最新コミットメント

2016年をデザインする

 TTS2016の3回目のレポートです。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

  • 「Tell the story 2016 in 宇都宮 〜仲間と視た未来へ飛躍せよ!〜」

  •  今回はこのイベントの本題である2016年の未来ストーリーについて紹介していきます。


    1.Tell the story 2016とは?
    2.仲間と視た未来へ飛躍せよ
    3.2015年のリアルストーリー
    4.2016年をデザインする(本日の記事)
    5.ストーリーをどう使うか?


    TTS2016-10

     これが私達のチームが描く、2016年のストーリーです。

     このストーリーが私達を突き動かしていきます。1年後に振り返るのがとっても楽しみです。

  • Scheme590:チームワークを生みだすパワーは、全員が納得したチーム名に宿る。グループジーニアスはそのパワーから生まれる。

  • チームワークに一番大切なこと


     4年目を迎えたTell the story 2016。毎年、必ずやっていることがあります。

     毎年、参加するメンバーは同じではありません。

     ここに集まったメンバーがひとつのチームとして、2016年をよりよいものにデザインしていく。

     そのためには強いチームワークが必要です。

     初めて集まった人たちがチームワークを創り出すためには、全員が「それだ!」っていう気に入ったチーム名があることです。

     今回はだいぶここに時間を費やしました。

    「Future Magic 紫」

     これが私達のチーム名です!

     紫とは最も高貴な色。「夢らさ来(夢が来る)」という意味もこめてこの名前に決まりました。

    TTS2016スライド9

     上の写真は、チーム名に悩んでいるところ。

     チーム名が決まったところでFuture Mappingのチャート作成に入りました。

    課題:チームFuture Magic 紫がデザインするワクワクした2016年を描く

    TTS2016-6

     恒例の参加者みんなの左手で感情曲線を描くの図。

    TTS2016-7


     さらに今回はグラレコを学んだメンバーが多かったので「感嘆符」のポイントに表情マークをそれぞれで描き加えてもらいました。

     これはストーリーを創りあげていくのに、とってもイメージが共有しやすくなりました。

    TTS2016-9

     イベント終了時にできたチャートがこちらです。左脇にはターゲットのシチュエーションについてメモ書き、そして右脇にはプレゼントの中身がポストイットで貼り出されています。

     タイトルが空欄なんですが、このあと場所を移動して1時間ほど延長して完成させることができました。

    グループジーニアスが創り出したストーリー


     というわけで冒頭の写真にあるストーリーを紹介していきます。

    タイトル:Culture Magicが魅せる未来 〜私と仲間とセカンドホーム〜」
    ターゲット:
     妻  伊集院 マリア 36歳
     夫  伊集院 望(のぞむ) 41歳
     長男     月人(ライト) 15歳
     次男     陽人(サント) 13歳
     長女     マララ 10歳


     マリアさんはポーランド出身、現在は日光在住で英語の教師をしており、小学生、中学生を教えています。旦那さんは農業をやっています。男の子2人、女の子1人の家族構成。

    <120%ハッピーなゴール>

     ニューイヤーズ・イブ パーティが日光の貸別荘で開かれていました。これを主催したのはチームCulture Magic 紫のメンバー達。もちろんメンバーが昼間から全員集まっていました。

     仲間とワイワイと盛り上がっていると、あっという間に時間は過ぎていきました。

     夕方になると、家族を連れたマリアさんが貸別荘に登場。

     実はこのニューイヤーズ・イブ パーティはマリアさんの新たなスタートのお祝いを兼ねたものでした。

    「できたよー!みんなの協力のおかげです!ありがとう!!」

    「本当にみなさんのおかげです。大満足です。感謝しています!」


     さて、12/31に120%ハッピーな状態となったマリアさん。どんな新しいスタートを切ったのでしょうか?

