最新コミットメント

LEDプロジェクターを導入

 プロジェクターって持っていますか? こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

 久々にIT活用術のコーナーの記事を書いてみたいと思います。

 ITとは言えないかもしれませんが、プロジェクターのお話です。

 かつてプロジェクターって数十万円もする高価なものでした。学校や会社にはあっても、個人で持つなんて考えられませんでした。

 数年前には家電量販店には「シアタールーム」というコーナーがあって、音響システムと合わせて、ハイビジョン画質の高価なプロジェクターが並んでいたものです。

 その後、家電量販店でもプロジェクターは全然見られなくなってしまいました。

 50インチを超える大型TVの価格が下がり、一気に普及してきたからです。

 私が買ったものはこちらです。



プロジェクター2

 今日のトライ宣言です。

  • Try437:LEDプロジェクターを導入してみよう。目的に応じた性能を選ぶのがポイント。

  • 選ぶのが大変な時代


     私は勉強会やワークショップなどを主催するたびに、プロジェクターを借用してきました。ときにはレンタル料金を払ったり、あるいは持っている友人から借りたり。

    「10万円以上もするものはちょっとすぐには買えないなぁ・・・」

     と思っていました。

     しかし、あっという間に技術は進歩するものです。

     現在はLEDプロジェクターというジャンルで検索するとものすごいたくさんヒットします。そして信じられないくらい安いモノもあり。

     Amazonに出てくる商品の代表例を紹介します。あくまでこんなものがあるよという紹介なので、私が使ったことがあるわけではありあません。グレーの部分は商品紹介からの引用です。

     いくつか判断基準を紹介しておきます。

    1.とにかく安さ重視 4998円なり。


    ハイビジョン画質:イメージングテクニック:TFT、光度:400ルーメン、対比度:500:1、ネイティブ解像度:320*180(RGB)、支持フル解 像度:1080P、手動でピントを調整でき、最鮮明な画像を見ることができる。
    高品質ピントが合って像を結ぶ、手動フォーカス、投影距離:48cm-243cm、投影尺寸:12-66inches

     このレベルの商品で「満足しました!」っていうレビューはとても少ないです。ポイントは400ルーメンと表記されている明るさです。昼間のプレゼンテーションなどに利用するためには3000ルーメン以上が必要と言われています。
     もうひとつは解像度です。320×180は画質が粗くて、小さな文字はつぶれてしまいます。この2点は注意しないと後悔します。

    2.コストパフォーマンス重視 7990円なり。


    1500ルーメン 1080PフルHD対応 800*480解像度
    普通のミニプロジェクターより50%明るいです。1080P対応の高解像度のミニプロジェクターです。最大1000:1の高ダイナミックコントラストを実現します。高品質の映像や音楽を投写できます。
    【台形補正】台形補正機能が縦に±15度の調整も簡単に行えます。簡単に高品質の映像や音楽を投写できます。マニュアルフォーカスすると、投影された画像サイズは最大170インチまで調整することができます。
    【ミニサイズと大画面の投写ができる】サイズは187*149*77mm、重量は950gのミニデザインで、持ち運びやすいです。投射サイズは32インチから170インチまで対応できます。

     友人からオススメしてもらったモデルです。1500ルーメン以上あれば夜間なら十分な明るさです。800×480の解像度もプレゼンテーションなどのはっきりした画像なら十分に判断できます。
     投影サイズが書かれていますが、この表記には注意が必要です。170インチまで対応とありますが、実際にはプロジェクターからスクリーンまで5mの距離が必要です。もし5m話したら、その分明るさも落ちてきます。おそらく実用には耐えられず、100インチあたりが限界かと予想します。

    3.そこそこ性能重視モデル 18990円なり。


    「高解像度」1280 * 800、1080P HD対応の高解像度のミニプロジェクターです。アスペクト比16:9と4:3、最大の明るさは3200ルーメン、普通のLEDプロジェクターより明るいです。
    「大画面」映写サイズは32から200インチできます、映写距离1.1〜6m調整可能、台形補正±15度も簡単に調整できます、高品質な大画面を体験できるとともに、目にもやさしいです。
    最大3000:1の高ダイナミックコントラストを実現します。高品質の映像や音楽を投写できます。内臓ステレオスピーカーが設置されます。

