NLPモチベーションアップ術を体感

 1月にコーチングセミナーを実施したことをレポートしました。これは自分が受講してきたセミナーを、今度は自分が講師になりきって、社内でセミナーを行うというもの。

  • Task13:コーチング・セミナーを部署内で実施する 1/21完了

  •  この企画は自分が受講して得たものを社内で共有するという目的で実施したんですが、それ以外に大きな効果がありました。それは次の3つでした。

    1.講師として実施するためにより理解を深めることができた
    2.今までのブログの記事を使って、オリジナリティを加えることができた
    3.社内でビジネススキル向上のニーズが高いことがわかった


     この経験が後押しして、第2回目を企画しました。今度は自分は事務局側および参加者側に徹して、後輩に講師をお任せしました。内容は以前も紹介したNLPセミナーです。
     今回のワークによるNLPテクニックの実体験のおかげでよりNLPを理解できました。今回の経験を加えて、以前のマインドマップも更新しました。NLPの概要についてはこちらの記事を参照ください。

  • 2/8:NLPによるモチベーションアップ術


  • 多ぁ忙Map No.0026(3/4更新)


    <講師としての責任感がモチベーションをあげる>
     今回講師をお願いした後輩Aさんは、やる気満々のプロモータータイプです。1月にNLPセミナーを受講してもらい、それをきっかけにさらに仕事とプライベートがより充実してきたと言っています。前回は、説明だけは聞いていたんですが、今回はワークも含めてセミナーをやろうということに同意してもらい、実践することとなりました。
     前日に、セミナーの内容やワークの構成について打ち合わせた上で、あれこれと追加して説明資料が間に合わず、宿題として持ち帰ることに。
     そして、当日に出てきた資料は見違える姿に完成していました。なんか聞いたことのないキーワードもたくさん入っている。
     聞けば、前日の帰り際に1冊本を買って、読んで、夜中までかけて資料に追加したとのこと。これは「責任感」を感じての行動ではありませんでした。「なんか楽しくて」という言葉には高いモチベーションが彼の行動を起こしてるんだなと感じました。

    <実践結果1:価値観の順位付け>
     今日はワークの内容について、3つ紹介していきます。まずひとつめは価値観です。2人でペアを組み、お互いに仕事に対する価値観を10個あげてもらいます。その一つずつに順位を確認し、決めてくという作業。意外と自分の価値観って、真剣に考えないと出てこないんですね。私の結果はこんな感じになりました。

    1.主体性
    2.達成感
    3.楽しさ
    4.チャレンジング
    5.チームワーク
    6.貢献
    7.成長
    8.効率
    9.スピード
    10.報酬


     相手の方とは全く異なる結果でした。ひとの価値観はそれぞれです。私の場合、やっぱり「自分が仕事を動かしている実感」「結果が出たときの達成感」「やりがい、楽しさ」こんなところに価値を見いだしています。報酬は仕事の内容と直感的な相関が見えないため、最下位でした。この順位を自分で知っておくことは、何かを判断するときに自分の考えがぶれなくなるため、とても有効です。

    <実践結果2:リフレーミング>
     今度は4人組になって、リフレーミングの実践です。それぞれが自分の短所を3つ挙げておきます。ひとりの短所について、残りの三人がリフレーミングしてあげるという内容です。まずは私の3つの短所を紹介しましょう。
     ここで気づいたんですが、みなさん自分の長所、短所ってすぐに言えますか?今回考え込んでなかなか出てこないひともいました。私はこのブログでいろいろと書いてきたので、すぐに書くことができました。自分を知っておくことも大切ですね。

    1.思いやりがない
     以前、奥さんから指摘されました。今年の改善すべき項目のひとつです。
    2.相手に気を遣わない
     今までの経験で、相手を怒らせる言動がよくありました。相手を怒らせてから「こんなこと言えば、そりゃ怒るよな」と気づきます。最近は気をつけてはいるんですが。
    3.すぐにキレる
     逆に、相手から理不尽な言動などを受けた場合は、たまに「プツン」と切れます。モーレツにシャウトします。特に忙しくて精神的にも参っているとこんな状況が増えてきます。おかげさまで最近は減ってきましたが。

     さて、この3つ。自分では「こんな短所をリフレーミングできるのかよ。」と半ばあきらめていました。すると相手からこんな言葉を聞くことができました。

    1.思いやりがない
     → 相手を信頼しているってこと。(そうじゃないと遠慮なく意見が言えない)
    2.相手に気を遣わない
     → 自分に正直である。
    3.すぐにキレる
     → 真剣である。価値観がしっかりしている。

     なるほど。こんなリフレーミングができるんですね。ちなみにこれを言ってくれたのは入社3年目の後輩です。とても嬉しかったです。相手からこう言ってもらうことで、とても気持ちよくなります。これがNLPの効果なんですね。

    <実践結果3:アウトカム(目標設定)>
     今度は二人組で、自分の目標を語り合います。これは目標のレベルをあげて、V(Visual:視覚)、A(Auditory:聴覚)、K(Kinesthtic:体感覚)のイメージを作り上げることです。最終的にはスピリチュアルな目標まで引き上げます。私の場合は、

    多ぁ忙さんは今どんなことを目指していますか?

     このようなセミナー活動によって、多くの人をスキルアップさせたいです。

    それができたら、どんな感じになりますか?

     自分の仕事が楽になって、余裕がでてくると思います。

    余裕でてきたらどんなことしたいですか?

     新たな分野の仕事へ広げていきたいです。

    それができたら、どんな状態になっていますか?

     社外から、この会社を指導する立場になっていたいです。

     という感じでした。このようなセミナー活動にとても今興味を持っています。相手からの強制的なレベルの引き上げによって、すらすらと最後のフレーズが出てきました。
     10年後には、ビジネスコンサルタントとして、違う会社で活躍してたりして。

     今回改めて「実践」「実体験」の重要性を感じました。やはり一度聞いただけの内容ではここまで理解することはできませんでした。というわけで本日のスキーマはこれとします。


    関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    価値観の満足度をチェックする | Home | AREA法で効率的な議論を行おう

    コメント

    参考になります。

    多ぁ忙さん、こんにちは。
    お昼休みです。

    多ぁ忙さんの記事を見ていたら、私もビジネススキルの
    セミナーをやりたくなってきました。
    今度実践してみますね。
    本当、参考になります♪

    2009/03/05 (Thu) 13:00 | テリー #XRms3ZI6 | URL | 編集
    テリーさん、コメントありがとうございます。

    こんばんは。ぜひやってみてください。
     セミナーを受講したときの「ワクワク」とは違った、新たな「ワクワク」を感じて、楽しくなってきました。今後も継続していきたいと思っています。
     テリーさんも味わってみてください。

    2009/03/05 (Thu) 22:11 | 多ぁ忙 #TZpNm4HA | URL | 編集

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する