最新コミットメント

2016年のリアルストーリー

 「Design the future 2017 in 宇都宮」の2回目のレポートです。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

  • Design the future 2017 in 宇都宮 〜シフトせよ!僕らの創るステージへ〜

  •  今回は2016年の振り返りについてレポートします。

    1. Design the future 2017 インスピレーショントーク
    2. 2016年のリアルストーリー(本日の記事)
    3. 2027年の宇都宮を描く
    4. ワクワク工房ポッセが描く2017年
    5. アイデアからアクションプランへ


     このイベントでは2017年の未来ストーリーを描き、各自の行動を導くと説明しました。

     この目的で5年目を迎えています。

     毎回午前中には1年前に描いたストーリーをもとに、自分達の実績がストーリーにどう関連していたのか?を共有する時間を設けています。

     これが毎回、とっても興味深いのです。

     初めて参加してくれた方にとっては、この時間を共有することで未来ストーリーの使い方がわかってきます。

     今回も私を含めて3名の方にプレゼンをしてもらいました。それが「2016年のリアル・ストーリー」です。

     昨年のストーリーはこちら参照ください。

  • Culture Magicが魅せる未来 〜私と仲間とセカンドホーム〜

  • DTF2017_2

     こちらの写真は昨年から参加してくれたヨッシーです。昨年のイメージとは大きく飛躍した姿を見せてくれました。

     そしてもうひとりはUGAちゃん。昨年はボードゲームを発案し、それを様々な展示会に出展し、夢の実現にむけて動き出しています。これらの行動はこのチャートがあったからできたのかもしれません。

    DTF2017_3

     今日のスキーマです。

  • Scheme635:仲間とつくった物語には行動を導くパワーがある。それがFutureMappingの効果。

  • 多ぁ望の2016年リアル・ストーリー


     そして多ぁ望の2016年を紹介します。

     まずは昨年描いたチャート「Culture Magicが魅せる未来 〜私と仲間とセカンドホーム〜」に自分の出来事を重ね書きしています。

     茶色の吹き出しはプライベート、赤い吹き出しはビジネスでの出来事。赤丸はチャートに描いてあったキーワードと現実に起こったことの関連を示しています。

     ストーリーは全く架空のものですが、現実に起こった出来事との関連性が見えてくるとワクワクしてきます。

    多ぁ望の2016年2

     これらの振り返りから次のような1ページにまとめました。

    多ぁ望の2016年1

     このチャートには3つのフェーズにタイトルがついています。そのタイトルが私の2016年にぴったりと当てはまることに驚きました。

    Phase1:自分の限界にぶつかる

     昨年のイベントを開催した直後、仕事で面倒なことに巻き込まれ限界にぶつかっていました。

     その限界を突破したきっかけは、オビワン師匠のセミナーを受けたことでした。

    Phase2:自分の原点を再発見

     その後、ビジネスですごい会議をふたつのプロジェクトで実施し、チームワークづくりに貢献。プライベートではNikkoアイデアCAMP2016に参加し、そこで「Aha2!チームビルディング」というタイトルでプレゼンを行いました。

     これこそ、自分の原点だなと実感しました。

    Phase3:チャンスで飛躍

     このチャートの中には「企画力UPワークショップ」というポストイットが貼ってありました。これは昨年の参加者であるFutureMagic紫の仲間とイベントを企画するというストーリーでした。

     これは現実に当てはめてみると、「7つの習慣ボードゲーム」のナビゲーター認定を取得し、公式ゲーム会を開催したこと」に当てはまりました。

     ボードゲームなんて全く興味なかったはずなんですが、こんなチャンスが巡ってくるとは思いもしませんでした。これこそ「チャンスで飛躍」そのもの。

     このチャートのおかげで充実した2016年を過ごすことができました。サブタイトルにあった「私と仲間とセカンドホーム」のセカンドホームとはこのような自己再生コミュニティ=ポッセのことなんだなと改めて実感できました。

    DTF2017_グラレコ
    多ぁ望Map No.0280

     今回の2016年リアルストーリーもグラレコに残してみました。

    ストーリー思考とチャートの使い方


     このようにチャートに描かれていた架空の物語に自分の1年間の出来事が当てはまるなんて、面白いと思いませんか?

     このFutureMappingという手法は、言葉や文字で説明されてもなかなかその意味とか価値が伝わらないことが多いです。

     今回プレゼンしてもらった方や、昨年の参加者からもチャートの使い方がよくわからないという声がありました。

     実際には架空の物語からどれだけヒントをもらえたか、そのヒントによって自分の行動がつながったのかということを見つけられればそれでOKなのです。これがストーリー思考と呼ばれるメソッドです。

     また来年は、違ったメンバーのリアル・ストーリーが聞けることを楽しみにしています。

  • Scheme635:仲間とつくった物語には行動を導くパワーがある。それがFutureMappingの効果。
  • 関連記事


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    comment

    Secret

    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    10月 | 2017年11月 | 12月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)