情報は1冊のノートにまとめられるのか?

 最近、どこの書店でも平積みで並んでいるこの1冊。手帳術の参考になればと読んでみました。ただし、システム手帳ユーザーの私にとっては、ちょっと疑問をもたざるを得ませんでした。
 小さなA6のノートが安く、どこでも入手できることはわかります。それに仕事、プライベートを含めて情報を一元化すべきというメッセージはいまいち理解出来ません。
 一通り読んだ結果、私が得た結論はこれです。

・やっぱりシステム手帳が優れている
・本書が評価されていることは、「100円ノート式」ではなく、自分の手帳術を構築することの楽しさを伝えていること


情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)
(2008/03/12)
奥野 宣之

商品詳細を見る


 では、ちょっと100円ノート式を覗いてみましょう。
<100円ノート式とは?>
 A6ノートを使って、あらゆる情報を時系列に記録していこうという手帳術。もちろんスケジュール表なんてないので、A4に用意したスケジュール表を貼り付けるなど。
 ねらいは、「誰にでも、シンプルに、簡単にできる方法」ということです。

・情報の一元化
1.メモ
2.カードはポケットを作って
3.写真も貼り付ける
4.はがきも貼り付ける
5.読書ノートも
6.資料も貼る

 こんなに情報を詰め込むと、数日で1冊を使い切ってしまいそうです。

・メリット
 低コスト、携帯性、検索性(パソコン併用)

 確かにA6ノートであれば、安いし、コンビニなどで気軽に入手可能です。さらに検索性をあげていますが、これはノートに記録した日付、タグをパソコンに定期的に入力して管理する方法を提案しています。

・デメリット
1.情報一元化による1冊の情報時間不足
2.移行の手間
3.パソコン入力の手間


 情報を一元化すればするほど、1冊に収まる時間は短くなります。その結果、新たなノートへの移行が頻繁に発生。さらに検索性をあげるためのパソコン入力はかなりの手間。
 このデメリットを考慮するととても「誰にでも、シンプルに、簡単にできる方法」には思えません。きっと、著者も写真やはがきまでは詰め込んでないんじゃないでしょうか。

<システム手帳との比較>
 「自由なレイアウトで手帳に書く」こういう目的で手帳を選ぶひとは、システム手帳を選ぶと思います。バリエーション豊かなリフィルから自分にあったものを選べばいいし、なければ自作することも可能。私もオリジナルリフィルを使うことで、システム手帳の楽しさを味わっています。
 さらに、バインダー選びにも自分のこだわりがあります。ここには「安さ」を追求することとは全く異なる価値観があると思います。私はA6ノートの「安さ」ではなかなかモチベーションがあがりません。
 検索性をA6ノート式のメリットにあげられていますが、これはちょっと別の次元。システム手帳でパソコンを併用したやり方を取ることも可能です。
 というわけで、わたしは「システム手帳」をお勧めします。

<本書から得たもの>
 本書では、この「A6ノート式」を著者の一例として紹介しています。これをみんなにやれといっているわけではありません。ポイントは「自分のスタイルを構築すること」です。これが継続できる要素にもなります。私がオリジナルリフィルを作って自分の手帳術を追求していること同じだと思います。いろんな工夫点が「自分のスタイル構築」の楽しさを教えてくれています。本書の最初と最後に出てくる言葉がこれです。

「万能ノートはないが、万能ノートを作る方法はある」

 つまり、「あなたの万能ノートを作りなさい。」ということですね。それがA6ノート式かどうかはわかりません。私はシステム手帳で自分の万能ノートを作っていきたいと思います。

「量が質を作る。プロとアマの差は量にある。」

 良いアイデアは1%くらいしかない。プロとアマの割合も同じくらい。プロが良いアイデアをたくさん出せるのは、量をこなしているからだと。
 私も文章が得意なわけでもないし、読書の書評も得意ではありません。量をこなして、質を磨いていきたいと思っています。

「検索性の向上のため、タグを埋め込むこと」

 カテゴリ分けには、こうもり問題がつきものです。そこで、タグを埋め込むことを推奨しています。ここでひとつ実践したいことが浮かびました。読書マップにタグをいれることです。このブログには手帳術、仕事楽術などカテゴリを作っているのでこれらをタグとしてマインドマップに入れるようにしていきたいと思います。

