FC2ブログ

振り返りと次のアクションへ

 SIMふなばし2030の3回目のレポートでは全体の振り返りについて紹介します。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

  • 第3回 Simふなばし2030 体験会

  •  前回レポートしたように、このシミュレーションゲームではまちづくりの15年をたった3時間で体験するというものです。

     表現するならば

    「楽しい×苦しい×学び=達成感」

     こんなイベントでした。
     
    1.SIMふなばし2030って?
    2.市政15年間を圧縮体験してみた
    3.振り返りと次のアクションへ(本日の記事)


     今回のレポートでは、ゲーム終了後の振り返りと、次に向けたアクションについて紹介していきます。

     これはクロージングの際に、みなさんから一言もらっているところです。

    simふなばし13

     今日のスキーマです。

  • Scheme706:何かをやりたい!って声をあげると、あっという間に実現するのが今の世の中である。

  • 市政15年を振り返る


     ゲーム終了後に、市長からの問いかけがありました。

    「2032年に我が市を理想のまちにする」

     この公約のもと、自分達は「理想のまち」に近づけたのか?ってことです。

     初期から10年間の企画財政部長を務めた私にとって、この問いが突き刺さりました。

    「まずは地方債をなるべく発行しないように考えよう。」
    「与えられた選択肢は、両方できないからどちらかにしよう。」
    「事業廃止の正当な理由をなんとかひねり出そう。」


     これらが頭の中を支配しており、「理想のまちづくりのため」の議論はどこへいったのやら・・・。

     結果的に我が市の「学びから生きがいへつながるまちづくり」は市長には採用されませんでしたが、グループ内で振り返ったときには納得のいく提案につながったと実感しました。

     きっかけとなる専門職大学からまちづくりがスタートし、それを発展させてきたストーリーが見えてきたことが成果です。

     時間的なプレッシャーは非常に大きく、かつ準備がままならない状態で市議会への提案をする・・・。

     こんな状況って、実は日常の職場にもよくあること。いろんな意味で反省が見えてきた体験となりました。

    simふなばし14

     終了後はこんな感じで、さらに盛り上がっていました。

    SIM熊本からはじまったムーブメント


     このシミュレーションゲームは2014年1月に熊本からはじまったそうです。以下に詳細がまとまっています。

  • https://www.vled.or.jp/symposium2015/training/sim_KUMAMOTO.pdf

  •  一部引用させてもらいます。

    ・ 熊本県庁職員の自主活動グループ 「くまもとSMILEネット」が平成25 年8月から約5ヵ月で自主開発した、 2030年問題を体感する「対話型自治 体経営シミュレーションゲーム」。
    ・ 今後直面する課題について、対話の中 で解決策・方向性を導き出していくもの であり、自治体職員・まちづくり関係者等 の間でSIMファンが増加中。

     準備には5ヵ月もかかっているんですね。この内容が話題となり、各地にムーブメントが飛び火しました。

     次に紹介するのがSIMちば2030です。2016年の4月にはじまっています。

     こちらはゲームの様子を詳細にレポートされています。ぜひ読んでみてください。

  • 幹部に成り切り予算編成 まちづくりゲーム体験記

  •  ここに参加された方が今度は船橋でやろう!ということで、SIMふなばしが2018年の1月に実現しました。

     ならば・・・。

    「その次は、宇都宮に持ってきたい!SIM宇都宮2030だぁ!!」

     と勝手に妄想しはじめていく私の頭の中。

    次はSIM宇都宮2030へ


     非常に楽しく、苦しく、けど学びの多い体験を得ることができました。そこで帰りの電車の中で、宇都宮の仲間に報告したところ、「ぜひ宇都宮でもやりたい!」っていう声がすぐに集まりました。

     なんと翌日には「SIM宇都宮2030実行委員会」を5名で結成。

     そして3日後にはSIMふなばしのメンバーからSIM宇都宮をサポートしてくれる応援グループが結成。

     さらに1週間を待たずして「SIM宇都宮2030キックオフ会」が7/14(土)に開催することとなりました。

     1週間が経って、ようやくこのレポートを書いている間に、いろんなことが動きだし、ここまでくるとは思ってもみませんでした。

     何かをやりたい!って声をあげると、あっという間に実現するのが今の世の中なのかもしれません。

     もしSIM宇都宮2030の実現にご協力いただける方がおりましたら、メッセージください。お待ちしております。

    simふなばし_グラレコ
    多ぁ望Map No.0310


  • Scheme706:何かをやりたい!って声をあげると、あっという間に実現するのが今の世の中である。
  • 関連記事

    テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    ワクワク3.0を体感しよう! | Home | 市政15年間を圧縮体験してみた

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する