実践コーチングセミナー、やってよかった!

 今日はTask完了の報告です。昨年12月に紹介したコーチエィのコーチングセミナーをベースに、自分なりにアレンジして社内で実践してみました。2回実施して合計20名くらいのメンバーにコーチングを体験してもらいました。
 当然ながら、私が受講したレベルにはほど遠いですが、みなさん「コーチング」の価値、「円滑なコミュニケーション」の価値を理解してもらえたと思います。
 1回目は自分の部署内にて実施(Task12)。そこから良かった点、改善すべき点をアンケートで回答してもらい、2回目には他部署のメンバーを呼んで実践(Task13)しました。このセミナーは私の本業ではないので、準備等を本業の合間に進めることがけっこう大変でした。
 そのおかげか、本日終了後に参加者から「拍手」をいただいてしまいました。これは予想外。ちょっと照れちゃいました。とっても嬉しく思いました。やってよかったです。これで新たな風が吹けばいいなと思っています。

 マインドマップには「4つのタイプ」の本をベースにセミナーの内容や、関連ブログ記事をリンクで貼り、整理してみました。内容がたくさんあったので、線が入り組んでしまいました。本日よりマインドマップNo.を入れるようにスタート。


多ぁ忙map No.0003(1/3制作マップから更新
<実践コーチングセミナー
 12月に自分が受けたコーチングセミナーの内容が非常にためになったので、どんなセミナーだったのかを12月に報告。このとき、やっぱり説明だけじゃ伝わらないよなと思っていたので、ぜひ実践を含めてもう一度やろうと思っていました。そこで宣言したのがTask12,13でした。
 内容はこのブログで蓄積してきたコミュニケーションに関するものも加えて制作。ブログにコミュニケーションのノウハウを記録してきた価値が出てきました。

<実践ワークのトピック>
 2回実施した中で、特に印象に残ったのはこれ。
1.2人ペアで無表情+あいづちなしの会話を体験
 ノンバーバルコミュニケーションの重要性を体験してもらうため、聞き手には無表情かつあいづちをしない態度を取ってもらい、話し手が話すという内容。
 2分間で実施したものの、2分もしないうちにシーンとなってしまいます。聞き手に表情や相づちがないと会話って出来ないんですよね。つまり「聞く」ことが能動的であることを理解してもらいました。

2.タイプ別ディスカッション
 「モチベーションが上がる仕事の受け方」について4つのタイプごとに議論してもらい、ホワイトボードに書いてもらうという内容。
 7分間後に書いてください。という指示に対して10分以上かけて最後に書いたのは「プロモーター」チーム。このタイプの特徴は「自分の話はよくするが、人の話はあまり聞かない」そのまま表れました。実は、私が受講したときも同じ状態だったんです。タイプ分けの妥当性を再認識しました。

3.コーチング、クライアント、オブザーバーのロールプレイ
 コーチングのプロセスを実際に行ってもらいました。現状把握→ゴールのイメージ→ギャップの認識→行動計画。この質問の仕方ってけっこう難しいんです。ここでの大きな価値は、オブザーバーによる振り返りの時間。コーチングのスキルを観察してもらい、その結果をコーチ役のひとにアドバイスするというもの。実はこれが一番価値ある実践だと思っています。このアドバイスをみんなで共有することが、「コーチング」を身につける一番重要なプロセスなんじゃないかと思いました。
 今回の講師は「講師の私」じゃないんです。「参加者のみなさん」なんです。

<自分の起こす一番大きなインパクト>
 さて、ここで私の「有言実行」を振り返ってみました。昨年10月に実施した「すごい会議」。ここで「自分が起こす一番大きなインパクト」を宣言しています。私の宣言はこんな感じでした。

 「社外のリソースから、新しい考え方を導入し、新しい風を起こす」

 当時考えたときには実はどんなセミナーを受けて、どんな考え方を導入すべきかという具体的なアイデアは実はなかったんです。ただし、なんか社内に閉じこもっていてはダメなんじゃないかという思いがありました。そこで3分で考えて書いた言葉がこれでした。

 この宣言は1ヶ月後を目標に書いてものですが、1ヶ月後に達成できたことは「コーチングセミナー」を受けることにしたまででした。それから実際に受けてみて、この内容はもっと広めていかなければという思いにかられて、ここまでやってきました。気づけば4ヶ月。
 この宣言は実は社内のデスクの目の前に紙に書いて貼ってあります。紙に書けば目標は実現できる。まさにそんなことを実感した今日でした。まだ「新たな風」が吹いたかどうかの実感はありませんが、空気は動きはじめたんじゃないかなと思っています。
 今後も風が大きくなるよう努力していきたいと思います。

関連記事

テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

コミュニケーションのレベルを考える | Home | マインドマップノートを作ろう!

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する