセルという商品。まず商品名がしゃれてます。「かつてこれほどお手軽なバックアップツールがあっただろうか」と悩んでしまうくらい簡単なシステムになっています。
     今年の3月にこの製品は仕様が新しくなりました。Dualバンドによる無線LANのスピードアップ。そして価格は従来よりも安くなっています。これをきっかけに導入してみました。

    ①無線LANのスピードアップ
     今まではPLANEXのIEEE802.11b/g規格の54Mbpsというスピードでした。これが802.11n規格になり理論上300Mbpsの性能にアップ。
     実際に使ってみると、転送速度は約2倍といった状況です。これでも十分体感できます。

    ②バックアップのお手軽さ:Time Machine
     先に紹介したように、バックアップの操作は極めて簡単です。バックアップボリュームを指定するだけで、あとはHDがいっぱいになるまで、毎日、毎週、毎月というデータを随時更新していってくれます。初回は丸1日以上時間がかかりますが、それ以降は差分だけバックアップを定期的に実行するので、それほど気になりません。
     データを保存するハードディスクシステムをタイムカプセルと名付け、バックアップを実行するソフトをタイムマシンと名付けています。恐れ入りました。

    タイムマシン

    ③無線LANによるプリンタ共有
     このタイムカプセルにはUSBポートがあるので、ここに接続するプリンタやHDは他のPCからも共有が可能です。以前はプリンタと外付けHDとスキャナを使っていたのでこの3つを繋いでみたんですが、やっぱりスキャナはネットワーク経由では利用できないんですよね。残念!

    複合プリンタMP980の追加


     このGWに導入したのがキャノンの複合プリンタMP980です。現在のPIXUSシリーズの最高峰。これ一台で、今まで使っていたプリンタとスキャナが不要となります。無線LANも搭載しているんですが、こちらはIEEE802.11b/gなので最大54Mbpsの速度。
     せっかくIEEE802.11nを導入したのでこのスピードで利用するためにタイムカプセルのLANポートにプリンタを有線接続しました。これでMacもWindowsからもIEEE802.11nの速度で利用可能となりました。これならスキャナも無線LANで利用が可能です。

     ちょっと図体がでかいので置き場には頭を痛めます。

    MP980

     このプリンタは名刺サイズまで印刷可能なので、昨日紹介した名刺はこれで印刷しました。図体の割にはまだこんな小さな印刷しかしてません。

    iPhoneの追加


     こちらもGWに導入した新ハードです。既にこちらで紹介しました。最近、Appleへの投資が増えているような気が・・・。まあ、お金をかけただけの満足度が得られているのでよしとしよう!

  • Try153:iPhoneをビジネスツールとして活用しよう。
    evernoteを活用し、画像、テキスト、音声を管理しよう。



  • 多ぁ忙Map No.0050(09/05/12更新)

    関連記事

    テーマ: Mac | ジャンル: コンピュータ

    ラポールマネジメント~自分と相手の架け橋を磨く~ | Home | こんな名刺になりました。

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する