システム手帳購入レポート

 さて、手帳術の話題が続きます。いきおいついて、予定より早くシステム手帳を購入しました。いろいろ書籍を読んでみると待っているのがもったいなくなってきました。というわけで今回購入したものを紹介していきます。

1.新旧システム手帳比較
knox-franclin-compe

 左が新たに購入した「KNOXBRAIN A5サイズ」です。右は今まで使っていた「Franklin Covey バイブルサイズ」です。ちょっとメタボです。実はこのFranklinのコンビレザーのデザインが気に入っていて、よくあるレザーだけの手帳にはしたくなかったんです。そこで見つけたのがこのKNOXBRAIN。なんかそっくりで、同じ商品のサイズ違いにも見えます。(でも全然関係ありません。)

2.KNOXBRAIN A5サイズ詳細
KNOXBRAIN
 リンク径は25mmです。左側にはジッパー付きのポケット、右側には名刺サイズのポケットが6箇所あります。残念なのはベルト式じゃなくて、ホック式であること。まあFranklinにはこのサイズがないので、妥協。WEBで調べても現在のKNOXBRAINのラインナップにないので、型落ちのようです。

3.リフィルの一括購入
リフィル一括購入
 そしてこちらは、「システム手帳の極意」を読んで、いろいろと欲しくなったリフィルを一気に買いそろえました。Try14で宣言したように、マンスリー、ウィークリーのスケジュールを含めて次のものを購入しました。
 ・マンスリースケジュール
 ・ウィークリースケジュール(次項参照)
 ・色違いのメモ
 ・ノートパッド
 ・縦インデックス
 ・横インデックス
 ・パンチ
 ・ブックマーク
 ・名刺ケース


4.お勧めリフィル: 週間ダイアリー_タイムウィークリー式
 ウィークリースケジュールのフォーマットはたくさん商品としてありますが、今回選んだのはAshfordです。バーティカル式とも呼ばれる横軸が日付、縦軸が時間になったものがお勧めです。

お勧めポイント
 ・縦軸が時間で、1日のスケジュールもわかりやすい
 ・時間の表記が24時間式
 ・ウィークデイ重視型(土、日を除き、記入欄が大きい)
 ・デイリー、ウィークリーのチェックリストがある


というわけで、次週より新たな気持ちで仕事がスタートできそうです。

関連記事

テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

ロータスノーツの活用術 | Home | そうか。これがシステム手帳の使い方なのか。

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する