おお。これがMacBookか。

 今日はちょっと話題をかえてMacBookの紹介です。いままでずっとPowerMac G4を使ってきました。かれこれ7年経ちます。
 最近のMacはIntel CPUを使っており、ソフトの互換性で買い替えを躊躇していました。しかし、この10月に新しいMacBookがデビューし、そのデザインや先進性に取り憑かれてしまいました。

 そんなわけで買っちゃいました。ジャーン。
MacBook

<衝撃的な出会い>
 Macintoshは学生時代からずっと使っています。いろいろ買い替えてきましたが、かれこれ15年。学生の頃に初めて買った自分のパソコンはPowerbook180cでした。確か30万円近くしたと思います。当時めずらしかったTFTの液晶ディスプレイは8.7インチ。今思うとクルマのナビくらいのサイズでした。ノートといってもけっこう厚みがありました。
 その後は、ずっとデスクトップを使ってきました。そして今回はIntel CPUになったために使えなくなるソフトが出てくるため、買い替えではなく、買い足しに踏み切った訳です。久々に軽いノート型も欲しかったし。

MacBook梱包
 まず、梱包ケースからビビりましたね。きれいな印刷された箱をあけると、ウレタンで保護された内装。本体や付属部品は透明なフィルムでカバーされていました。

<起動してみると、さらに衝撃>
 聞き慣れた起動音「ジャーン!」と電源ボタンを押すと聞こえてきました。そして・・・
 音楽とともに、動画が出てきましたよ。最初の画像です。

<取り憑かれた先進性>
1.MacBook Airにせまる小型軽量アルミボディ
 従来のMacのノート型は大きくて重かった。Airは特別に軽く、薄く作られていますが、高いです。でもそれに近づいた新しいMacBook。アルミボディなので剛性も高く、薄いディスプレイ部を動かしてもしっかりしています。

2.マルチタッチトラックパッド
 iPod touchで既に利用している機能ですが、ノートPCにも搭載してきました。他のメーカーにはない機能であり、パッド部分も非常に大きくて使いやすいです。
 ただし、若干動作が鈍くなるときがあるんですよね。ちょっと不満。

3.ボタンのないトラックパッド
 トラックパッドには2ボタンが一般的ですよね。でもMacBookにはボタンはありません。パッドがガラス製で、それ自体がクリックできるような機構になっています。ちょっとクリックが重いですが、設定でパッド部分でクリックすることも可能。

4.キーボードバックライト
 Magセーフ
 写真のキーの脇からもれる光をみてください。かっちょいい。文字光ってうすくらいところでもキーボードが見えます。こんなに明るくなくてもいいんですが・・・。

5.Magセーフ電源
 これ、最初はなんのことかわかりませんでした。電源コードのカプラ部が磁石になっているんです。なので、足でひっかけてもカプラを壊すことなく外れるというしかけ。なるほど。

 さて、ここまで新MacBookで書いてきましたが、いろいろと不都合もたくさんあります。今まで使っていたソフトがいろいろと使えなかったりするので、今も日本語入力キーが慣れず苦戦中。
 まあこれからいろいろといじっていきたいと思います。

Try77:MacBookを使いこなそう!
これで、外出先でもブログが書けるぞ!
関連記事

テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

P&Gに学ぶ人材教育システム | Home | 質問会議はコーチングの発展型だった

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する