    <自分の限界にぶつかる>

     2016年がはじまって2ヵ月が気づけば過ぎていました。今日は2月21日。ゆううつな私・・・。

    「どうしてできないのかしら?」

    「ポーランドに帰りたいよぉ・・・ 私には向かないのかも・・・」


     英語教師として仕事をしてきたけど、自信をなくしていたここ最近。

     そんなときに一本の電話がかかってきました。

    「すみません。〇〇と申します。そちらの英語教室にうちの娘がお世話になっております。」

    「私も英語を教えてもらいたいのですが、夜の時間とかに教室を開いてもらうわけにはいかないでしょうか?」


     その後、おなじように主婦から英語を習いたいという問い合わせが数件続きました。これはいいきっかけかも。

     今度は農業をやっている夫から「体験農場」を手伝って欲しいとの相談がありました。なんでも最近は、外国人客が増えているらしく、英語力が必要なんだとか。

    「そうだ、英語と体験農場を一緒に楽しんじゃえばいいじゃない!」

     こうして夫とのコラボ企画「英語でしゃべろう体験農場」を主催することとなりました。

    <自分の原点を再発見>

     梅雨が明けた頃、久々に会ったママ友のともみさんと喫茶店で女子トークで盛り上がりました。

    「最近、がんばりすぎじゃないの? ポーランドに久々に帰ってみたら?」

     そう言われても、自分には英語教室もあるし、「英語でしゃべろう体験農場」も始まったばかり。そんな余裕など見つかりません。

     それを見透かしているようで、ともみさんは続けました。

    「英語教室なら、多ぁ望に任せてみたら?」

     ともみさんの言葉をきっかけに、マリアさんは子供3人とポーランドへ行くことを決心したのでした。

     故郷には3週間滞在することができ、その中でチーズフォンデュにフルーツを入れる郷土料理を食べたことがとても印象的でした。一緒に食べた友人とは夫の農業の仕事の話になり、「英語でしゃべろう体験農場」や日光で取り組んでいるマンゴーの栽培のチャレンジについて話しました。ちなみに友人はTV関係のお仕事だったらしい。

     帰国後には夫がチャレンジしていたマンゴーの栽培に成功したとの情報を聞きました。なんと温泉をつかってうまくいったとのこと。

     高級フルーツとして日光で「温泉マンゴー」として販売を開始したらしい。さらにすごいことは日光の御用邸のデザートとして採用されたというからびっくり。

    <チャンスで飛躍>

     夫の仕事が起動に乗った頃に、TVの取材がやってきました。それもポーランドから。

     どうやら7月に訪問した際にあった友人が温泉マンゴーの栽培成功をいろんなメディアに紹介していたことがきっかけになったようです。マリアさんはポーランドではすでに有名人になっていたようです。

     取材の結果がポーランドで放送されると、今度は日本のTV局からの取材が殺到しました。

     温泉マンゴーを使ったチーズフォンデュ「日光フォンデュ」がTVで取りあげられ、観光客の人気メニューになり、マリアさん一家が超有名人に!

     そんな出来事のおかげなのか、なんと日本政府から日光の観光大使とポーランドから親善大使をやらないかというオファーが来ました。

    「そんな大役、私につとまるかなぁ・・・」

     ちょっと自信がもてなかったマリアさん、この先の自分の人生が大きく変わろうとしていることを感じていました。 何かヒントが欲しい。

     11月になると友人が主催するイベントを見つけました。それはFuture Magic 紫というグループ主催の「企画力UPワークショップ」。

     このイベントに参加したことで、マリアさんは観光大使としての活動を見つけることができました。

     それは文化を学びあう場を作ること。おかげで大役への自信が沸いてきました。

     さらに定期的なイベントができる空きスペースをFuture Magic 紫の仲間が見つけてくれ、イベントの名前も決まりました。

    「Culture Magic」

     日光を舞台とした文化を学びあう場。ポーランドとのつながりを活かした新たな活躍の場となりそうです。

     第1回目のCulture Magicの成果が評判を呼び、参加者がどんどん増えてきました。

     12/31にはFuture Magic 紫のニューイヤーズ・イブ・パーティに誘われ、マリアさん自身が切り開いてきた新たな活躍の場「Culture Magic」の成果を報告しようと決めたのでした。

     それとFuture Magic 紫のメンバーへお礼の言葉を添えて。

  • Scheme590:チームワークを生みだすパワーは、全員が納得したチーム名に宿る。グループジーニアスはそのパワーから生まれる。
  • 関連記事


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    comment

    Secret

    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    02月 | 2017年03月 | 03月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)