最新コミットメント

モチベーションをコントロールする

 昨日は、緊急かつ重要な突発業務のおかげで日付変更前に帰宅することができませんでした。よく考えてみると、予測された事態なので「事前の行動がきちんととれていればこんな事態にはならなかったのに」と思います。まあ、こんなことを事態が起きてから言ってもしかたないんですけど・・・。

 このような状態になると、自分のモチベーションが急降下することがよくわかります。以前はあまり気にしたことがなかったんですが、このブログをスタートしてからか、自分のモチベーションの位置づけがより明確になっていることに気づきました。
 昨年、児玉光雄先生の講演会を聞く機会があって、モチベーションに関する興味深い話を聞くことができました。そのときの記事がこれです。

  • Try14:自分の心理状態をチェックし、モチベーションを高く維持する

  • モチベーションチェック

     自分のモチベーターが何なのかを認識しておくこと、また毎日の心理状態をチェックすることで、より自分のモチベーションをコントロールすることができるようになると聞きました。
     当時はこれを実践してみようと宣言してみましたが、なかなかできず棚卸しでは「断念」した項目でした。ところが・・・。
     いろんなビジネス書を読むようになって、ひとつわかったことがあります。それは「自分の行動」です。これを知ることで、自分のモチベーションをある程度コントロールできることがわかってきました。
     そうです。気づけば、「Try14:自分の心理状態をチェックし、モチベーションを高く維持する」ができるようになっていたんです。

    <自分の行動を知る>
     「行動心理学」とか、「成功法則」とか「**の習慣」とか、さまざまな本がありますが、共通して言えることは「うまくいくために、一般的にどんな行動をすればいいのか」ということが書いてあります。これが意外と意識してないことだったりすると、「なるほど。そんなことでうまくいくようになるのか!」という気づきが得られます。これを実際に経験してみることで、自分にも当てはまるんだと学習することができます。

    モチベーションが低いとき
     かつて、多忙な毎日に押し流されているときの自分の心理状態はこんな感じでした。まず、緊急度と重要度のマトリックスで示される「第1領域」の業務がずっしりと背負っている状態の場合です。

     アイゼンハワーの四角形
     毎日を乗り切るためには、まずはこの緊急かつ重要な「第1領域」の業務を片付ける必要があります。しかし、この業務には「やりがい」とか「主体性」とか「楽しさ」などがほとんどないものばかりです。なぜなら、自分が計画したとおりに動かなかった業務だからです。自分だけの責任ではありません。自分以外のひとの責任によって発生するものもたくさんあります。
     このときの心理状態は最初の図にある「ハイネガティブ」にあります。この場合、過ぎ去ったことに対して責任を追及したり、自分に責任があるのに逆ギレしたり、こんなストレス過多の状態に陥ります。ある意味ストレスが溢れて、怒鳴ったり、切れたりという「発散」モードに入るような状態です。
     さらに悪化すると、「ローネガティブ」の症状に落ちていきます。もはや自己主張をしなくなり、自分の内にストレスを溜め込みはじめます。この状態の行く末は「うつ」です。自分では気づかずに入り込んでいく危険性があります。私もこの入り口に立たされたときがありましたが、今の上司が連れ戻してくれました。こういうときは人のありがたみを感じます。

    モチベーションが高いとき
     本来モチベーションが高く仕事できる領域は「第2領域」です。ここには「やりがい」とか「主体性」とか「楽しさ」がつまっています。
     当然、「第1領域」の仕事がゼロになることはありませんが、ある程度自分のこなせる範囲であれば、しっかり片付けて、「第2領域」の業務に着手します。
     例えばこんな仕事を考えてみます。

    1.ずっとやろうと思ってやっていなかった業務
    2.半年先のために、必要な業務
    3.新たなアイデアを創出する
    4.今までやったことのない業務をトライ


     これらを頭の中で「いつかやろう」と思っていたんでは仕事も進まないし、モチベーションも変わりません。しかし、「ちょっと」でも着手してみると、「お、こんな結果がでるんだ。」とか「お、こんなアイデアをやってみよう」とか、行動を起こしたとたんに、新たな扉が開かれることが多くあります。
     この「扉を開いた」ときの感覚が自分のモチベーションを大きくあげてくれます。これを知ると、もっとこの感覚を得てみたい。そう考えるようになっていきます。

    <場の分析:カート・レビン>
     ここで「場の分析」を紹介しておきます。「7つの習慣」に出てくる「行動を起こす」ための考え方です。

    抑止力 < 駆動力 = 行動を起こす
    抑止力 > 駆動力 = 行動が起こせない


     こんな関係にあります。人は変化を嫌う傾向があります。これがまさに「抑止力」です。先に紹介した「第1領域」の仕事も「第2領域」の行動を起こそうとする「抑止力」でもあります。行動を起こす前に「こうなったらどうしよう。」とか「明日やればいいか」などの考えも「抑止力」です。
     つまり行動を起こすためには駆動力が抑止力に勝る必要があります。そのためにはちょっとした意識を持つ必要があります。

    <モチベーションをコントロールする>
     そこでモチベーションを高く維持するためのコントロール技術はどうすればいいのかという結論に入ります。たった3つです。これらを意識すれば抑止力に勝つ駆動力が得られます。

    ①自分の心理状態を把握する
    ②自分のやりたいことを明確化する
    ③それをちょっとだけやってみる


     ①は最初に説明したように、自分のモチベーションが低いときと高いときを認識しておくことです。ここを理解しておかないと②が明確にできません。そして②は自分のやりたいことをメモしておくことです。これは自分の価値観にあった内容である必要があります。それができると必ずモチベーションがあがります。そしてそれをいつやるか?が重要です。いろいろ計画を綿密にたてて、「来週のこのあたりでやるか」ではダメです。その前にやるべきことがあります。それが③です。まずはちょっとだけやってみましょう。まず行動に移してから、その続きを計画に反映しましょう。

     最近ではこんな新たなトライを実践することで、確実にモチベーションを高く維持して、仕事に取り組んでこれました。どんなに忙しくても、こういった行動を少しでもとればモチベーションを取り戻すことができそうです。

    関連記事


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    tag : モチベーション

    comment

    Secret

    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    03月 | 2017年04月 | 05月
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)