最新コミットメント

ペーシングを習得するための「話し方」

 今年の目標にもかかげた「コーチングスキルの習得」。いろいろと実践してみてわかったことは、「スキルを知ることと、使えることには大きな壁がある」ということでした。特に「ペーシング」のスキルがなかなか実践するには難しいことを身にしみています。

  • 2/11:コーチング技術の難しさを実感

  •  さて、今日紹介するのは「話し方 超整理法」です。「1分間で言いたいことをまとめる。」という会話術の基本を紹介されています。私自身は、「言いたいこと」をまとめることに苦手意識はありません。でも我がグループメンバーにはこれがなかなかできない人がいるため、「いかに教えるか?」こんな視点で読んでみました。

    まず1分間でうまくまとめる 話し方超整理法まず1分間でうまくまとめる 話し方超整理法
    (2008/12/25)
    山本 昭生

    商品詳細を見る


     ところが、その視点とは別の角度から自分が探していたスキーマが見つかりました。それが先に触れた「ペーシング」を身につけるためのテクニックです。

    Scheme29:話し方の極意とは相手のみになって考え、相手のみになって話すこと
    テクニックやコツだけではうまくならない。相手の身になることを意識しよう。


     「ペーシング」を身につけるための手法を「話し方」の本から得られるとは思っていませんでした。「テクニックやコツ」を知るだけではダメなんです。「相手の身になる」ことを意識することが近道なんですね。
     本書では、「1分間話法」と「3分間話法」についていろいろなテクニックが紹介されています。ここでは「3分間話法」について簡単に紹介してみます。15分の話も、1時間の話も
    すべてこれらの基本話法を組み合わせることで可能になります。
     以前紹介した大串亜由美さんの「最強3分スピーチ」でも同様のことが書いてありました。

  • プレゼンの基本は3分スピーチ

  • <3分間話法>
    ・項目先行法(NL法)

     これは全体構成を説明してから細部の話をするという手法です。NL(ナンバリングラベリング)法というのもあって、章立てのように話の構成を番号をつけて進めていくやり方です。この手法をとると、聞き手はメモを取りやすく、理解しやすくなります。こんなフレーズをよく聞きますよね。

    「今日紹介する話題は3つあります。ひとつめは・・・。」

     これがNL法です。逆にわかりづらい方法としては「ストーリー展開型」があるとありました。

    「最初に実施したことは、***で、これこれしかじかの理由によって、次に***を実施してみました。その結果・・・・。」

     こう話されてしまうと、最終的に何を言いたいのか最後まで聞かないとわかりません。さらに話が長いと、終わったときにはすでに最初に何言ってたのか忘れています。これでは言いたいことを伝えようとしても無理があります。

    ・4部構成法
     そこで、もうひとつの強力な手法がこれ。「話し方をいかに教えるか?」という目的を達成してくれるのがこの方法論だと思いました。とてもわかりやすく、覚えやすい手法です。ぜひ頭にいれておきたいです。
     いくつか呼び名がありますがどれも同じようなことを言っています。どれか一つ覚えておけばOKです。私はAREA法と覚えることにしました。

    AREA法

     最初に、Assertion:主張したいことを簡潔に話す。次にReason:理由を述べる。そのEvidence:根拠まはたExample:具体例を示す。そしてもういちど最初のAssertion:主張を繰り返す。とてもわかりやすい構成です。

    <表現手法>
    ・話すスピード
     ペーシングに関連した内容として話すスピードがあります。私も気づくと早口になっていることがよくあります。特に、報告会などの緊張した場面では「ペーシング」はもはや頭のどこかに飛んでしまって、早口になっていたりします。

     具体的な速度の推奨がこれです。

    350字/分

     これ、全く想像ができません。新聞などを使って、350字目をチェックし、自分で計ってみる訓練が紹介されていました。こうやって自分の会話のペースをつかむのはとても有効だと思います。
     そして、実際にゆっくり話すコツがこれです。

