Googleに学ぶ仕事術

 今日はGoogleの働き方に学ぶ新たなトライを紹介します。いつも拝見させてもらっている「続けるお気楽アウトプット」のテリーさんの記事”Googleを支える技術”がきっかけとなりました。
 現在、こんな本を読んでいます。実はこの中にも登場してくるんです。それがこれ。

「自分の業務時間の20%を新たな取り組みに費やす」

 おそらくGoogleにはこれが誰もが実践する「あたりまえ」の風土ができているのかもしれません。20%とは1週間に丸1日です。その1日の使い方は様々で、社外で過ごすひともいるそうです。社内に閉じこもっていてはアイデアもつきてしまいますよね。

PLANNING HACKSではこうアレンジしています。
「発想への投資20%、企画の組み立て80%」
 やはりアイデア発掘にしっかり時間を割くべきということです。

 20%は私の働き方にはさすがに厳しいので、自分レベルに合わせたトライを考えました。それは・・・。(え?そんだけ?なんて言わないでください)

PLANNING HACKS!PLANNING HACKS!
(2007/04/27)
原尻 淳一

商品詳細を見る

<業務時間の分析>
 まず、実践したいのは「重要で緊急」の業務に流され、新たな取り組みを全くしない状況をなくしたいということです。
→ 「重要で緊急の業務に流されないためには?」参照

自分の業務時間をざっと分析してみました。
1日:10時間(残業2時間) 1週:50時間(残業10時間)

割合としては次のようになります。
5%: 0.5時間/日 2.5時間/週 1時間のMTGが2回可能
10%: 1時間/日 5時間/週
20%: 2時間/日 10時間/週 Googleが実践している新たな取り組み

 1日平均2時間の残業をしたと仮定すると、20%の時間は1週間で10時間にもなります。
 Google社員は週1日出社せずに、外でいろんな調査、勉強に時間をさくなんてこともやっている人もいるようです。

 さて、忙しい毎日を送っているみなさんは、「新たな取り組み」にどれだけ時間を取れていますか?

<新たなトライ目標の設定>
自分の5%以上の時間を「新たな取り組み」に割り当てる。

 Googleと同じ業務スタイルまでは難しいが、Googleに負けない意思を持とう。

 5%と少ないながら、1時間のMTGが2回こなすことができます。毎週5%を超えられるように工夫していきたいと思います。

<5%以上を達成するための工夫>
 さて、目標を立てればそれで実現できるのか?そんな簡単にはいきませんよね。そこで以前とりあげた「仕事を楽しむ方法、それを体感する方法」を復習してみます。
 「新たな取り組み」とは誰かに依頼される仕事ではありません。自ら課題を見つけて解決するというスタイルは仕事の楽しさを体感できる有効な手段です。つまり「本業とは異なる仕事を見つける」。これを心がければ、楽しい仕事が見つかり、気づけば5%を超えて、20%近くなっていってくれるんじゃないでしょうか。
 おお。なんか過去の記事がつながってくると楽しいです。

Try61:新たな取り組みに5%以上の時間をとる
重要かつ緊急の業務に流されるのをやめ、Googleに負けない意思を持とう!
復習 課題10:第1領域の業務に流されて,第2領域の業務が疎かになる.
復習 Try46:本業とは異なる仕事を見つけ,「楽しい仕事」を体験しよう

関連記事

テーマ: ビジネスブログ | ジャンル: ビジネス

コミュニケーションの大切さ | Home | プレゼンの基本は3分スピーチ

コメント

No title

>多ぁ忙さん
おはようございます。
最初20%ルールを知った時、「おお!いいやん!」て
思ったんです。で、そのあと実際の時間を計算してみると
とんでもないことだと気づきました。(;^_^ A
しかし、新しいことに取り組むことは、緊急ではないが
重要なことなんですよね。
必要にせまられてからやろうとしても、そう簡単にはいかない。
で、あれば普段から一定の時間を「新しいこと」に振り向ける
というのは、とても強力なやり方だと思います。

多ぁ忙さんの記事を読んであらためて勉強になりました。

2008/11/28 (Fri) 09:33 | テリー #XRms3ZI6 | URL | 編集
5%ルールも継続は簡単じゃありません。

テリーさん、コメントありがとうございます。
Googleの秘訣は目から鱗がおちる内容が多いですね。
 今回5%と宣言してみましたが、これも簡単ではありません。継続するためには、自分の働き方をもう一度見直す必要があります。
週間予定に「自分へのアポイント」をいれておくのが継続ができる秘訣だと思っています。くれぐれも0%にならないように、がんばりたいと思います。「緊急ではないが、重要なこと」これが成長のためには欠かせません。

2008/11/28 (Fri) 23:50 | 多ぁ忙 #TZpNm4HA | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する