最新コミットメント

NLPによるモチベーションアップ術

 かつてから気になっていたNLPという名前。モチベーションを上げるとか、コーチングとかいろんな方面で活躍している手法と聞いていました。
 今回NLPのセミナーを受講した方から、セカンドティーチングをしてもらいました。このNLPに興味を持った理由はこんな疑問からでした。

「モチベーションをあげて仕事しろ!」

 普段の職場でこんなこと言われてもどうしていいかわかりません。こんな漠然とした指示には答えられませんよね。決してこんな言葉を部下に言ってはいけません。

モチベーションをあげる具体的な手法があるのか?

 今回こんなコンセプトでこのNLPについて講義を聞いてみました。今までも「モチベーション」について取り上げてきましたが、結論は

  • Scheme11:モチベーションは自ら引き起こすもの.

  •  と思っていました。上司がいくらがんばっても部下である本人がモチベーションを上げるしかないと。しかしそうではないようです。具体的に自分のモチベーションも、部下のモチベーションも大いに上げることができる手法が存在します。それがNLPです。


    多ぁ忙Map No.0026
    <NLPとは?>
      Neuro:神経・五感
      Linguistic:言語
      Programming:プログラミング

     この3語の頭文字を取ったもの。日本語では「神経言語プログラミング」と呼ばれています。1970年代初期に実績のあるセラピストの手法を体系化したものです。
     非常にわかりやすい例を2つ紹介します。

    例1:レモンを思い浮かべると、多くの人は口内に唾液が出てくる

     一般的にどんなひともこうなると思います。特に切ったレモンの汁が垂れている写真なんか見せられたら、想像しただけで唾液がより出てくると思います。

    例2:歩いていたら、前から大きな犬が出てきた。

     Aさん:怖い
     Bさん:かわいい

     
     例1の場合は誰もがレモンの汁がとてもすっぱいことを経験として知っています。一方、例2の場合、そのひとの経験によって物事のとらえ方が異なる例です。

     Aさんには過去に犬にかまれた経験があって、「怖い」と感じました。
     Bさんにはかまれた経験はなく、犬と遊んだ経験があって「かわいい」と感じました。

     このように脳には物事を経験に基づいて判断するプログラムを持っています。このプログラムを五感や言語を使ってバージョンアップする方法がNLPです。

    <モチベーションのレベル>
     マズローの欲求5段階説というアメリカの心理学者によって提案された考え方を紹介します。以下5種類の欲求に分類され、自己実現に近づくほど高いレベルとなります。これがモチベーションに関連します。高いレベルほど、モチベーターとしての価値が高くなります。

    ・マズローの欲求5段階説
    1.生理的欲求(食べたい・寝たい)
    2.安全の欲求 (危険から逃げたい)
    3.社会的欲求 (仲間の一員でありたい)
    4.自尊の欲求 (みとめてもらいたい)
    5.自己実現の欲求 (自分の潜在能力を発揮したい)


     ここでNLPでは、さらに「ニューロロジカルレベル」という考え方に発展しています。
    ・ニューロロジカルレベル
    ニューロロジカルレベル
     特徴的なのは、マズローの5段階のレベルに加えて、トップ(第6番目)に「スピリチュアル」なレベルを追加しているところです。「人生の意味、なぜ自分は生きるのか?」こんな精神的に深い領域を示します。
     上記表の中に「自分へ問いかけてみる」という質問があります。
    Level1:「あなたの環境はすばらしい」
    Level5:「あなたはすばらしい存在だ」

     こう聞かれてみると、Level1ではあまり嬉しくありません。自己認識であるLevel5になると、とても嬉しく感じます。これがレベルの違いです。

    <モチベーションを上げる具体的な手法>
     今回のコンセプトである漠然とした「モチベーションを上げる」という取り組みに対して、具体的な手法があるのか?という疑問に対する答えが以下に紹介する3つです。
    1.リフレーミング
     「フレーミング」とは、その人の知識、経験によって物事を判断する見方、受け止め方を指します。この「フレーム」によって、よくない方向へ考えてしまう場合があります。そのプログラミングをバージョンアップさせるのが「リフレーミング」です。
     以前紹介した「すごい考え方」にこんなフレーミングの違いが紹介されていました。

