最新コミットメント

グーグル革命がもたらす光と影

 前回、「アップルとグーグル」という本を読み、IT業界をリードする2社の共通する「夢」を実現する姿勢に興味を惹かれました。この本では、アップルについてはかなり詳しく紹介されていましたが、グーグルについての記述は若干少なめ。そこでさらにグーグルについて詳しく知りたくなり、NHKスペシャルで取り上げられた内容が本になった「グーグル革命の衝撃」を手に取ってみました。

 今回はこんなコンセプトで読んでみました。

グーグル革命の光と影を認識しよう」

です。革新的なサービスを展開するグーグルですが、そのスポットライトの光りだけでなく、影にも注目した内容になっています。検索サイトを当然のように使う新たな世代に警笛を鳴らしています。

NHKスペシャル グーグル革命の衝撃 (NHKスペシャル)NHKスペシャル グーグル革命の衝撃 (NHKスペシャル)
(2007/05)
NHK取材班

商品詳細を見る



多ぁ忙Map No.0022

 ではその光と影について考えてみましょう。
グーグルのミッションステートメント>
 グーグルが企業理念として掲げているコンセプトは

「全世界の情報を整理すること」

です。一つの企業がこんな大きなことを手がけるとは夢のような話です。しかしグーグル社員を動かしているのがこのミッションステートメントです。夢で終わらず、実現に向けて着々と進んでいく姿には圧倒されます。本書を読んで改めてそのサービスのすごさに驚かされました。

グーグルの革新的なサービス>
1.グーグルアース
 開発は3人のエンジニアでスタートしたそうです。開発の発端は「SFの世界のように宇宙から眺めた地球のように飛び回りたい」という夢からスタートしています。
 確かに、ワンクリックで、地球がグルッと回ってクリックした場所にズームインしていくアニメーションはまさにSFの世界を具現化したものに感じます。

2.グーグルニュース
 新聞とは、記者が集めてきた情報を整理し、編集し短期間で形にまとめた出版物です。しかしその内容は新聞社によって様々な報道の方向性があり、読み手はすべてを読み比べて必要な情報を選択しようとすることは困難です。
 そこで、「自動的にニュースが編集できたら?」という夢を実現してしまったのが「グーグルニュース」です。アメリカでは4500サイト、日本では600サイトのソースから人が見ている頻度の高いニュースを自動的に並べてくれるサービスです。

3.グーグルアナリシス
 そしてこちらはあまり一般ユーザーには使われないかもしれませんが、サイトの訪問者数などのステータスを解析してくれるサービス。広告などの効果を検証するためのツールです。このブログにどんなユーザーが訪問してるのか、どんな時間帯なのか等、非常に細かく分析が可能です。これが後述する「グーグル革命の影」を落とすことになります。

4.グーグルアドセンス
 グーグルの収入源でもある広告。これには大きな特徴がありました。検索結果と広告は分離させるという考え。あくまで検索結果に広告が影響を与えないよう配慮した結果です。さらにそのサイトに関連性のあるテキストだけの広告というところも大きな特徴です。私もグーグルのシステムを理解する目的で、グーグルアドセンスを利用してみました。どんなキーワードが出てくることやら。タイトル下のキーワードと右側のウインドに注目ください。いまのところ、「手帳」とか「マインドマップ」とかの関連ワードが多いようです。さすがの関連性です。

<グーグルの検索結果と広告>
 検索結果について実際にチェックしてみました。私は最近、「ファシリテーション」というキーワードに着目しています。例えば、ファシリテーションのセミナーを受けてみたいという思いがあって、こんな検索をしてみました。

1.検索キーワード:ファシリテーション
ファシリテーション2
 まず最初はひとつのキーワード「ファシリテーション」だけ。この場合43万件ヒットします。途方もない件数です。ここで面白いのは「他のキーワード」として「ファシリテーショングラフィック」などのキーワードがトップに表示されて、絞り込みを促そうとしてくれます。広告に関しては右側に「ファシリテーション」に関連した内容が表示されます。

2.検索キーワード:ファシリテーション スキル セミナー
ファシリテーション
 普通はこのように3つくらいのキーワードで検索するでしょう。グーグルではこのようなキーワードを「ビッグキーワード」と呼びます。そして広告主はこれらのビックキーワードの組み合わせでふさわしいものに費用をかけて表示されるようにしています。ここで先の表示画面と異なり、黄色い「スポンサーリンク」が表示されています。これは表示される場合とそうでない場合があります。必ず表示してしまうと、人間は黄色い部分はクリックしない習慣が出来てしまうからだそうです。このように検索結果とは区別されるよう徹底されています。

