第2回すごい会議実践レポート

 こんばんは。今日は、先日宣言したタスクの完了報告をレポートします。普通の会議では得られない成果を得ることができました。やっぱりすごい会議はすごかった!

  • Task28:第2回「すごい会議」を実践する。
    戦略的フォーカスの達成状況をまとめ、チームの活動実績を共有する。

  •  6ヶ月前に初めて実践した「すごい会議」ですが、そのときにチームとしてのSMARTな目標設定を行いました。これが「戦略的フォーカス」と呼ばれる目標です。今回はその目標がどれだけ達成できたのか?をまとめる会議であり、かつ4月からの新たなスタートに向けて、戦略的フォーカスの見直しを実施しました。
     実施結果を含めて、先日のマインドマップを更新しました。


    多ぁ忙Map No.0044(09.03.22更新)
    <第2回すごい会議の実践結果>
     先日準備した進め方に沿って、第2回のすごい会議を実施しました。

    1.オープニング
     「今、うまくいっていることは?」という質問を共有し、チームの前向きな雰囲気づくりでスタートする。


     「すごい会議」では3つ書くこと。とありましたが、今回はビジネスで一つ、プライベートで一つ、合計2つ以上書くことにしました。そしてそれらを全員の前でPRします。
     私の場合、こんな項目をPRしました。

    ビジネス:第1回すごい会議をきっかけに、チームメンバーの成長が目に見えてわかるようになった。(これは確かにうまくいったことのひとつでした。)

    プライベート:残業がゼロになったおかげで、家庭での食事の頻度が増加。毎日の妻の夕食がとてもおいしくなってきた。


     実はプライベートの内容を言葉にしてもらうことにはねらいがあります。ビジネスでの「うまくいったこと」とは、おおかたチームメンバーには既知の情報であることが多いです。一方、プライベートな話はなかなかする機会がありません。ここでPRすることで、よりチームワークを高めることができます。

    2.各テーマの進捗状況発表
     メインパイロットからのコミットメントリストの達成状況を報告する。


     各テーマの進め方には、最初の数回の打ち合わせには私も同席させてもらいましたが、それ以降はほとんどお任せ状態でした。ほとんど達成できてないテーマもあるんじゃないかと心配していましたが、私の予想を超えた実績があがってきました。
     ちなみに、私がメインパイロットをつとめたテーマは「ビジネススキルの向上」です。このブログでもときどき紹介してきましたが、グループ内でのセミナー実践などはこのテーマが掲げていたコミットメントでもあります。今回実績を整理してみると、6ヶ月前に宣言した項目を90%はこなすことができました。このテーマはチームメンバー全員の協力なくてはできませんでした。メンバーのみなさん、本当にありがとうございました。そしてご苦労さまでした。

    3.戦略的フォーカスの達成状況確認
     全テーマの達成率を集計した結果、戦略的フォーカスの達成実績をまとめる。


     8テーマ達成率をすべて平均した結果、70%となりました。これにより我々の戦略的フォーカスは次のようになりました。

    09年3月31日までに、私たちは○○○○○を70%達成することにより、世界TOPの○○○○○集団となった。

     このフレーズにはポイントがあります。SMARTな目標設定という考え方に加えて、「世界トップの」というスピリチュアルなイメージを含めているところです。全員が明確なゴールを共有していることは、チームとしての行動を大きく推し進めてくれます。
     今回は30%未達分が残りましたので、次回へ継続としたいと思います。

    4.各テーマの問題解決シート作成
     各テーマについて「何が問題なのか?」を洗い出す作業実施する。


     すごい会議の付録に紹介されている「問題解決シート」を利用してみました。これには次のような質問が用意されています。

    1.問題、望ましくない状況
    2.理想の状態をイメージして、「どのようにすれば**」と言い換える
    3.1に対して、どんな事実があるか、何が感じられるか
    4.どんな解決策の可能性があるか?
    5.いつまでにどれをやるか

     これをメインパイロットが記入し、全員でディスカッションを行いました。この結果、各テーマに対して、不足している行動を明らかにし、コミットメントリストへ反映しました。

    5.戦略的フォーカスの見直し
     次年度の「戦略的フォーカス」をどうすべきか議論する。


     まずは新たに設定するのか?継続するのか?テーマを見直すべきか?について議論を行いました。この結果、8テーマ中、2テーマは完了とし、残り6テーマについては継続することに決定。そして現状のチームの課題を共有した結果、新たに2テーマを追加することになりました。というわけで、8名が取り組むテーマを明確にし、もう一度戦略的フォーカスを再設定することにしました。

     今回はチームとしての目標が満足できてないこともあって、戦略的フォーカスは基本継続とし、新たな目標設定として09年09月30日をターゲットにしました。

    6.クロージング
     「今から1ヶ月以内に自分の起こす一番大きな,インパクトは何か?」を紙に書き、発表する


     前回のすごい会議でクロージングに使ったこのフレーズは強力なアイテムです。普通の言葉を使うと「1ヶ月後の目標設定は何ですか」という質問になりますが、この質問から考え出す答えと、上記質問の答えは大きく異なってきます。
     この質問を受け取ると、必然的に背伸びした答えを書いてしまいます。そして、気づくとそれが達成できているんです。第1回で各メンバーが書いたそれぞれの「インパクト」はすでにほとんどのメンバーが確実にクリアしていました。
     そして私のインパクトはこれ。

    「1ヶ月以内に、ビジネススキルの勉強会を発足する」

     実は、以前に宣言しているトライ項目でもあります。ぜひ実行に移したいと思います。

  • Try118:社内勉強会を開催しよう
    自部署を超えて、新たな人脈レイヤーにステップアップしよう。

  •  また次回のすごい会議が楽しみになってきました。ここで9月のすごい会議実践をTask宣言しておきます。
     今回も実践してみて、改めて「すごい会議」が成果を出せる会議システムになっていることを実感しました。NLPなどに代表されるモチベーションを向上させるテクニックなど、様々な要素が取り込まれていることに気づきました。
     このすごさをみなさんにも体感してもらいたいです。

    関連記事

    テーマ: ビジネスブログ | ジャンル: ビジネス

    究極のタイムマネジメント=T.Q. | Home | Xmind「Share」のファイル更新方法

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する