マインドマップを読書に活用!

 今日のマインドマップは読書への活用について描いてみました。いろんな書評ブログで読書のマインドマップを拝見させていただきましたが、どう描くべきかいまいちよくわからず、踏み込めませんでした。

 踏み込めないもう一つの理由が先日読んだ「マインドマップが本当に使いこなせる本」にあったカラフルなイメージで、かつ大きな紙に描くべし!という内容。
 パソコンソフトを使っては、なかなか手描きのりっぱなマインドマップは描けません。そんな「りっぱなマインドマップ」をイメージしすぎていたようです。

 というわけで、この本を読んでみると、無意味な悩みだったということがわかりました。

マインドマップ読書術―自分ブランドを高め、人生の可能性を広げるノウハウマインドマップ読書術―自分ブランドを高め、人生の可能性を広げるノウハウ
(2005/01)
松山 真之助

商品詳細を見る

  • 松山真之介さんの運営する読書マップ倶楽部はこちら

  •  そんなふっきれた私の脳から描いたマインドマップはこんな感じ。
    マインドマップ読書術を読んで描いたマインドマップ


    多ぁ忙Map No.0005


     マインドマップの良さはなんとなくわかってきました。そこで、読書への活用をしようと思いたったんですが、諸先輩方のりっぱなマインドマップのイメージが強くて、どうすべきか迷っていました。

    <本書を選んだ目的>
     そんな迷いを吹っ切るために、こんな目的を掲げてみました。
    1.マインドマップを読書にどう活かすか?
    2.マインドマップをより理解する
    3.自分の読書法をバージョンアップ


    <本書が勧めるマインドマップ=読書マップ
    1.マインドマップで図解しよう

     本は著書のものではなく、読者のものだと。マインドマップに描くことで、知恵の図解ができる。本は知恵のため材料というわけです。
    2.まずは描こう
     本に書いてあることをまとめる必要はない。自分が考えたこと、応用、思いつきなどを描くべし。たくさん描く必要もない。気づいたことを図解するだけ。
     ということで、本書に出てくるマインドマップは実にシンプル。でも濃い内容。今までのカラフルで細かいマインドマップのイメージとは大きく異なるものでした。なるほど、こんなマインドマップもあるのかと。とっつきやすいイメージが沸いてきました。

    3.継続して描く
     継続は力なり。著者は普通の社会人から読書マップ、メルマガを継続することで大きな成功を収めたひとです。継続から人脈を増やし、ビジネスチャンスをつかむ。そんな仲間がたくさんいるそうです。現在は本の執筆、講演、コンサルタント、大学の助教授と活躍の幅を広げています。

    <行動への結びつけ>
     目的に掲げた1,2については得られました。3について今後読書マップを継続して自分のスタイルを見つけていこうと思います。
     というわけで、今回のトライは以下3項目を実践していきたいと思います。

    1.目的を持って読書する(フォーカスリーディング)
     以前、「Try50:TPOを設定した読書を実践する」で宣言したTPOができてないことに気づき、今後の読書マップを描くときに必ず「目的」を入れていこうと思います。

    2.読書マップの継続
     継続することで、「個人ブランドを構築する」というメッセージがずしっときました。そういえば「あなたの話はなぜ「通じない」のか」の本を読んで、こんな宣言もしていました。「Try28:自分のメディア力を上げる」。読書マップを継続して、私もメディア力をあげていきたいです。

    3.特大メモの活用
     私も付箋紙をつけたりして、本を読みおわったらその部分のメモをとる。ということをやっていましたが、なんかもったいないような気がしてきました。
     どうせメモするなら、マインドマップに起こした方が価値あるんじゃないかということ。
     さらに、「特大メモ」というアイデアがピンと来ました。本と同じくらいのサイズの紙をしおり代わりに使います。その紙にどんどん気づいたことを書く。それを読み終わったときにマインドマップの描く。これを実践してみたいと思います。
     そのとき思いついたことって、そのときにメモしないとあっという間に消えてなくなってしまうんですよね。そんな経験をたくさんしてきたことを思い出しました。

    Xmindの追加情報>
     昨日紹介したXmindを使い、さらに楽しくなってきました。今日はもうひとつ特徴をお伝えします。ブラウザ機能の連携です。

    Xmindのブラウザ機能

     画面左の領域には、このブログが表示されています。マインドマップ上にハイパーリンクも追加できるので、Xmindの中だけでWEBサイトが確認できます。マインドマップをアップロードした結果も同様にXmindの中だけ閲覧することができます。なかなかのすぐれものです。

    Try90:読書にマインドマップを活用しよう
    読書マップを継続し、自分のメディア力をあげよう。
    復習 Try50:TPOを設定した読書を実践する
    復習 Try28:自分のメディア力を上げる
    復習 Task9:自分にあった読書術を構築する 01/01完了
    関連記事

    テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    GET SMARTSな目標をマインドマップで | Home | マインドマップはXmindで。

    コメント

    マインドマップと読書

    多ぁ忙さん、こんばんは!
    そして、今年もよろしくお願いします。

    やってますね!マインドマップ♪
    ホント、素晴らしい行動力ですね。
    良い刺激をありがとうございます!

    マインドマップと読書は、とっても相性が良いです。
    私も読んでいる本の殆どはマインドマップにするように
    しています。マップを作りながら本を読むんですけどね。
    スケッチブックがどんどん貯まっていってます。(^^;)

    本の内容は忘れてしまっても、マップをみたら
    そのポイントだけは思いだせるのでとっても便利です。
    本は、読んだら処理しちゃいますが、その覚悟ができるのは
    マインドマップが残っているおかげです。(^^)

    2009/01/05 (Mon) 21:57 | テリー #XRms3ZI6 | URL | 編集
    やっぱりスケッチブックですか。

    テリーさん、コメントありがとうございます。
    やっぱりスケッチブックに手描きですか?すごいです。
    なるほど。マインドマップが残れば本がなくても安心なんですね。

    私はまずは続けること。出来映えはさておいて。なので手軽な
    ところから続けられるレベルでやっていこうと思います。

    2009/01/05 (Mon) 23:24 | 多ぁ忙 #TZpNm4HA | URL | 編集
    あけましておめでとうございます

    いつもコメントありがとうございます。
    ここのところ更新せずご無沙汰しておりました。

    マインドマップ始めたんですね。
    僕もオンライン版のマインドマップを使ってますよ。
    http://www.mindmeister.com/

    以前紹介されていた勝間和代さんの本を何冊か正月によみました。
    その中でも読書とマインドマップについて書かれていましたね。

    読んだ本の内容を思い出すのに目次を活用してましたけど、なるほど、マインドマップがいい感じですね!

    2009/01/06 (Tue) 02:09 | Jobjoy #9PKObetc | URL | 編集
    Jobjoyさん、コメントありがとうございます。

    コラボレーティブ・マインドマッピングを紹介いただきありがとうございます。Webサイトチェックしてみました。一度使ってみたいと思います。
    ブログへの書き出しとか、PDFファイルのエキスポートとかが興味そそられます。

    マインドマップって自分で描いてみないとメリットとかわかりませんよね。今回はそれを強く感じました。

    2009/01/06 (Tue) 21:14 | 多ぁ忙 #TZpNm4HA | URL | 編集

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する