マインドマップノートを作ろう!

 今年からスタートしたマインドマップ。私は多色を使ったきれいな手描きマインドマップにはちょっと抵抗がありました。「なんか、時間かかりそうだし、絵も苦手だし・・・。」
 そこで出会ったのが毎日使っているXmindでした。手軽にマインドマップが描ける。これがマインドマップへの敷居を低くしてくれました。

 さて、2週間ほど継続して気づいたことがあります。「パソコンでマインドマップを広げることができない。」ということです。
 そこでこれからやっていこうと思うのがこれ。

マインドマップノート

マインドマップノート

 まあ、紙に印刷するだけなんですけど結構効果ありです。
<パソコンを使ったマインドマップの課題>
 同じテーマでマインドマップを描こうとしたとき、以前に描いたものを見ながら作業をしたくなります。ここで、大きな課題を発見。
 パソコンの画面では、どうしてもすでに完成したマインドマップを広げて、新しい作業を行うことができません。2画面並べたところで、その面積は半分になってしまいます。
 マインドマップは俯瞰するところに意味があります。それってパソコンでは難しいんですよね。例えば、縮小してウインドいっぱいに広げたところで、文字がつぶれて読めないとか。

<解決策1:マインドマップノートを作る>
 というわけで、紙で保管することを考えました。先に紹介した写真のように、A4サイズの紙に印刷します。今日までに14mapを公開しています。これらを紙に印刷して、クリアファイルに保管。こうすれば簡単に一覧ができます。

 しかし・・・。ここにも問題点を発見。紙に印刷することを考慮した描き方をしていませんでした。どうなるかというと、文字が超小さくなってしまっています。目をこらさないと見えません。これじゃ俯瞰どころではありません。例えばマップが広く伸びている場合、これをA4サイズに収まるようにXmindでは印刷してくれます。つまり広ければ広いほど、文字は小さくなってしまいます。

<解決策2:デフォルト文字サイズを変更する>
 実はXmindのデフォルトは次のようになっています。
・セントラルトピック:18ポイント
・メイントピック:13ポイント
・サブトピック:10ポイント

 特にサブトピックが10ポイントだと、A4サイズに印刷するとかなり読むのが厳しいです。(ちなみに先の写真の左側がデフォルトの10ポイントの文字。写真ではわかりにくいと思いますが、虫眼鏡が欲しくなります。)

 そこで、デフォルトの設定ファイルを次のように変更しました。
・セントラルトピック:18ポイント(変更なし)
・メイントピック:13→16ポイント
・サブトピック:10→12ポイント
・フォント指定:システムフォント→Arial Black

 サブトピックを12ポイントにして、フォントの指定もArial Blackを指定することで、太くて読みやすい文字になります。(これが写真の右側の例。ちょっと文字が大きくて濃いのがわかると思います。)
 これで、マインドマップを紙に残して行きたいと思います。そうそう、マップにナンバリングをつけることをはじめてみようと思います。

<今日のXmind使い方情報>
 では、デフォルト設定の変更方法を紹介します。変更するファイルはこれ。パッケージの中身を表示し、以下のファイルを編集します。

インストールディレクトリ:Xmind/Contents/Resources/plugins/
org.xmind.ui.resources_3.0.1.200812152237/
styles/defaultStyles.xml

例えばサブトピックの場合、タグにd="subTopic"と書いてあります。

<style type="topic" id="subTopic" name="Subtopic (Default)">
デフォルト fo:font-family="$system$"
変更後 fo:font-family="Arial Black" ""の中に希望のフォント名に書き換える。

デフォルト fo:font-size="10pt"
変更後 fo:font-size="18pt"

こんな感じです。変更する際は、デフォルトファイルは名前を変更してコピーしておきましょう。

Try103:マインドマップノートをつけよう!
そうだ。作ったマップにナンバリングをしよう。
関連記事

テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

実践コーチングセミナー、やってよかった! | Home | 「有言実行」を考える

コメント

No title

多ぁ忙さんこんばんは。

多ぁ忙さんおススメのマインドマップソフト「iMind」
昨日インストールしてみました。

が・・・
アイコンをダブルクリックしても、変なメッセージが表示されて起動しません。

インストール画面が一度固まってしまったせいかな?
うーん、再インストールしてみます。

2009/01/21 (Wed) 23:21 | Okamura Shuichi #- | URL | 編集
実は、私もWIndowsで苦戦中。

Okamuraさん、こんばんは。
 OkamuraさんはWindowsで困ってます? 現在私はMacBookでXmindを使っています。実は、Windowsでも使いたいと思っているんですけど・・・。
 同じようにインストールできなくて困っています。調べてみるとJava関連のエラーメッセージのようなんですが。必要に駆られてないためか、解決策見つけられていません。
 誰か教えて欲しいです!

2009/01/22 (Thu) 00:36 | 多ぁ忙 #TZpNm4HA | URL | 編集
私もWindowsでだめでした

多ぁ忙さんこんにちは。
おっしゃるとおりWindowsでインストールできません。
正確にはWindowsXP SP2です。

iMindを起動すると、
JVM terminated. Exit code =-1
 :
以下30行くらいメッセージが表示されている状態です。
OKをクリックするとそのまま終了してしまいます。

誰かWindowsでインストールできた方はいらっしゃらないでしょうかねぇ。

2009/01/23 (Fri) 08:01 | Shuichi Okamura #- | URL | 編集
xMindインストールできました

多ぁ忙さんこんにちは。

先日困っていたWindows版のxMindですが、
無事インストールできました。

具体的には、ショートカットのプロパティで「リンク先」欄に以下のパスを追加しました。
こんな感じです。

"C:Program FilesXMindxmind.exe" -vm "C:Program FilesJavajre6binjavaw.exe"

「-vm」以降には、Javaがインストールされているフォルダの「javaw.exe」を指定すればうまくいきました。

さあ、遊ぶぞー!

2009/01/28 (Wed) 15:18 | Okamura Shuichi #- | URL | 編集
おお。起動できましたか!

Okamuraさん、再びコメントありがとうございます。
 私も社内のPCはXPのSP2で動かず状態です。動いて何よりです。情報ありがとうございました。Javaの実行ファイルがうまく指定できてなかったということでしょうか。
私もトライしてみます。次は、Xmind Shareで会いましょう!

2009/01/28 (Wed) 21:10 | 多ぁ忙 #TZpNm4HA | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する