    3人のレンガ職人に質問します。「何をしているんですか?」
    Aさん:「レンガを積んでいます。」
    Bさん:「壁を作っています。」
    Cさん:「大聖堂を作っています。」


     この3人のモチベーションを考えてみましょう。同じ作業をしていますが、AさんよりもBさん、それよりもCさんのモチベーションを高く持っていると考えられます。

     次にこんな場合を考えてみましょう。自分の短所をひとつあげてください。

    短所:「私は、あきっぽい」

     こういうフレームはすぐに外しましょう。こんなリフレーミングがそれを実現してくれます。

    長所:「つぎつぎと新しいことを発見して提案できる人」

     フレームの取り方次第で、短所は長所に変えることができます。これがリフレーミングです。これを活用して、否定的な考えを改めるようにしていきましょう。
     他にもリフレーミングがこちらにたくさん紹介されています。

  • リフレーミング辞典はこちら

  • 2.モチベーションを維持する目標設定
     NLPでの目標設定のやり方にはモチベーションを具体的に持ち上げてくれる手法が含まれています。簡単に紹介すると次のようになります。

    ①目標を肯定的な言葉で表現する
     肯定的であることがポイントです。脳は否定形をイメージできません。例えば野球の場合
    「高めのボールはうつな!」
     こう言われると、高めのボールを打っちゃうんですよね。
    「低めのボールを打て!」
     こう言われると、低めのボールを打とうとします。これが肯定的なイメージです。

    ②目標が手に入った証拠を言語化
     V(Visual:視覚)
     A(Auditory:聴覚)
     K(Kinesthtic:体感覚)
     「言語化」するとは、具体的なイメージを持つことです。V(視覚)、A(聴覚)、K(体感覚)を含めて良いイメージを描くとより目標に近づくプログラミングが可能となります。

    ③状況を具体化する
     5W1Hを使って、自分が目標達成する状況について考えます。誰とどこで何をする。

    ④目標達成の意味をつくる
     ここが重要です。自分が目標を達成することで、何が得られるのか?人生にとっての大きな意味を持っていることがモチベーションをあげてくれます。これがスピリチュアルな目標です。
     柔道で活躍する谷亮子選手のスピリチュアルな目標は
    「歴史に名を残す」
     だそうです。実に、スピリチュアルです。

    ⑤具体的な行動計画をつくる
     ここまでイメージできた上で、いぜ自分がなにをすべきか行動に移します。

     というわけで以前紹介したSMARTな目標設定とはかなり異なったアプローチです。でもこのスピリチュアルな目標の必要性は胸にズシンときますね。
     私のスピリチュアルな目標はこれです。

  • 目標にはスピリチュアルなイメージを持つ

  • 3.アンカリング
     そして3つめのテクニックがこれです。「条件付け」のことです。有名な例が
    「パブロフの犬」
     です。これはロシアの生理学者パブロフ氏によって発見された現象です。毎日同じように餌をあげていくと、犬は足音や食器の音を聞くだけでヨダレが出てくるという状態を指します。
     これを人間がモチベーションをあげるために利用したのが「アンカリング」です。
     マリナーズのイチロー選手はNLPの実践者ではありませんが、彼が成功をつかむために行き着いた手法は実はNLPの手法と全く同じだったらしいです。彼が打席にたつ際には必ずバットを前に出してから、袖をひっぱります。これがアンカリングです。
     彼はこの仕草をすることで、成功したときのイメージが沸くように条件づけしているわけです。
     これは誰にでもできる手法で、強い感情をもったイメージを描きながら、何か決まった動作と結びつけること。これを習慣化させることで、かならず良い方向へ自分をもっていくことができるようになります。
     このやり方については、実際に体験して身につけてみたいと思います。

