FC2ブログ

メインファシリテーションとグラレコの両立

 この週末はグラレコ実践会を開催してきました。 こんにちはAha2ファシリテーターの多ぁ望です。

 前回までビジュアルファシリテーションフォーラムのレポートを紹介し、5回目には今回の「グラレコ実践会」の告知をしていました。

 こちらのイベントです。

  • グラフィックレコーディング実践会 in 宇都宮 第2章

  •  この企画は「実践会」という名前のとおり、グラレコの経験者を対象に、自ら描く機会を提供しようという場です。

     グラレコ勉強会とは違って、講師はおりません。

     参加者全員がお互いに先生になって欲しい。そんな想いで開催しました。

     以下の予定で紹介していきます。

    1.メインファシリテーションとグラレコの両立(本日の記事)
    2.グラレコの7要素から分析する
    3.ビジュアル言語でグループ対抗
    4.なぞのマラソンランナーから見えたこと
    5.ビジュアル言語で楽しむ楽描き会へ


     今回の実践会でメインファシリテーションをやりながら、描いたグラレコがこちらです。

    グラレコ実践会2

     イベントそのものはとっても楽しかったんですが、このグラレコを完成させるのは、けっこう大変でした。

  • Task184:グラレコ実践会第2章を開催する。続けるためには筋トレを共に楽しむ仲間が必要である。2017.11.04完了。

  • グラレコ実践会第2章のプログラム


     グラレコ実践会第2章とあるように、第1章は昨年行っています。

     そのときのコンテンツをベースに、先日参加したビジュアルファシリテーションフォーラムで学んだことを反映し、展開していきました。

     全体のプログラムはこんな感じ。

    1.オープニング(10:00)
      今日のアクションプラン
      ビジュアルファシリテーションフォーラム2017
      パフォーマンス・グラレコ(個人ワーク① 10分)

    2.クリエイティブ・コンフィデンス(11:00)
     デザイン思考の好事例
     マインドセットを切り替える
     VFFのお手本から見つけるグラレコTIPS(グループワーク① 10分)

    3.グラフィック・コンフィデンス(11:30)
     記憶スケッチアカデミー(個人ワーク② 20分)
     昼食(12:30)
     グループワーク②(ワーク④ 90分)
     グループワーク③(90分)

    4.クロージング(16:00)

     実際には最後のグループワークが伸びて、終了が17:00となりました。

     今後のレポートで詳細を取りあげていきます。

    メインファシリテーターの心境と心がけ


     さて、初回で書き残しておきたかったことは、自分自身の心境の変化です。

     オープニングでは「今日の望む成果」をそれぞれに発表してもらいました。

    「グラレコはぜんぜん実践できてないんですが、この場でしっかり練習してみたいです。」

    「絵心はまったくないんですが、グラレコを理解してみようと思っています。」

    「皆さんには到底およびませんが、楽しませてもらいます。」


     なんかよく聞くセリフだと思いませんか?

     こんなとき私は必ずつっこみます。

    「セルフイメージを下げる前置きはいりませんから。」

     って。

     この自己否定の癖は謙遜を重んじる日本人の悪い癖です。自ら自分のイメージを否定してしまうと、その後の行動にマイナスの影響を与えてしまいます。

     逆にプラスのイメージをもっておけば、それに意識はひっぱられて予想以上の成果を出すことが多くあります。

     なのでこんな風にはじめて欲しいのです。

    「皆さんと練習すれば、もっと素敵なグラレコが描けそうなので、一緒に楽しみましょう。」

     さて、今度は私自身の心境について紹介します。

     多ぁ望も常に自信をもっているわけではありません。日々、頭の中ではもうひとりの自分と戦っています。

     今回も真っ白な模造紙を貼りだし、実践会がはじまると、こんな心境になっていきます。

    「模造紙は貼ったけど、いつになったらグラレコに着手できるだろうか?今回は全然描くヒマが取れないんじゃないだろうか?せっかくの実践会がうまく描き残せないんじゃないか?」

     これもひとつの自己否定です。

     例えば、グラレコ勉強会の講師陣は常に3人体制でセミナーを開催しています。メインファシリテーターとテクニカルアドバイザー、グラフィックレコーダーという3人です。

     ところが今回は多ぁ望がこの3人分をひとりでこなすこととなります。さらにタイムキーパーなども。

     そんなことができるのか?という不安は常にまとわりついてきます。

     終わってみると、毎回そんな不安はいつの間にか消えており、完成したグラレコを見ながら、一部反省もしながら、充実感に浸っている自分がいるのです。

     それなら学習によって、自信がつけば良いと思うのですが、この不安はなかなか切り離せません。

     でも、ある程度描きはじめると、徐々に不安は遠のいていくものです。まずは描き出すこと、そこから自分のペースが生まれてきます。

     このように動き出す自信を持つこと。これが

    「グラフィック・コンフィデンス」

     です。これについては第3回目で取りあげます。

     今回のグラレコには反省点がクリアになってきました。次回はそのあたりを報告します。

    グラレコ実践会1
    多ぁ望Map No.0298


     今日のタスク宣言です。

  • Task184:グラレコ実践会第2章を開催する。続けるためには筋トレを共に楽しむ仲間が必要である。2017.11.04完了。

  • 関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    グラレコの7要素から分析する | Home | グラレコからビジュアルファシリテーションへ

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する