成功法則を分析「史上最強の人生戦略vs7つの習慣」

 先日、Xmindを紹介したときに載せたマインドマップを完成させました。名付けて「成功法則の分析」です。ビジネス書って**の法則とか**の習慣とか**の原則って多いですよね。今日はそんな内容を集めてマインドマップの枝にぶら下げてみました。

 実はこれを考えるきっかけがありました。昨年Amazonの書評に載せた「史上最強の人生戦略」の参考になった評が一気に倍近く増えてきたので??と再度チェックしてみました。

史上最強の人生戦略マニュアル史上最強の人生戦略マニュアル
(2008/09/27)
フィリップ・マグロー

商品詳細を見る

 すると「評価が高い有用性のあるレビュー」に一時的に掲載されていました。その間にクリックが増えたようです。評価いただいた方、ありがとうございました。

 現在の評価:89 人中、52人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

 で、なんでこの話題にしたかというと、予想外にこの本の評価が低いんですよね。7つの習慣と比較して批判的な評価をしているレビューが多く見受けられました。現在のところ、★5つ=10件、★1つ=10件。7つの習慣をベースにいろんな成功法則について考えてみました。私の結論はやはり★5です。「人生戦略」という視点からいろんな角度で触れられており、自分の姿勢について考えさせてくれる一冊です。多ぁ忙の評価に賛同いただける方はぜひクリックお願いします。
<選んだ書籍>
1.史上最強の人生戦略

 人生を戦略的に成功へ導くための「人生の10の法則」が語られています。様々な戦略的人生設計を経験してきたノウハウが紹介されています。

2.7つの習慣
7つの習慣―成功には原則があった!7つの習慣―成功には原則があった!
(1996/12)
スティーブン・R. コヴィージェームス スキナー

商品詳細を見る

 ビジネス書のバイブル。私的成功、公的成功に加え、その両者を磨き続ける習慣を「7つの習慣」として語られています。

3.非常識な成功法則
非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣
(2002/06)
神田 昌典

商品詳細を見る

 神田正典さんが凡人時代から成功をつかんだ経験をベースに一見、非常識に見えるが極めて常識的な「8つの習慣」が語られています。

4.すごい考え方
すごい考え方すごい考え方
(2005/12/01)
ハワード・ゴールドマン

商品詳細を見る

 こちらは成功法則の本ではありませんが、7つの習慣に出てくる「パラダイム・シフト」と共通した考え方が紹介されており、その相関性について考えてみました。

5.リー・ミルティアの「成功のプログラミング『新しい自分を作る10の秘訣』」
 こちらはオーディオブックです。潜在意識を活用する手法として「10のコンセプト」が語られています。

<史上最強の人生戦略 vs 7つの習慣>
 5つの書籍をマインドマップにして眺めてみると、やはり7つの習慣の内容の濃さがよくわかります。7つの習慣では私的成功の上に、公的成功がなりたつ。とあり、主体性の発揮からはじまり、相乗効果というコミュニケーションを活用し、自分も相手も成功をおさめる取り組みについて触れています。ここで「私的成功」に関する部分を黄色、「公的成功」に関する部分を赤色の枠で表現してみました。その面積に着目してみると、

・史上最強の人生法則「私的成功」にフォーカスを当てた内容
・7つの習慣 「私的成功」と「公的成功」の内容がほとんど同じ量


 こんな特徴が見えてきました。Amazonレビューでの批判的な意見には「第1の習慣=主体性を発揮する」の内容しかない。といった辛口評価もありました。

 7つの習慣の「公的成功」については、コーチングに関連した内容が多く、「すごい考え方」に出てくる後半の内容に相関がありました。

 つまり、「成功者の法則」の本には2通りあって、自分の立場にテーマを絞った内容なのか、周りのコミュニケーションも含めて、自分+相手という立場で語る内容なのか大きく分かれると思います。
 文章の構成としても、7つの習慣は7つのステップにそれぞれ関連性をもたせながら説明がされているので非常にわかりやすいです。このあたりを「史上最強の人生法則」に照らしてみると、ちょっと内容の構成がわかりづらいかも。

 それでも私が★5つをつけた理由は「人生戦略をいかに構築するか」というテーマに絞った内容であり7つの習慣よりも具体的な取り組む姿勢について説明されているからです。特にひとつあげると「見返り」の考え方。

  • これは確かに史上最強の人生戦略マニュアルだ。

  •  自分がネガティブな行動に逃げるとき、それは「見返り」を得ていることに起因します。その「見返り」を認識することで、自分の行動を変えることができる。さすが心理学者のとらえ方です。


    多ぁ忙Map No.0004(書評を追加して更新)

    <今日のXmind使い方情報>
     今日のマインドマップには4つの書評を入れております。あまり長い文章はマインドマップには適さないので、「コメントアイコン」をクリックすると画像のように文章が表示される機能を使ってみました。マインドマップ上に不要な文章はこのような使い方が便利です。

    Xmindコメントサンプル

     Xmindのインターネット共有を使ってみて、気づいたことがあります。「マインドマップの公開」のスタイルを大きく変えてくれるシステムであることがわかりました。
     従来マインドマップをブログに公開することは、画像の公開を意味していました。ところがこのXmindには、ハイパーリンクの機能があったり、今日紹介したコメント機能、あるいは複数のシートへのジャンプなどのインタラクティブな機能があります。これは画像の共有では失われてしまいます。そこでXmindの元データもアップロードして共有しようというのがこのインターネット共有の新しい考え方です。
     興味持たれた方は、マインドマップ下の「ダウンロード」をクリックして、実際にファイルを開いてみてください。そうすると先に紹介したインタラクティブな機能がそのまま利用可能となります。すごいです。Xmind!!

  • Xmindの共有ページはこちら

  • Try98:Xmindのデータ共有を活用しよう!
    Xmindは新たなマインドマップ共有の世界を提供してくれる!!
    復習 Try91:ブログでソフト使い方情報を公開していこう

    関連記事

    テーマ: ビジネスブログ | ジャンル: ビジネス

    Xmindの「Share」を紹介 | Home | 「あいさつレス」職場を追放しよう!

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する