グーグルに依存した世界

 今朝のラジオニュースで、グーグルが31日の夜に1時間ほど検索ができないトラブルを引き起こしたと報道されました。
 私は勝間和代さんのブログで、同じ内容が取り上げられており、そこで知りました。ちょうど31日のこの時間はブログ更新中で、グーグルを使ったときにこのメッセージに出くわしました。

「このサイトはコンピューターに損害を与える可能性があります。」

  • グーグルジャパンブログの公式発表

  •  でも私が使ったタイミングはほぼ復旧する直前だったようで、「あれ?おかしいな・・・。」と数分後にもう一度動かしたときには正常に戻っていました。なので、大きな問題と考えなかったんですが・・・。

     先日紹介した「グーグル革命の影」を改めて考えさせられました。
    グーグル革命の影1>
     今回のトラブルの原因について、次のように発表されています。

    全ての検索結果に「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります。」というメッセージが表示された件について

     人為的ミスにより、この更新されたリストのなかに "/" というパターンが誤って混入していたため、全ての URL がこのパターンにマッチしてしまう、という事態が発生しました。エンジニアリングチームが問題を迅速に発見しリストの訂正を行ないましたが、約 40 分間、誤ったメッセージが表示されてしまいました。

     グーグルの基本スタンスは「すべてプログラムで管理する」でした。ここに来て、「人為的ミス」というのはかなりイメージダウンにつながりそうです。人為的操作をしてないから公平な検索結果であるというのが売りだったはずなんですが。

     さらに、このトラブルによって、全世界のグーグルユーザーが約40分間検索ができない常態に陥りました。もちろん他の検索サイトを利用してことなきを得ていますが、「グーグル漬け」になっているユーザーによっては、「恐怖」を感じたのではないでしょうか。

    グーグル革命の影2>
     このトラブルグーグルブログで調べていたら、もうひとつトラブルが報告されていました。それはこれ。先のトラブルに引きずられてGmailにも障害が発生したようです。

    Gmail 迷惑メールフィルタの問題について

    昨日の深夜、Google のマルウェアフィルタに問題が発生しました。Gmail の迷惑メールフィルタエンジンもこのフィルタを(その他数百のロジックと共に)ユーザをマルウェアから守るために利用しており、そのために日本時間 1 月 31 日 23:00 から 2 月 1 日 1:00 の間、一部のメールを誤って「迷惑メール」と判定してしまいました。

     先日の言葉を繰り返します。

     「グーグルが私達の知るべきものを決めている」

     グーグルが止まれば、私達の知るべきものが止まるということです。怖い時代です。競争社会なので、他の検索会社が存在し続ける限り、検索が使えない環境に陥ることはないかもしれませんが、グーグルだけに頼りすぎるのは危険だということを気づかせてくれた事件でした。

    関連記事

    テーマ: ビジネスブログ | ジャンル: ビジネス

    グーグルが変える世界の常識 | Home | 1月のTry項目の棚卸し

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する