最新コミットメント

5名の社長が集まったゲーム会

 「7つの習慣ボードゲーム会」のレポートの続きです。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

 前回は「第232回 宮の朝カフェの特別編、7つの習慣ボードゲーム体験会」について紹介しました。

 今回は続けて開催した宇都宮では4回目となる公式ゲーム会の模様をお伝えします。

1.ボードゲームの想定外の盛り上がり
2.5名の社長が集まったゲーム会(本日の記事)


 こちらはゲーム会を通じて描いたグラレコです。前回紹介したグラレコに、iPadでちょっとだけ追記してみました。枠をつけたので、けっこう見やすくなったかな。

170415_公式ゲーム会グラレコ
多ぁ望Map No.0284-追記

 今日のスキーマです。

  • Scheme645:目標の達成が人生のゴールではない。ゲームから学べることは無限大。

  • 参加者の立場を表現する


     この「7つの習慣ボードゲーム」では、参加者はひとりの社長さんとして参加します。

     最初は一定の金額と、人材をひとり雇ってからスタートします。そしてそれぞれの社長さんには「ミッションステートメント」というカードが配られて、それぞれがそのミッションを完了できるようゲームを進めていきます。

     例えば

    「不老不死の技術を研究する」

    「世界規模の慈善基金団体の設立」


    というような内容がカードに書かれ、さらにそのために必要なお金、信頼、人材などの条件が書かれています。

     実際にゲームに入り込んでしまうと、このメッセージの意味が失われていき、達成条件に執着してしまいます。

     そこで今回は、自分が「社長」であることと、何をめざしているのかを意識してもらうためにこんな工夫をしてみました。

    「あなたの会社名をポストイットに書いて下さい!」

     というわけで今回はこんな社長さんが5名集まりました。

    1.「不老不死の技術を研究する」 → フォーエバーライフ(株)

    2.「世界規模の慈善基金団体の設立」 → (株)グローバルハピネス

    3.(株)Future Cars

    4.徳種商店

    5.(株)カーディナル


     通常は6名で楽しむゲームですが、今回は5名となりました。この場合は、6名のときよりもターンの回数が増えます。

     6名では12ターンですが、5名の場合15ターンとなり、3ターン分多くなります。

     これが有利になるか不利になるかは時と場合によります。今回はどっちに行くのでしょうか?

    170415_公式ゲーム会1


    リスクを取るか、回避するか


     毎回、ゲームの進行を大きくゆさぶってくれるテーブルゲームラボ宇都宮の管理者りっくんが今回も大きくゆさぶってくれました。

     彼は冒頭でこんな宣言をしました。

    「今回は、ノー研修で行ってみようと思っています!」

     このゲームでは「研修」にお金を払うことで、不測の事態に備えることができます。人生においても研修などの自己啓発に投資をすることで、様々なスキルを身につけ、成長していくことができます。

     一方で、研修に投資をしてもそれを回収できない人達がいるのも事実です。

     それならば研修なんて受けなくてもいい!という選択肢もあるわけです。そのためには違った手法で不測の事態に備える必要が出てきます。

     このゲームには3つのステージがあって、第3ステージにたどり着かないとゴールできません。

     そのためにはなるべく早く第3ステージに行く必要があるのですが、今回は第1ステージを2周するひとや、3周するひとが現れてきました。これは不測の事態に備えるために、お金と人材をたくさん確保するためです。

     多ぁ望は対称的にリスクを取らず、堅実なアプローチをとり、早めに第2、第3ステージへとコマを進めていきました。

    170415_公式ゲーム会2

     その結果・・・。

     今までにはない人生(全15ターンのゲームのこと)を経験することとなりました。

    貨幣価値が暴落する


     通常、このゲームでは第1ステージで、お金と人材を確保し、第2ステージでプロジェクトの数をこなすことで信頼チップを集め、第3ステージで刃を研ぐカードを集めるという図式になります。

     ゲームの開始時には限られた人材とお金しかないので、なかなか思うように動けません。なので、短期的にお金が欲しくなります。

    「ちょっと人材を雇いたいんだけど、500c貸してくれませんか?」

     このような交渉が自分のターンとは関係なく可能です。

     だけど所持金が少ないときには、それよりも大きな額を借りることはけっこう勇気が必要です。

     同様に、人材を雇う際に、手持ちがゼロになってしまうことを恐れたりします。

     これがゲームを進めていくと、徐々に所持金が増えていき、貨幣価値が下がっていきます。

     ゲーム後半では「1000cなんて、くれてやるよ!」なんてひとが現れたりします。

     今回は第1ステージで、お金と人材を一気に集めるひとが増えたおかげで、このような貨幣価値の変化が一気に到来したのです。

     グラレコの右上のグラフがそれを示しています。

     このような変化が一気にくると、お金の貸し借りをするチャンスが減ってきます。このあたりが信頼を確保する上で難しいところです。

    170415_公式ゲーム会3


    人生のゴールは近い?


     さて、5名の社長さんが集まった今回のゲームですが、残り3ターンくらいのところでゴールの条件が揃ったメンバーが現れてきました。

     ゴール条件は3つあって、

     ①ミッションステートメントの条件をクリアすること
     ②第3ステージに到達していること
     ③刃を研ぐカードを4種類持っていること


     です。

     今回初参加のメンバーが早々と揃うことができました。

    「やったー!全部揃いました。終わったー!!」

     と歓喜の言葉を発しました。

     そこでナビゲータから一言。

    「あなたの人生は終わっていいんですか?」

     そうなんです。目標を達成することが人生の終わりではないはず。

     このゲームの終わりは最終ターンです。そこまでに人生何が起こるかわかりません。

    170415_公式ゲーム会4

     5名の社長さんが集まった今回のゲーム会。人数が少ない中、今までとは違ったゲーム展開となり、いろいろな気づきを得ることができました。

     結果的に全員がゴールできたのですが、多ぁ望はちょっと反省すべき点が残りました。

     途中で「原則に立ち返る」というマスがあります。

     ここではミッションステートメントカードを引き、それを交換することができます。

     多ぁ望が引いたカードは「災害予知技術の確立」で、達成条件が一番易しいカードだったのです。つまり簡単な条件に変更することでゴールできたのですが・・・。

    「それは(株)グローバルハピネスの社長としてすべきことだったのか?」

     ということなんです。グローバルハピネスが目指していたのは世界の人々の幸せを提供すること。

     まあ関連があるようにも思えたのですが、もうちょっと社長同士で議論したら面白かったかなと反省しています。

     前回紹介したように女性陣のリアルな交渉での盛り上がり方とは、うって変わって、お互いをゆさぶる交渉で盛り上がることができました。

     今回得た教訓はこちらです。このゲームをやる度に、違った教訓が得られます。

  • Scheme645:目標の達成が人生のゴールではない。ゲームから学べることは無限大。
  • 関連記事


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    comment

    Secret

    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    10月 | 2017年11月 | 12月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)