FC2ブログ

そして続けられるグラレコへ

 さてグラレコ勉強会のレポートが5回目となりました。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

  • グラフィックレコーディング勉強会 in 宇都宮 第3弾

  •  第3回目のグラレコ勉強会のテーマはこちらでした。

    「まずは始める。そして続けられるグラレコへ。」

    1.グラレコ勉強会「チャレンジ編!」のねらい
    2.リアルタイムグラレコのジレンマ
    3.グラレコでチームワークを加速しよう!
    4.ペンが滑るようになった瞬間
    5.そして続けられるグラレコへ(本日の記事)


     どうやったらグラレコを身につけられるのか?

     どうやったらグラレコの練習を続けられるのか?

     そんなことを最終レポートでは書いていきたいと思います。

    グラレコ実践会

     続けるためには実践あるのみ! というわけで11月に実践会を行います。

  • グラフィックレコーディング実践会 in 宇都宮 第2章

  •  実践会に参加して、続けられる自信をつかみましょう! 皆さんのご参加お待ちしております。

     今日のタスク宣言です。

  • Task184:グラレコ実践会第2章を開催する。続けるためには筋トレを共に楽しむ仲間が必要である。

  • まず始める


     グラレコに限らず、セミナーや研修に参加すると多くの方は終わったあとにこんな気持ちになると思います。

    「いいことを教わった。明日から学んだことを使っていこう!」

     では、翌日が過ぎて

     1週間が過ぎて

     1ヵ月が過ぎだとき、改めてそのセミナーを受けたことを思い出したとします。

    「あ、そういえばそんなこともあったなぁ。」

     と、ぜんぜん使ってない自分に気づくことは経験しているんじゃないでしょうか。

     あるセミナー講師からこんな言葉を聞いたことがあります。

    「セミナー会場の出口には魔法がかかっている。その出口を通り過ぎると、すべてを忘れる。だからセミナー業界は成り立つのだ。」

     まあ極端な表現ではありますが、あながち間違ってないとも思えます。

     ここで大切なことは「小さな一歩」です。

     「まず始める」という経験をセミナーや研修で得たとします。今回のグラレコ勉強会もそうでした。

     個人ワーク、グループワークを通して、グラレコの面白さ、有効性を体験できたと思います。

     勉強会の最後には各グループごとに、明日からどのように使っていくかを発表してもらいました。

    グラレコ第3弾チャレンジ編15

    グラレコ第3弾チャレンジ編16

    グラレコ第3弾チャレンジ編17

    グラレコ第3弾チャレンジ編18

     でも、それだけでは「始めた」ことになっていません。

     魔法の出口を通り過ぎてから、自ら「始める」ことに大きな意味があります。

     ほんの少しでもいいんです。自分が使いたい目的に使ってみること。

     例えば、いつも箇条書きに書いてきたノートに、図解を加えてみるとか。

     そんな小さな一歩から次の一歩が見えてくるものです。

    そして続けられるグラレコへ


     魔法の出口を通り過ぎて、小さな一歩が踏めたとします。

     その一歩を少しずつ延ばしていくためには、モチベーションが必要です。

    「あ、なんか自分にも描けた!」

    「図解を使うことで、いつもより上手くまとまった!」

    「イラストを加えたらノートを見るのが楽しくなった!」


     このようなワクワク感とか、達成感、楽しんでいる感がモチベーションを高めてくれます。

     そのエネルギーは、もっと上手くなりたいという気持ちを持ち上げてくれます。

     それをさらに持ち上げてくれるのは、すばらしいお手本を見ることです。

     グラレコ勉強会に参加していつも思うことは、講師の描くお手本を見て「すげー!」とか「あんな風に描きたい!」という気持ちになります。それが私の実践へのエネルギー源になっています。

     そんなグラレコのスゴ腕をもったビジュアルファシリテーターが集うイベントが開催されます。

     今回来てくれた講師の方々も登壇してくれます。

  • ビジュアルファシリテーションフォーラム2017 〜描くことで開かれる道〜

  •  このようなイベントで、自分のモチベーションを高めていくことが「続けられるグラレコ」への大きなエネルギー源となります。

     興味持った方、ぜひ一緒に行きませんか?

     グラレコ実践へのモチベーションが一気に高まるに違いありません。

  • Task184:グラレコ実践会第2章を開催する。続けるためには筋トレを共に楽しむ仲間が必要である。
  • 関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    7つの習慣をゲームから読み解く | Home | ペンが滑るようになった瞬間

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する