 最後に、こんな文章にちょっと焦りを覚えました。

「パソコンデータは消えるもの。ブログが消えたらどうする?」

 みなさん、パソコンデータを失ったことはありますか? およそパソコンが壊れてから、バックアップを取れば良かったとか思うんですよね。さらに、自分のブログが消えたらどうしますか?・・・・。

 今、ブログの記事を作るためだったり、社内のメルマガのネタだったり、セミナーのネタだったりを自分のブログを検索しながら、作ることが増えてきました。つまり自分のデータベースとして使い始めてきています。これがなくなったら、辛いですね。イライラするでしょうね。がっくしするでしょう。
 というわけで、もう一度バックアップとっておきます。


多ぁ忙Map No.0019


<今日のXmind使い方情報>
 ささいなことかもしれませんが、けっこう便利な機能です。それは「段落番号」の指定です。今日のマインドマップには、要素に数字をつけてみました。階層の一部を指定するだけでそれ以下の要素には段落番号が自動的に追加されます。アラビア数字、ギリシャ数字、アルファベットなどが選択できます。

段落番号

Try104:読書マップにタグを追加し、数をこなそう。
量が質を作る。プロとアマの差は量にある。
Try105:ブログのバックアップを月1回取ろう
パソコンデータは消えるものと考えよう。
復習 Try101:成功、失敗体験を記録しよう!
復習 Try44:オリジナルリフィルの連続印刷を普及させよう
復習 Task6:自分のシステム手帳スタイルを構築する 10/22完了
関連記事

テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

情報の一元化とは、思考ツールの軸を定めること | Home | セレンディピティを身につけよう!

コメント

さすがです

多ぁ忙さん、こんばんは。

内容に疑問を抱きながらも、しっかりと気づきを自分のものにしようとしている姿勢はさすがです。

私はこの本を読んでいませんが、最近偶然A6ノートを買いました。

目的は「フォーカス」です。

普段トラベラーズノートの無罫タイプを使用して日々の気づき、ビジネスアイデア、教訓などを書いています。
しかしどうしても内容がバラバラになってしまいます。

そこでA6ノートには思いついたビジネスアイデアにフォーカスし、内容を深く掘り下げるために調査した内容や関連する書籍の読書メモを記録するようにしています。

ちなみに手帳はトラベラーズノートの週間ダイアリーを使用しています。

2009/01/24 (Sat) 23:50 | Okamura Shuichi #- | URL | 編集
トラベラーズノート、こだわりがありますね。

Okamuraさん、いつもコメントありがとうございます。
 ちょうど、今「チームビルディング」のコメントをそちらに書いていたところでした。
 「トラベラーズノート」チェックしてみましたが、綴じ手帳なのにいろいろ組み合わせてカスタマイズできるシステム手帳の要素も持ったこだわりのある仕様ですね。
 手帳の使い方はひとそれぞれです。自分の使い方を常に追求することが「万能手帳」に近づくことなんだと思います。
 私も手帳とは別にメモ帳を使っています。デルフォニクスのロルバーンB6サイズ。ブログのネタなどこれに書き込んでます。内容はバラバラですが、特に気にしていません。

2009/01/25 (Sun) 00:25 | 多ぁ忙 #TZpNm4HA | URL | 編集
No title

多ぁ忙さん、おはようございます。

私は、手帳とA6ノートを併用して使っています。
■手帳
 スケジュール、目標など、時間管理に関するもの
■A6ノート
 上記以外。とにかくメモメモメモ・・・

A6ノートを使うようになってメモ量が格段に増えました。
気軽に書きなぐりやすいんですよね。小ささと安っぽさが(笑)
何でも貼り付ける、というやり方も気に入っています。

問題はやはりインデックス作成の手間ですねぇ。。。
ちょっとずつやってると良いんでしょうけどね。

2009/01/25 (Sun) 06:25 | テリー #XRms3ZI6 | URL | 編集
テリーさん、コメントありがとうございます。

 テリーさんはA6ノート術を自分のものにしてますね。パソコンのデータ管理もされているのでしょうか。みなさんのコメントをきっかけに、今日の話題を決めました。せっかくこの本を読んだので、自分の情報の一元化について考えてみたいと思います。

 ところで、テリーさんが紹介してくれている松宮義仁さんの「A6ノートで思考を地図化しなさい」にも興味あります。これってなんかシリーズ本に見えるんですけど出版社も違うみたいですね。

 こういう本が売れる背景には、やっぱりメモを取るテクニックは千差万別だからじゃないでしょうか。

2009/01/25 (Sun) 16:13 | 多ぁ忙 #TZpNm4HA | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する