小学校に学ぶ目標達成への取り組み

 今日も新聞のスクラップからの記事です。産経新聞に小学校の取り組みに関する記事がありました。私がこの学校の小学生だったら楽しそうだなと感じたので、紹介します。

「自分で100の目標=チャレンジ100」

滋賀県の小学校

 いいですね。小学生から目標達成の楽しさを理解できたら、大きく成長できると思います。
<自分で100の目標を立てる>
 この取り組みは、「チャレンジ100」というテーマで滋賀県の小学校が取り組んでいる活動のひとつです。自分で決めた100をめざす目標をかかげ、推進するというもの。その結果、こんな例が出てきたそうです。

・家の手伝い100回
・読書100冊
・音読100回
・自主学習100ページ
・友達にやさしい言葉100日
・だじゃれ100個
・学級通信100号


 小学生にとって、100という数字はとても大きなものに感じると思います。でもそれを自分で達成できた実感が得られれば、ひとつの成功体験となり大きな成長につながると思います。
 「家事手伝い」「読書」「自主学習」などはすぐに思い浮かぶ項目ですが、その他はいろいろと興味深いアイデアです。

「音読100回」:これは、斎藤孝先生も推奨していた五感をつかった読書であり、集中力、理解力を身につける上でとても効果的な方法です。見習うべき行動ですね。

「友達にやさしい言葉100日」:これはかなり私にはインパクトありました。そもそも「友達にやさしい言葉」かけたことがあるのか、記憶を振り返ってみてもあまり思い出せません。こういう思いつきができる子がいるとは関心です。
 最近、「部下の成果をしっかり褒めよう(コーチングスキル:結果承認、成長承認)」という心がけを続けています。「やさしい言葉」に共通するような気がします。ビジネスマンにとっては、100日はかなり短いです。私は今年の目標に「コーチングスキル」を身につけるということを宣言しています。大人なので3倍の300日でがんばってみようと思います。

「だじゃれ100個」:きっと、こういう思いつきをする子は、だじゃれが得意なんじゃないでしょうか。するとあっという間に100個出して目標達成。でもこんな行動が、後の人気お笑い芸人として活躍するきっかけになるかもしれませんね。

「学級通信100号」:実はこのチャレンジは担任の先生が決めたもの。生徒だけのチャレンジだけでなく、先生も一緒になってクラスとしての目標を設定しているところもすばらしい取り組みです。
 よく、「ああしなさい、こうしなさい」と上から下に命令口調で言われることがありますが、これは本人の成長にはつながりません。でも、上下の関係を超えて一緒に取り組んでいくんだという責任感が芽生えると、勉強への姿勢とか、仕事への姿勢が前向きに変わってくるんだと思います。

<目標達成を実感する方法>
 この「チャレンジ100」の取り組みのねらいは目標達成を実感することにあると思います。この「実感できること」が非常に重要です。ただ目標を掲げただけで達成しなさいという場合にはこんな状態が予想されます。先の目標を例に考えてみます。

・家の手伝いをする
・読書をたくさんする
・友達にやさしい言葉をかける
・学級通信を続ける


 これでは、何をすればいいのかはわかりますが、どうなったら目標が達成できたのか判断することができません。つまり、100回なのか100日なのか測定して判断できることがポイントなのです。では目標達成に必要な要素を紹介します。

SMARTな目標設定とGET SMARTSな目標設定>
 SMARTな目標設定という言葉は有名ですが、その構成される英単語はばらばらだったりします。以前記事で紹介したように、私が選んだ要素はこうなりました。まずはSMARTな目標設定を理解して実践しましょう。余力があればGET SMARTSの要素も考慮してみましょう。前回紹介したマインドマップを改めて掲載しておきます。

多ぁ忙の決めたSMARTはこれ!
 1.Specific:具体的な
 2.Measurable:測定可能な
 3.Action-oriented:行動に結びつく
 4.Responsible:責任を持った
 5.Time-bound:刈り取る期限がついている

多ぁ忙のGET SMARTSはこれだ!(拡張SMART)
 1.Gradual:段階的な
 2.Environment Improved:環境を設定する
 3.Time bounded:刈り取る期限がついている
 4.Specific:具体的な、(コントロールできる)
 5.Measurable:測定可能な
 6.Action-orianted:行動に結びつく
 7.Responsible:自ら責任をもつ
 8.Trackable:自己成長を把握する
 9.Strategies:戦略を立てた



多ぁ忙Map No.0006


Try109:300日で、コーチングスキルを身につける
09年の目標はこれ。SMARTな目標になっているか確認しよう。
復習 Try91:ブログでソフト使い方情報を公開していこう
復習 Try40:拡張型SMARTな目標設定を実行する=GET SMARTS
復習 Task8:SMARTな目標設定を実施する
関連記事

テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

Xmind Shareでブログ仲間に会う | Home | iKnowで勉強、じゃなくて英語を楽しもう。

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する