イーゼルパッドが変えるワークショップ

 今回のグラレコ勉強会ではイーゼルパッドが大活躍でした。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

 1回目のレポートで紹介したように、会場の制約があったので別案として選んだのがこのイーゼルパッドでした。

  • グラフィックレコーディング勉強会 in 宇都宮 第2弾

  •  しかたなしに選んだ別案は、グラレコ第2弾を大きく盛り上げてくれる結果となりました。

     今回はそのツールを紹介します。

    1.グラレコ第2弾の企画と課題
    2.参加者のグラレコ実践例紹介
    3.ハードルを下げる方法
    4.イーゼルパッドが変えるワークショップ(本日の記事)
    5.グループワークから見えたこと


     こちらは事前打ち合わせの議事録です。今回ご協力いただいた3Mの太田さんとグラレコ講師陣との打ち合わせのときの内容で、イーゼルパッドについて描かれています。(当然、議事録もグラレコです。)

    グラレコのイーゼルパッド使い方

     私がこのイーゼルパッドを知ったのはこの本でした。



     2005年に出版された本なので、もはや10年以上前からあるんです。でも当時は玄人受けというか、あまり一般のワークショップで見かけることはありませんでした。

     今日のスキーマです。

  • Scheme611:グラレコ勉強会第2弾はその場でグラレコを存分に活用する「活用編」だった。

  • イーゼルパッドって?


     以前にも紹介したことがありますが、このイーゼルパッドはワークショップで大活躍します。

     実際につかってもらった参加者にもとっても好評で、いろんな声が聞こえてきました。

    「こんな大きなポストイットがあったんですね。」

    「今度、仕事で使ってみたい。」

    「すごーい。フセンのお化けだ!」


     そうなんです。フセンのお化けなんです。(ちょっとおまけでイラストにしてみました。)

    フセンのお化け

     Amazonでも購入できます。今回のように壁に紙を貼ることが難しい場合にはテーブルに立てて使うことも可能です。(基本はポストイットなので、壁にテープや画鋲などを使わずに貼ることもできます。)



    ワークショップが変わる!


     今回のワークショップではFutureSessionでお会いした3Mの太田さんにご協力いただくことができました。

     こちらはイーゼルパッドについてレクチャーしている太田さんと、グラレコ講師の和田さん。

    グラレコ第2弾13

     簡単に特徴を紹介しておきます。細かい点は冒頭のグラレコ議事録を参照ください。

    1.描いたらすぐに貼りだせる
    2.テーブルに立てられる
    3.テーブルがなくても、ひざの上でテーブルになる
    4.ホワイトボードと比べると消す手間がいらない
    5.台紙が下敷きとなるので、自由に回転できる


     グラレコ勉強会としては、講師陣に描いてもらうリアルタイム・グラレコがひとつの「見せ場」でもあります。

     例えば第1弾ではこんなグラレコができあがりました。

    グラレコ勉強会のなっちのお手本

     これは模造紙を2枚貼り合わせて、横に長い紙をホワイトボードに貼って講師の方が描いてくれたもの。

     これが第2弾だと、こんな感じになりました。

    グラレコ第2弾14

     壁に掲示されているのが、勉強会の内容を示したグラレコです。

     第1弾と比べると、描く面積に制約がないので、テーマごとに表現してもらうことができます。その結果、壁に貼られたグラレコは全部で7枚となりました。

     さらに写真の下側にならんでいる4枚のボードには、後半で実施したグループワークの結果が表現されています。

     各テーブルではこんな感じでイーゼルパッドが使われていました。

    グラレコ第2弾15

     グループワークの結果をテーブルの上にたてて、全員でシェアしているところです。

     というわけで、会場の制約から選んだイーゼルパッドでしたが、結果的にはグラレコ勉強会に最適なツールだったことがわかりました。

     第1弾と比べると、よりグラレコをふんだんに活用できたワークショップとなりました。これは事前に太田さんと講師陣ともいろいろと準備をしていただいたおかげです。ありがとうございました。

     参加者のみなさんにグラレコを「活用」してもらう「活用編」を想定しておりましたが、実際には勉強会の中での活用が加速した結果となりました。

     めでたし。めでたし。

  • Scheme611:グラレコ勉強会第2弾はその場でグラレコを存分に活用する「活用編」だった。
  • 関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    グループワークから見えたこと | Home | ハードルを下げる方法

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する