    大きな声で、ゆっくり話す

     小さな口で話すと、ろれつがまわらずに早口になりがちです。「ゆっくり話す」ことと、「しっかり伝える」これを両立してくれるのが「大きな声で、ゆっくり話すこと」です。常に意識したい要素です。

    ・ノンバーバル・コミュニケーション
     何度かこのブログでも取り上げてきましたが、今回の視点はちょっと異なっていました。以前紹介したものはジェスチャーに関するものでした。

  • Try55:ノンバーバル・コミュニケーションを身につけよう

  •  これは積極的に、ノンバーバル・コミュニケーションを活用しようというもの。ところが、本書で勉強になったことは

    意図しないボディランゲージに気をつけよう

     ということ。無意識なふるまいが、相手に悪い印象を与えている場合があります。ここで思い出したのが私が受講したコーチングセミナーでのアドバイスです。

  • Try72:考えるときに眉間にしわを寄せるのはやめよう。
    Try71:相手が答えるときには,目を合わせよう

  •  これは、セミナーでの参加者とコーチから直接頂いたアドバイスです。「眉を寄せる」癖は相手に怖い印象を与えてしまう。「メモを取るために下向く」ことは感じ悪い。これこそ、「意図しないボディランゲージ」なんです。ただし、これを自分で見つけることはとても難しいと思います。親しい人に指摘してもらうことが近道だと思います。

    <キラーフレーズ>
     最後に、もうひとつキラーフレーズを紹介しておきます。

    「話が長いか、短いかは聞き手が決める」

     自分が話しをしていて、「ちょっと長かったかな」と思った場合、たいていは相手にとって「とっても長い」と感じているようです。自分の時間感覚と、相手の時間感覚は一致しない場合がほとんどです。その話が長いか短いかは自分が決めることではないんですよね。相手がどう感じるかなんです。そりゃそうなんですけど、はっと気づかされました。

     というわけで、「ペーシング」「アサーティブ」などに大いに関連のあった「話し方」の極意。大いに勉強になりました。


    多ぁ忙Map No.0036

    Scheme29:話し方の極意とは相手のみになって考え、相手のみになって話すこと
    テクニックやコツだけではうまくならない。相手の身になることを意識しよう。

    Try126:会話の中で相手の身になって考えた効果、失敗を記録しよう
    これがペーシングを身につける、近道となる。
    復習 Scheme21:「厳しさ」だけではダメ。「楽しさ」を共有して初めてチームワークが生まれ、それが相乗効果を発揮する
    復習 Try76:ペーシングに気を配ろう
    復習 Try72:考えるときに眉間にしわを寄せるのはやめよう。
    復習 Try71:相手が答えるときには,目を合わせよう
    復習 Try60:オープニングとクロージングを意識したスピーチをする
    復習 Try55:ノンバーバル・コミュニケーションを身につけよう
    関連記事


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    tag : 書評

    comment

    Secret

    No title

    こんにちはorangeee13です。

    いつも多ぁ忙さんのマインドマップは
    すごい力作ですね。
    マインドマップを中途半端にしか習得できていない僕としてはほんとに尊敬します。

    ちなみに僕はPREPで覚えていました。
    AREA法は初めて知ったんですが、
    個人的に「要点」というより「主張」という方が好きですね。

    コンセプト化がキーポイントですね

    orangeee13さん、コメントありがとうございます。
    今トニー・ブザンの「ザ・マインドマップ」を読んでいます。私のマインドマップも中途半端かもしれません。本物は手書きでイメージが基本のようです。でもそんなことは気にせず、数をこなそうと思って思いのまま作っています。使ってみると、ブログ記事を書く前にマインドマップを作っておくと文章が書きやすいことがよくわかりました。

     AREA法とか、語呂合わせっていっぱいありますが、これらのポイントは「コンセプト化」ですね。いかに覚えやすいコンセプト名をつけるかです。そういう意味でもAREA法が覚えやすいかなと思っています。
     今度コンセプト化について、マインドマップ作ってみようと思っています。
    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    02月 | 2017年03月 | 03月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)