Tell the story 2016とは?

 先日、毎年開催しているビックイベントが完了しました。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

 そのビッグイベントとは・・・。

  • 「Tell the story 2016 in 宇都宮 〜仲間と視た未来へ飛躍せよ!〜」

  •  これはFuture Mappingという手法をつかって2016年の未来ストーリーを参加者全員で描く企画です。

     そのストーリーから自分の目標が見えてくる不思議な手法なんです。

     初めて参加するひとにとっては「???」という内容なんですが、参加したことのある仲間からは

    「これをやらないと1年が始まらない!」

    「今年もワクワクしたストーリーを描きたい!」


     といった声が後を絶ちません。

     TTS2016には全12名の参加者に集まっていただきました。

     今回より5回シリーズでお送りしていきます。

    1.Tell the story 2016とは?(本日の記事)
    2.仲間と視た未来へ飛躍せよ
    3.2015のリアルストーリー
    4.2016年をデザインする
    5.ストーリーをどう使うか?


     ぜひこのTell the story 2016を体験して、こうなってください。

    TTS2016ガッテン


    「ガッテン!!」

     初回はイベントの全体概要をお伝えします。

  • Task177:”Tell the story 2016 in 宇都宮 〜仲間と視た未来へ飛躍せよ!”を開催する。2016.02.21完了

  • オープニング


     今回のオープニングでは「アイコンタクト・レッスン」というアイスブレイクをやってみました。



     二人ペアになって、お互いを見つめ合います。

     3秒
     7秒
     そして・・・

     15秒

    「クススっ!」

     なぜか笑っちゃいます。

     どうしてだと思いますか?

     本書によると「ひとは敵意を見せないために、笑うのだ」そうです。

     確かに!

    FutureMappingとは?


    TTS2016-1

     冒頭で紹介したように、このFutureMappingを言葉で説明することはなかなか難しいものです。だから体験してもらうのが一番。

     といっても、言葉で説明できる一番わかりやすい例えが「Connecting Dots」です。

     そう、あのスティーブ・ジョブスの伝説のスピーチに出てくる言葉です。それをまとめたのがこちらです。

  • Scheme432:過去の点と点をつなげば自分のストーリーが見えてくる。未来のストーリーから点を見つけるのが全脳思考チャート。

  •  今回はこの説明に加えて3つのキーワードについて紹介しました。

     1.壁を超える
     2.天才性を発揮する
     3.評価軸を疑う


     どれも、現在の変化のスピードが速い世の中で生きぬくために必要な知識であり、これを活用する知恵が重要です。

     これについては次回紹介します。

    私の2015年のエピソード


     あれ?どこかで見た光景。

    TTS2016-3

     先月に宇都宮で開催した「グラフィックレコーディング勉強会 in 宇都宮」では30名を超える参加者が集まり、グラレコのノウハウを学びました。

     今回のTTS2016の参加者の8割がグラレコ参加者ということもあって、各自の2015年の振り返りの時間に、グラレコの手法を取り入れてみました。

    TTS2016-4

     次に、代表して3名の方からそれぞれの2015年の振り返りをプレゼンしてもらいました。

     この3名はTTS2015の参加者であり、昨年の描いたストーリーに対してどんな成果、実績があったのかを振り返ってもらいました。

     それぞれにチャートに導かれた大きな変化があり、すばらしい2015年だったことが伝わってきました。

     プレゼンしてくれた方々、ありがとうございました。

    ワクワクした2016年をデザインする


     午後からはメインテーマとなる2016年のデザインです。

     仲間と未来を視る。

     それをストーリーにする。

     そのストーリーがワクワクするものであればあるほど、自分の行動が導き出されていきます。

    TTS2016-6

     こちらは恒例の感情曲線を描く図。代表者が描く曲線に参加者全員の意志を込めるためのおまじない。

     なんか記念撮影風になっているのは気のせいでしょうか。

    TTS2016-9

     そしてできあがったチャートがこちらです。

     タイトルは・・・

    「???」

     すみません。終了時間に間に合いませんでした。ちょっとチーム名に時間をかけすぎてしまいました。反省。

     この空欄は場所を移して延長戦によって完成することができました。長い時間ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。

     このチャートがみなさんの2016年を飛躍したものにしていくことは間違いありません!!


     こちらが当日使ったスライドの公開版です。

  • Task177:”Tell the story 2016 in 宇都宮 〜仲間と視た未来へ飛躍せよ!”を開催する。2016.02.21完了

  • 関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    仲間と視た未来へ飛躍せよ | Home | すでにムーブメントは起こっていた

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する