15分は魔法の時間なのか?

 以前紹介した勝間和代さんの著書「断る力」にシゾフレ度のテストというのが紹介されていました。

  • 和田秀樹のココロクリニカ

  •  これは自己主張ができるメランコ人間か、他人に依存してしまうシゾフレ人間かをテストするサイトです。ちなみに私の結果は・・・。

     メランコ度:70%
     シゾフレ度:6%


     というわけで十分自己主張できているようです。詳細は上記URLへ行ってみてください。
     今日の話題はこのサイトをきっかけに、「和田秀樹」さんの本を読んでみました。スキマ時間をいかに活用するかという内容で、タイムマネジメント力を向上させるために良いきっかけになりそうです。

    すぐ結果が出る「15分」活用法すぐ結果が出る「15分」活用法
    (2007/06)
    和田 秀樹

    商品詳細を見る


     この本から得られたスキーマはこれです。そうなんです。15分って魔法の時間なんです。

    Scheme37:15分は魔法の時間。使い方次第で無限の可能性を持つ。
    イーオン時間の15分>クロノス時間の15分を意識しよう。



    多ぁ忙Map No.0041
    <イーオン時間とクロノス時間を知ろう>
     15分は短いでしょうか、それとも長いでしょうか?
     これはそのときの意識によって、大きく異なります。例えば、仕事をはじめようとだらだらしているとあっという間に過ぎてしまいます。この場合、とても短く感じます。
     一方、集中して本を読んだりしているとき、だいぶ時間がたったかな?と時計を見るとまだ10分だったり。この場合は、とても長く感じます。

     この両者は物理的に同じ15分でも、時間の流れ方は異なります。この時間感覚をこう呼びます。

    ・イーオン時間:集中しているときは物理的な時間よりも遅く感じる
    ・クロノス時間:過去から未来へ流れる物理的な時間


    READING HACKS!読書ハック!―超アウトプット生産のための「読む」技術と習慣READING HACKS!読書ハック!―超アウトプット生産のための「読む」技術と習慣
    (2008/10)
    原尻 淳一

    商品詳細を見る

     実はこの言葉は「すぐ結果がでる15分活用法」には出てきません。原尻淳一さんの「Reading Hacks」に出てきます。今朝本を読み終えてから、何かの本に時間感覚の違いについて書かれていたことを思い出しました。「ノルム時間?」「クロム時間?」自分でマインドマップの左端にメモしたことも覚えていました。だけど名前と本が思い出せません。これでは検索もできません。パラパラと過去のマインドマップをめくりながら、ようやく見つけることができました。なんかスッキリしました。これがなかったら記事が書けませんでした。

    <成功者の時間の使い方>
     忙しくバタバタしているひとってこんな言葉使いますよね。
    「時間がないから出来ません」
    「忙しいから遊びに行くヒマもありません。」
     でも、成功する人って仕事もバリバリこなして、かつ遊びも充実しているんですよね。彼らに共通しているのは「時間はある」「時間は作り出す」って考えていることです。

    <15分は魔法の時間>
     そこで、本書では「時間がない」という考えにならないための方法がいくつか紹介されています。特に「考え方」はとても参考になります。まずは15分って貴重な時間であること、使えば十分長いことを理解することがスタートになります。

    1.仕事はじめのときに
     さて、あと5分したら10時だ。10時きっかりから始めよう(気づくと15分が過ぎてしまう:クロノス時間)
     → イーオン時間をつかうためには、すぐに始める。

    2.仕事の途中で
     集中できないとき → だらだらと時間が過ぎていく
     → スパッと15分休憩を取る その後再スタートする。

    3.仕事の終わりに
     17時までに終わらせよう(必ず17時までかかる=パーキンソンの法則)
     → 15分前に終わらせよう(集中できる。スキマ時間が15分生まれる)

     こんな感じで、自分の時計をクロノス時間からイーオン時間に切り替えていきましょう。これができると、他のひとが生きているクロノス時間を超えて、自分のイーオン時間で何倍も成果を得ることができるようになります。ひとより時間を多く使えるってことですね。この15分を積み重ねると、とてつもない可能性につながると書いてあります。これが「15分が魔法の時間である」理由です。

     スキマ時間は自分で作り出せる時間です。予定の締め切りよりも15分早めに終わらせる、待ち合わせに15分前に着く、仕事始めに15分優先順位を考える、などなどすべては自分の行動から生み出すことが可能です。さらに活用方法は無限です。
     小学校の授業は45分、大学の講義は90分、これらもすべて15分単位で構成されています。人生もすべて15分で構成されているとありました。こんなフレーズが気に入りました。

    キラーフレーズ:15分とは長い時間の最小単位、短い時間の最大単位である

     15分の価値の高さを改めようと思います。

    Try132:15分のイーオン時間を活用しよう
    スキマ時間を活用すれば、仕事もプライベートも充実できる。
    Scheme37:15分は魔法の時間。使い方次第で無限の可能性を持つ。
    イーオン時間の15分>クロノス時間の15分を意識しよう。

    復習 Try106:A5システム手帳をスケジュールのメインにしよう!
    復習 Try99:読書ハックを身につけよう!
    復習 Try92:朝10分でTo Do Listを作ってから行動する。
    復習 Try17:退社時に翌日のTo Do Listを作る



    関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    「魔法」の法則が意味すること | Home | Safari4betaの衝撃!

    コメント

    No title

    とても魅力的な記事でした。
    また遊びに来ます!!

    2013/07/04 (Thu) 01:49 | 志望理由 #- | URL | 編集
    志望理由さん、コメントありがとうございます。

    わざわざコメントありがとうございます。

    こういう反応が嬉しいです。

    またよろしくお願いします。

    2013/07/06 (Sat) 01:23 | 多ぁ望 #TZpNm4HA | URL | 編集

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する