     私が選んだモデルです。理由は解像度が1280×800dotであること、明るさが3200ルーメンであること。この2点です。その代わり犠牲になるのはサイズが大きいことです。でもステレオスピーカーがついてたり、十分な性能と感じています。詳細は次のパートで紹介します。

    4.ホームシアターモデル 105,976円なり。


    明るさ:全白・カラー 3,200 lm
    リアル解像度:WUXGA(1920×1200)
    その他:3LCD、ピタッと補正、無線LANユニット内蔵
    LCD搭載でカラーが明るく投写できる。
    「ピタッと補正」に対応。
    「スライド式ヨコ台形補正」機能搭載で、ストレスなく投写画面の台形を補正。
    斜めからでも投写が可能(左右30℃まで)

     国産の性能重視のモデルです。ここまで投資できるならホームシアターを満喫することができるでしょう。そのときはでっかいスクリーンも必要です。お値段も違いますが、その理由はリアル解像度が1920×1200dotであることです。さらに自動補正や斜めからの投影も可能なところは安いモデルにはない機能です。

    5.iPhoneケースがプロジェクターに!32000円なり。


    標準定義: 854 x 480
    専門アプリが要りません!ただIPHONEケーブルで接続し、このままで小型の映画館を楽しめいただけます♪
    内蔵再充電可能 3000mAh バッテリ
    投影サイズ:30~120インチ

     おまけで紹介しておきます。プロジェクターの小型化はここまで進んでいます。ついにはiPhoneケースになっちゃいました。でも今まで紹介した性能をチェックしてみると、おそらく明るさが弱点になると予想します。具体的な記述はありませんでした。ただし持ち運びとか機動性を重視するならありかもしれません。

    目的を持って選ぶ


     というわけで5つの代表モデルを紹介しましたが、私が選んだ3つ目のプロジェクターの様子を紹介します。

     まずは外観は冒頭の写真を見て下さい。真っ黒いボディがピカピカしててなかなかカッコいいです。でもやっぱりちょっとデカイ。とりあえずテスト投影してみただけなので、ただいま読書中の「英雄の旅」さん、ごめんなさい。上下の角度調整はちいさなビスで行います。けっこう面倒です。

     iPadの画面を表示したところ。HDMI-Lightningケーブルが必要です。これは昼間で、小さな部屋の下側のブラインドを閉めている状態。この程度の対応で、十分な明るさです。ただしちょっと青みが強いです。

    プロジェクター3


     さらに距離を取ってみました。これは映画を投影しているところ。3mの距離でスクリーンサイズはちょうど100インチ相当になります。

    プロジェクター1


     もうちょっと大きくしてみましょう。今度は4mです。180インチ相当です。これ以上は壁がありません・・・。TVもかぶっちゃってます。SPEC上は最大5mで220インチとありますが部屋の中で5mも取れません。
     こちらは夜間で電灯を消してこの状態です。電灯が残っているとよく見えません。色味も補正し、R:60 G:50 B:5でようやく人肌が普通に出るようになりました。

    プロジェクター4

     というわけで、どんな目的で使いたいのか?を決めると必要な性能が決まってきます。ビジネスユースを考えるならば3000ルーメン以上、解像度は800×480以上を選びたいですね。

     ちなみにWebサイト上では「ステレオスピーカー」と書いてありますが、3cm程度の小さなスピーカーが片側にしかついてません。外部出力がステレオで装備されているので、外部スピーカーをつなげば問題なさそうです。

     ホームシアターを追求する方は、もっと良いものがあるの思いますので調べてみて下さい。

  • Try437:LEDプロジェクターを導入してみよう。目的に応じた性能を選ぶのがポイント。
  • 関連記事


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    comment

    Secret

    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    07月 | 2017年08月 | 09月
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)