最新コミットメント

地図は領土ではない

 今回はNLPについて学んできました。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

 3月のセミナーに引き続き、オビワンによるNLPイントロ講座。

「地図は領土ではない」

 に参加してきました。

 前回受講した内容はこちらでレポートしています。

  • Scheme593:5つのキャラクターが脳内でマインドマップを描き起こす。それがインサイド・ヘッドで起きていること。

  •  実はこのときラストスパートでついていけなかった部分にNLPの内容が少し入っていました。

     今回はその部分にフォーカスした内容だったので、私にとっては続きのセミナーとして捉えることができました。

    160508オビワンNLPセミナー1

     今回も熱いトークで大きな気づきを与えてくれた大本インストラクターです。

  • Scheme596:リトルミーを飼い慣らせ!2つの問いでいつものパターンから脱却することが可能。

  • はじまらないアイスブレイク


     「Good&New」って聞いたことがあるひとが多いことと思います。

     24時間以内にGoodなこと、または新たにチャレンジしたことなどをセミナーのオープニングで共有します。

     今回のセミナーでもこのアイスブレイクでスタートしました。

     と思ったんですが・・・。

     なかなか始まりません。

     実は「Good&New」をやったことがないという参加者がいたので、その解説をじっくりしていただきました。



     セミナーでよく使われるのがこの「クシュ・ボール」。Amazonでも購入できます。

     このヘンテコな感触のボールが、ポジティブな話題を引き出すのに活躍してくれます。

     ピーター・クライン氏が教師時代に荒れた高校をこのクシュボールとGood&Newで立て直したという実例があるそうです。

     このような仕掛けなしに、同じ事をやろうとしてもひとはどうしてもネガティブな話題に引きづられてしまうとのこと。

     ポジティブな姿勢を身につけるのは、ポジティブな話題を見つけることからはじまります。それは筋トレのようなもの。

     日々の習慣がその姿勢をつくりあげるのです。



     今度、この本を読んでみたいと思います。

     という解説のあと、ようやくGood&Newがはじまったのでした。貴重なGood&Newの起源を知れて良かったです。

    リトルミーがささやく地図


     今回のテーマである「地図は領土ではない」とはどんな意味なのでしょうか?

     NLPとは神経言語プログラミングと呼ばれる技術で、ひとの思考プログラミングをよりよい方向へ書き換えていくプロセスのことを示します。

     まずこんな例を考えてみて下さい。

    友人に2回電話したが出なかった。2日経っても、友人から返答はない。

     こんなとき、あなたの感情、そして思考はどうなると思いますか?

    ①「2日も無視しやがって、あの野郎!」

    ②「なんかあったのかなぁ。病気で入院でもしてたりして。」

    ③「オレなんかやっちゃったかなぁ。嫌われているのかなぁ。」

     こんな3つのパターンが考えられます。①は怒りを生じ、相手に憎悪を感じていきます。

     ②は相手を心配する不安にかられます。③は相手から嫌われてしまうという悲しみにとらわれてしまいます。

     参加者の答えはそれぞればらばらでした。

     どうして「友人に2回電話したが出なかった」ということだけで、こんなにもとらえ方が違ってくるのでしょうか?

     この「友人に2回電話したが出なかった」というのは事実です。これを領土とします。これは変えようがないものです。

     一方、①②③のとらえ方、つまり解釈は「地図」と表現することができます。

     ①のひとの地図ではその領土に怒りが描かれています。②のひとの地図には不安が、③のひとの地図には悲しみが。

    「あなたの地図にはどんなことが描かれていますか?」

     普段、そんなことは気にすることなく私達は物事を判断しています。でもそこに、もうひとりの小さな自分がいたとしたら?

     これを「リトルミー」とオビワンは呼びます。耳元で自分の地図をいつもささやくのです。

    「親分、どうやらあいつは無視を決め込んでいるらしいですぜ!」

     そんなときに自分に疑いをかけることが大切です。ここでは2つの強力な問いが有効です。

    「それは本当か?」

    「それは私のルールか?」


     地図は書き換えられるものなのです。でもどう書き換えるべきか見えてこないと変えることはできません。

     いつものパターンから脱却するためにはこの2つの問いが助けてくれるのです。

     リトルミーに振り回させることなく、飼い慣らしていきたいものです。

    160508オビワンNLPセミナー2

     今回の講義録マインドマップです。前回よりも記録に余裕があったのでうまくまとめられました。

    160508オビワンNLPセミナーMM
    多ぁ望Map No.0286

     そしてこちらは後日、仕上げたもの。当日欲しかった答えは「2つの問い」だったことがわかりました。

     今日のスキーマです。

  • Scheme596:リトルミーを飼い慣らせ!2つの問いでいつものパターンから脱却することが可能。
  • 関連記事


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    comment

    Secret

    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    04月 | 2017年05月 | 06月
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)