 ここで、もうひとつ気づいたことがあります。画面右上に「ウェブ履歴に基づきカスタマイズされています。」とあります。この検索結果は私の履歴からランキングが決まっているということなんです。(解除することも可能)グーグルは個人のライフスタイルに入り込み検索結果までその人に応じたものを出す。ここまで来ているとは知りませんでした。

<グーグル革命の光>
 ざっとグーグルのサービスを紹介してきましたが、これらによって私達の生活はとても便利なものになってきています。欲しい情報は瞬時に得られるし、自分の記憶の代わりにもなりつつあります。
 自分の検索履歴を見ることで、自分の興味だったり、行動を振り返ることも可能です。これは私の履歴を確認してみた結果です。
検索履歴

<グーグル革命の影>
 さて、この検索履歴ですが便利なことにとらわれていてはいけません。自分の行動がすべてグーグルのサーバーに記録されているということなんです。Gmailを利用することで、プライベートな情報まで預けていることになります。当然グーグルでは個人情報の管理は徹底していると言っていますが、プライバシー保護の不安はなくなりません。

 先に紹介したグーグルアドセンスをめぐっては、様々な訴訟が起こっています。検索ランキングをあげるコンサルティング会社が活躍したり世の中のビジネスモデルにも大きな革命が起きています。さらに検索スパムと呼ばれるランキングを不正にあげようとする行為もいたちごっこのように起こっています。しかし訴訟が起きても、結果的にグーグルの影響力の大きさにかなわないという例が多いようです。

 こんな言葉が突き刺さりました。

「グーグルが私達の知るべきものを決めている」

 恐ろしい時代です。自分が探しているつもりでも、それはグーグルが選んでいるのかもしれません。かつて欲しい物は自分でお店で選んで買っていました。手にとって、触って、見て、選びます。しかし現在はどうでしょうか。検索サイトでチェックして、ユーザーの評価などを読んで、ネットショップで買う。もはや自分で選ぶことをしてないのかもしれません。

 グーグルが与えるのは知ではない。自ら調べ、優れた知の構造を得ることが必要。
 これからの時代は検索結果に惑わされない、常識を疑う確かな力が必要である。


 最後にグーグルの最新情報はこちらのサイトでチェック可能です。

  • Googleウォッチ 検索ビジネスの明日を読む

  • Try110:グーグルアドセンスを使ってみよう!
    グーグル革命を実感するためには、自分が経験してみること。
    Scheme17:これからの時代は検索結果に惑わされない、常識を疑う確かな力が必要である。
    復習 Try93:夢を描こう!そして実現への道を引こう
    復習 Try88:脳を記憶よりも知的生産術に活用しよう!
    復習 Try61:新たな取り組みに5%以上の時間をとる

    関連記事


    theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

    tag : グーグル 書評

    comment

    Secret

    No title

    こんにちは、menmiです。

    これからマインドマップの勉強をしようと思って、たくさん本を
    買ったものの、まだ、積読です。色々参考にさせていただきます。

    その積読のなかに、「グーグルの入社試験非公認」と
    いう本がありまして、高速道路に謎の広告看板が出現し、
    アクセスした人が10桁の素数にチャレンジし、解き明かした
    アドレスに、グーグルの人材募集のページが現れるという
    なんとも、面白い入社試験のくだりだなと思い、買ってしま
    いました。
    非公認なので、本当にその問題なのかどうかは不明ですが。

    ではでは♪

    menmiさん、コメントありがとうございます。

     グーグルは天才エンジニア集団と呼ばれていますよね。探求心を持つひとをふるいにかける施策のひとつがハイウェイの広告だったそうです。(本書にも紹介されていました。)

    {first 10-digit prime found in consecutive digits of e}.com」
    「eの連続した桁で見つかる最初の10桁の素数.com」

     無限に続く、自然対数の中から10桁の素数を見つけ出すことなんて、考えようとも思いませんよね。まして、それがわかった次に、何が待ち受けてるかわからないんですから。いや、それを知りたい欲求を持つひとをグーグルは探しているということですね。

     紹介頂いた本は読んだことありませんが、強者を採用するための質問がいろいろと紹介されているようですね。面白そうな本です。ご紹介いただきありがとうございます。
    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    07月 | 2017年08月 | 09月
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)