考具を使いこなしてアイデア会議をしよう

 昨日の加藤さんの「考具」に引き続き、3年を経て出版された「アイデア会議」を読んでみました。
 このブログでも「会議術」のカテゴリを設けて、様々な会議をトライしてきました。

  • Task28:第2回「すごい会議」を実践する。3/22完了

  • Try69:質問会議を実践する。 12/28完了

  • Try122:マインドマップを会議に応用しよう

  • Try130:ファシリテーターとグラフィッカーを実践しよう

  •  「会議」の面白さは、「質問会議」の言葉を借りると「チーム脳」が動き出すところにあります。ひとりではたどり着けないゴールに、チームワークを活用してたどり着く。そんなプロセスがとても興味深いです。
     昨日の「考具」には様々なアイデアを拡散、収束させる技が紹介されていました。それらを活用して、チーム脳をいかに動かすかというテクニックがこのアイデア会議につまっています。

    アイデア会議アイデア会議
    (2006/10/27)
    加藤 昌治

    商品詳細を見る

    <よくある会議がうまくいかない理由>
     会議でイライラした思いをすることってありますよね。議論がしんみり。議題が飛ぶ。話がまとまらない。何も決まらない。こういう会議にはしたくありません。
     本書ではこのようなやり方を「いきなり企画会議」と呼んでいます。新たな企画を決めるために、会議を開く。ここにまず問題があると言っています。

     アイデアが出ない理由は、「アイデアを考える時間」を取らずして、いきなり企画会議を行うことが間違っているのです。

     また、一度決まった「企画」に対して、「この企画はダメだ!」と評価されることがあります。ここにも問題があります。企画がダメなんじゃない。その企画を構築するベースとなるアイデアが未熟なんだと。
     では、良いアイデアを出すためにはどうすれば良いのでしょうか。

    <良いアイデアを出すためには?>
     2軸4象限の分析から良いアイデアについて説明されていました。以前も紹介したフォーマットを使うと、こんな感じになります。

    コア・アイデアの条件

     ここで良いアイデアとは、筋が良くて、面白いこと。と定義されます。筋が悪くても面白ければ、ある程度修正は可能です。一方筋が良いけど、面白くないアイデアはなかなか修正は難しいようです。

     この良いアイデアを出すために、やるべきことはこれです。

    膨大なアイデアの選択肢を出し尽くすこと

     量が質を生む。これです。アイデアに現実性などは全くいりません。そして他人のアイデアを批判してもいけません。とにかく数を出すこと。その中から良いアイデアが見つかるということです。

     そのひとつの方法がA4の紙に1アイデア/1枚に大きくタイトルを決めて書くこと。昨日の考具にもあった内容です。

    <アイデア会議>
     そこでアイデア会議とはどんな方法なのかを紹介します。まず役割が二つ。

    1.ディレクター
     アイデアを方向付ける役割。コア・アイデアを決定するひと。ファシリテーターとは異なります。ファシリテーターは議論を促しますが、決定や判断は行いません。

    2.プランナー
     アイデアを出す役割。ひとりがスーパーアイデアマンである必要はありません。複数のプランナーが集まって、たくさんのアイデアを出し尽くすこと。

     そして、進め方は2ステップです。1.5~2.0時間/回くらいが目安だそうです。

    STEP1:アイデア拡散会議
     まずは量から質を生むために、アイデアを出し尽くします。ここでは拡散型考具を利用しましょう。

    STEP2:アイデア収束会議
     膨大な選択肢が出たところで、次に進みます。「良いアイデア=面白くて筋がある」これを見つけます。これをコア・アイデアと呼びます。ここから現実性や計画性を考慮して、企画へ練り上げていきます。

     複数の仲間で、アイデアを練り上げる。この楽しさを味わってみたいです。私の会議実践経験にひとつ「アイデア会議」を加えたいと思います。
     今日のマインドマップには、アイデア会議に必要な「考具」を昨日の内容から別シートにリンクしてみました。2ページ構成のマインドマップになっています。


    多ぁ忙Map No.0049

    関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    MacBookをデスクトップ化 その2 | Home | アイデアは作るものではなく、見つけ出すもの

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する