     以上簡単な紹介をしてきましたが、NLPとしてはこのようなテクニックが満載です。まだまだ私は入り口しか知りません。詳細はこちら参照ください。

  • NLPポータルサイト「NLPタッチ」

  • <児玉光雄先生の講演会を振り返る>
     「イチロー思考」の著者である児玉光雄先生の講演会でモチベーションに関する内容があったのでもう一度振り返ってみます。
     児玉先生からは日々のモチベーションを以下のようにグラフ化することで、自分のモチベーションを把握することが容易になってくると説明していました。これを訓練することで、より自分のモチベーションをコントロールできるようになってくるそうです。

    モチベーションチェック

     ここでアンカリングを身につけていれば、青い矢印のようにどんな心理状態にあっても「ハイ・ポジティブゾーン」に持って行くことができるわけです。
     ぜひこのアンカリングを身につけたいです。

     今日はだいぶ長くなりましたが大きなインパクトがあったので2つトライ宣言をしたいと思います。

    Try115:否定的な考えに陥ったらリフレーミングで脱出しよう
    部下のコーチングにも極めて有効な技術
    Try116:アンカリングでモチベーションをコントロールしよう
    イチローのような袖をまくる仕草に強いポジティブ感情を結びつける
    復習 Scheme16:自分の改善すべきポイントは自分で決めるものではない
    復習 Scheme11:モチベーションは自ら引き起こすもの.
    復習 Try56:夢日記をつけてみよう.
    復習 Try14:自分の心理状態をチェックし、モチベーションを高く維持する
    関連記事


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    tag : セミナー 目標設定

    comment

    Secret

    今回も力が入っていますね

    多ぁ忙さん
    こんばんは、Okamuraです。

    NLP来ましたね(笑)
    私もセミナーこそ受けていないものの、NLPは独学で学びました。日々のコミュニケーションでNLPのノウハウが役に立っています。

    あと多ぁ忙さんが最近お気に入り(?)の2軸4象限の説明、分かりやすいです。私も今日斉藤孝先生の「質問力」を借りてきました。私もうまく2軸4象限を使って説明できるように頑張ります!

    すばやいコメントありがとうございます。

    Okamuraさん、さっそくのコメントありがとうございます。
     NLPは実際にセミナー受けてみたいと思っています。これは私が30分くら聞いただけなので、より興味が深まってきました。これを知っていればコーチングの技術も大きく向上するんじゃないかと思います。

     座標軸思考法は気に入っています。積極的にこれを活用しようと努力しています。何事も自分の「癖」になるまで使いこなさないと自分のものになりませんからね。

     「質問力」はたくさんの気づきが得られると思います。特に「答え」より「問い」が重要であることを改めて理解させてくれました。

    No title

    すごく記事に気合いが入っているのが分かりますね。

    私の職場では、評価(報酬)とモチベーションと成績をいかに結び付けていくかが課題です。

    成績のいい社員は、評価も高いので、モチベーションも高いですが

    成績のあまりよくない社員(失礼ですが)は、評価も受けにくく、当然モチベーションも低いです。

    後者のモチベーションをどう上げていくか、どこの職場でも同じ課題はあるのでしょうね。

    オリスさん、コメントありがとうございます。

     こんばんは。評価(報酬)とモチベーションは間接的な課題ではあるものの、本質的な課題はそこには少ないんじゃないでしょうか。
     以前の記事でこんな言葉を紹介しました。

    「お金」は責任と権限に連動するものであり,ダイレクトにモチベーションの向上につながるものではない。

     もちろん報酬をモチベーターとするひとも中にはいると思います。でも報酬よりも本人の結果承認や行為承認がモチベーションをあげてくれる人が多いと思います。

     例えば報酬を決める評価は所属部署のメンバーが共有するものではないです。それよりも部署全体の中で、ある人が部署全体に貢献する結果を出した場合に全員の前で「よくやった!」とか言ってあげることがモチベーションをあげるんじゃないかと思います。
     あ、でもこういうひとはやっぱり評価も高いですね。なんかアドバイスになってませんでした。
    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    03月 | 2017年04月 | 05月
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)