IT業界をリードする2社に着目「アップルとグーグル」

 Macユーザーであり、Gmailやグーグルマップを利用する私にとって、この本はとても興味ひかれるタイトルでした。「アップルとグーグル」です。
 IT業界をリードするこの2社の共通点、相違点に着目した一冊です。いろいろと知らなかったトピックもあり、幅広く楽しめました。さらにApple製品、Googleソフトが好きになりました。

アップルとグーグル 日本に迫るネット革命の覇者アップルとグーグル 日本に迫るネット革命の覇者
(2008/04/21)
小川 浩林 信行

商品詳細を見る

<目的>
・成功のポイントは何か?
・自分が取り組むべきことがないか?

 IT業界にはマイクロソフトという強力な企業がいます。しかし、真正面で勝負することなく、独自のアイデンティティや、テクノロジーによって注目されている企業がこの2社だと思います。その強さ、成功の秘訣、そんなことが垣間見れたらと思い読んでみました。
 成功のポイントは、次に紹介する共通点にあるように思います。

<共通点>
・夢を描く → それを夢で終わらせない活動へ
  Apple:砂を入れればパソコンが出てくる
  Google:月の研究所
・他社との比較を嫌う → 絶対的評価
・5年先10年先の戦略 → 変化の早いIT業界では困難
・革新的製品 → それまでの常識を覆す

 強烈にインパクトがあったことは「夢」という言葉です。夢って夢見るだけでは、夜中に見る夢と同じです。この2社が描く夢には現実への道を引いているところがすごいですね。Googleは4/1に毎年Webページに「月に研究所設立」とか「恋人検索システム」とか「人の頭の検索システム」などジョークを出してきたそうです。これはジョークだけではないようです。GLunarプロジェクトといってロボット探査機を月に送るプロジェクトをスタートしているそうです。今年の4/1にも注目したいですね。

 先日紹介した「Revolutionary Products by Apple」ではiPod/iPhoneなどの革新的製品について触れましたが同じようにインターネットの使い方を大きく変えたのがGoogleです。

<相違点>
 一方相違点で注目すべきキーワードは次のような言葉が出てきました。
AppleGoogle
サービス:有料/無料
特徴:デザイン/機能
強み:ブランド/テクノロジー
起点:インターネット以前の企業/後の企業
原動力:ジョブス/ミッションステートメント
例えると:ポルシェ/道路
例えると:蛇口/水道管
例えると:どらえもんのポケット/ポケットの中身

 例えがなかなか面白い表現です。アップル製品はポルシェだと。シェアは大きくないが、デザイン、機能が洗練されていて高価な付加価値を与えている。まさにブランド力が大きいということです。一方、Googleは効率の良い高速道路をどんどん整備していくようなもの。そしてインターネットの使い方に関してはハード+ソフトを提供するAppleをどらえもんのポケットと表現し、ポケットから必要なアイテムを瞬時に取り出せる中身をGoogleと表現しています。
 私はAppleのブランド製品を使って、ドラえもんのようにインターネットから欲しいものがすく手に入る環境にいるんだというなんだか幸せな実感を得ることができました。

<行動>
 さて、こんな注目される2社から学ぶべきポイントがないか考えてみました。やっぱり「夢を描くこと」ですね。といってもなかなか壮大な夢を描くってけっこう難しいと思います。もうひとつ気に入った言葉がありました。Googleの企業理念にある言葉です。

「Google製品は永遠のベータ版である」
 つまり改善しつづけることを示しています。現状に甘んじることなく継続的に改善する努力をすること。これは自分もやっていきたいです。改善したいテーマはいっぱいあります。

・ブログの書き方 もうちょっとスマートな統一感を出したい
・マインドマップの描き方 自分のスタイルを構築したい
・仕事の進め方 より効率的に
・部下の教育 コーチングのスキルアップ


 などなど、今後も「永遠のベータ版」を念頭に改善をやっていきたいです。こうやって文章を書いてみると、読書マップを描いてから、記事を書く。このやり方よりも最後にマインドマップをまとめた方がいいかもと思いました。記事を書くことは自分の考えをより具体化していってくれるので、マインドマップの枝ももうちょっと描き加えたくなります。


多ぁ忙Map No.0008

<今日のXmindの使い方情報>
 今日のマインドマップでは「フローティング中心トピック」という要素を使ってみました。上の方にある「インターネット戦略」というノードです。直接セントラルイメージの枝にはつながらずフローティングされた要素としてさらにそこから枝を表現ができます。関連性を点線でつないでみました。
 先日の「Xmindのドラッグ&ドロップ」で書きましたが「マップスタイル」を自分流に保存できればという要望はXmindProでサポートしているようです。

Try93:夢を描こう!そして実現への道を引こう。
かなり漠然的ですが、とても大切なことです。
Try94:読書マップ、ブログとも自分のスタイルを構築しよう。
日々の継続から改善点は見えてくる。そして継続的な改善を行う。
関連 Revolutionary Products by Apple
復習 Try88:脳を記憶よりも知的生産術に活用しよう!
復習 Try61:新たな取り組みに5%以上の時間をとる
関連記事

テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

ビジネス書のバイブル「7つの習慣」 | Home | タイムマネジメント講座

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する