最新コミットメント

コミュニケーションの達人がすぐそこに。

 今日は「コミュニケーション術」の話題を取り上げたいと思います。このGWに、「思考は現実化する」に引き続き名著と呼ばれる本を読んでみました。

「人を動かす/デール・カーネギー」

 人間関係の原則について研究した成果が詰め込まれています。具体例が豊富に紹介されているので、「なるほど!」というエピソードの連続です。
 これまた、メモだらけになってしまいました。これらの原則を知らずしてコミュニケーションを日頃行ってきたことを考えると、なんて無駄なことをしていたのか!と反省します。
 書評はまた後ほど紹介するとして、今日のテーマは

コミュニケーションの達人がすぐそばにいた!」

 でいきたいと思います。なんとうちの家族にコミュニケーションの達人がいたんですよね。ちょっとその先生にコミュニケーションとはなんぞや?ということを教えてもらおうと思います。

人を動かす 新装版人を動かす 新装版
(1999/10/31)
デール カーネギーDale Carnegie

商品詳細を見る

痛みの教育と褒める教育


 以前NLPを学んだときに、「快・痛みの原則」という言葉を知りました。脳は快を求めて痛みを避ける習性があります。
 かつてはスパルタ教育という言葉があったように、体罰を与えて厳しい教育が正とされていました。この場合は一時的な強制力はあっても、長続きはしません。
 それ以降は快楽のマネージメントが注目され、現在でも「褒める」教育が正と見直されてきています。
 ところが、なかなか「褒める」って簡単じゃないんですよね。特に私のようなコントローラータイプの人間には「褒める」っていう行動がなかなか取れないことが多いです。

 さて、この「褒める教育」を身近に実践し、コミュニケーションの達人と呼べる先生が身近にいることに気づきました。

コミュニケーションの達人とは


 本書の中にこんなことが書かれていました。

「動作は言葉よりも雄弁である」

 赤ちゃんの笑顔や犬の行動は言葉が不要。その笑顔と行動に伝えたいことすべてが含まれています。
 犬のしつけには大げさに褒めてあげることが当たり前のように行われています。さて、なぜ人間に対してはそれが十分にできないのでしょうか?


 そうです。このブログでも何度か紹介していますが、うちの家族のミーコさんです。キャバリアという犬種の2歳になるお嬢様です。

①おやつを目の前に「待て」をするミーコ
ミーコ1

②飼い主が離れても「待て」をするミーコ
ミーコ2

③アジリティを楽しむミーコ
ミーコ3

 これらはすべて「褒める教育」によって身につけた技の数々です。うまくできたら思い切り褒める。そうするとミーコさんはさらに努力して飼い主を喜ばせようとするんですね。
 言葉はなくても、意思疎通ができる。そんなことを改めて考えさせられました。飼い主さんとの奮闘記録はこちらのブログで紹介されています。

  • hi-hu-Mi-Ko!

  •  以前、アサーティブというテーマでワンちゃんの行動について紹介したことがありました。ワンちゃんは自分が楽しくて、相手も楽しいことをする。自分がいや、または相手がいやなことはやらない。これこそアサーティブな姿勢ですね。これがコミュニケーションの達人たるゆえんです。これからミーコ先生と呼ばなければ。

  • Try30:アサーティブな姿勢を身につけよう.そして自分を理解し,未来を変えていこう.

  • コミュニケーションのレベルを再考する


     以前、メラビアンの法則からコミュニケーションのレベルについて紹介しました。

    Level1:ダイレクトコミュニケーション(100%)
     Face To Face 直接会って会話すること。
    Level2:ボイスコミュニケーション(45%)
     電話などの声だけの会話。
    Level3:テキストコミュニケーション(7%)
     メール、手紙などの文字だけのやりとり。

  • Scheme14:伝わったことが、伝えたこと
    コミュニケーションのレベルをひとつあげる努力をしよう!

  •  今回は「言葉」を持たないミーコさんとのコミュニケーションのレベルを加えてみます。

    Level Dog:言葉なし、口調、態度、表情(93%)

     メラビアンの法則によると、「言葉(バーバル)」が伝える割合はたったの7%なんですよね。つまりそれ以外の口調、態度、表情を使いこなすミーコさんは93%の意志伝達を可能としているんです。これなら十分に意思疎通ができるはずです。
     犬が人間とコミュニケーションが取れることは知っているつもりでしたが、メラビアンの法則をベースに考えてみると、自分が思っている以上に意思疎通ができるんだなと改めて実感しました。


    多ぁ忙Map No.0062

     というわけで、本日のスキーマはこれです。

    関連記事


    theme : 対人コミュニケーション genre : ビジネス

    tag : コミュニケーション 人間関係

    comment

    Secret

    No title

    「人を動かす」はコミュニケーションの基本が
    学べる名著ですよねー

    しかし、ミーコ先生から学ぶ事は多いですね!

    「相手も自分も楽しい事をする、
    そして、その逆はやらない。」
    ミーコ先生に出来ているのだから、
    きっと私達にも出来るはず!ですよね?(笑)

    今日もミーコ先生は膝の上

    勉子さん、コメントありがとうございます。
     ワンちゃんのしぐさ、態度に注目すると面白いです。コミュニケーション術の参考になるとは思ってもみませんでした。
     相当学ぶ事、多いです。ワンちゃんの教育ができて、人間の教育ができないなんて寂しいですよね。
    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    09月 | 2017年10月 | 11月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)