すでにムーブメントは起こっていた

 グラレコ勉強会 in 宇都宮の5回目のレポートです。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

  • グラフィックレコーディング勉強会 in 宇都宮

  •  今回は、イベント終了後の状況について書いていきたいと思います。

     こういうイベントでは、初めて会った方とFaceBookの友達になることが多いです。

     そうすると・・・。

     イベント終了後にグワッとメッセージが増えます。

     これは参加者のみなさんに共通の現象じゃないかなと思います。

     なのでしばらくは、お礼のメッセージなどで精一杯。

     翌日以降から、FaceBookのタイムラインが面白いことに!

    1.グラフィックレコーディング勉強会 in 宇都宮の企画
    2.美しく描くための基本と応用
    3.紙の上で見せて、魅せて、伝えること
    4.実践リアルタイムグラフィックレコーディング
    5.すでにムーブメントは起こっていた(本日の記事)


     今までも「図解」というジャンルにはとっても興味を持っていました。その中でいつも参考にしていた本がこれ。



     アイコンとして描き方を覚えておくといろんなところで活躍します。

     こちらの記事も参考にしてみてください。

  • Try225:メモには必ずひとつ以上の図を入れよう!


  • グラレコ勉強会のFaceBookグループ

     これはさっき描いたもの。

     参加者のFaceBookグループを立ち上げました。そのためのカバー画像に使おうと思って。

     講師の方から教わったプロッキーのグレーを購入。

     そうすると、描いてみたくなる。

     描いてみると、誰かに見せたくなる。

     「見せて、魅せて、伝える」

     3回目のレポートで紹介した効果が波及していきます。

     今回のスキーマです。

  • Scheme585:グラレコには描けば誰かに見せたくなる効果がある。それがムーブメントの力となる。

  • グラレコのもうひとつのパワー


     勉強会の翌日から、FaceBookのタイムラインにこんな書き込みが増えてきました。

    「グラレコ勉強会、行ってきました!楽しかったです!」

    「グラレコ勉強会で、こんないっぱいに描きました!」

    「グラレコ勉強会の写真です。見て下さい!」


     当日の盛り上がった雰囲気を伝えようとする書き込みがいっぱい。

     さらには・・・。

    「プロッキーを買ってみました!」

    「2016年の目標をグラレコで描いてみました!」

    「自分でグラレコ練習してみました!」


     という自らの実践結果を写真つきで紹介してくれるひと。

     多ぁ望のタイムラインは一時、グラレコオンパレードになっていました。

     当日の勉強会で多ぁ望が描いた2016年のビジョンはこちら。

    グラレコ勉強会のビジョンテンプレート

     グラレコ勉強会の第2弾を実現すると描いたんですが、なんかそれだけじゃないような気がして・・・。

     こう書き加えました。

    「グラレコ・ムーブメントを起こす!」

     当日、体験したワクワク感。

     タイムラインに流れてくる参加者のグラレコのレポート。

     個人ワークの記録をシェアする。

     そのシェアに対して、誰かが返答する。

     それにつられて別の参加者がシェアする。

     伝えたくなる要素があれば、自然に伝わっていくもの。

     そのパワーがグラレコには秘めているんだと思いました。

    すでにムーブメントは起こっていた


     ここで改めて第1回目のレポートを振り返ってみます。

  • Task176:グラフィックレコーディング勉強会 in 宇都宮を企画、開催する。2016.01.31完了

  • イベント公開から7日目。

     なんと一気に申し込み者が30名を突破。

     想定外の事態に、実行委員会メンバーは嬉しい悲鳴。

     急遽、申込を一時停止せざるを得ない状況になったのでした。

     このときから、宇都宮で「グラレコ ムーブメント」が起こっていたのかもしれません。


     今まで経験したことのない事態。グラレコに対する関心の高さを実感しました。

     ムーブメントは2015年の12月からはじまっていたのです。さて、このムーブメントはどこまで大きくできるのでしょうか?

     今後の活動にご期待ください。

     グラレコ勉強会から当日のスライドが一般公開されています。参加されたみなさん、ぜひ復習してみてください。


     今回の勉強会に参加いただいた31名のみなさん、ありがとうございました。

     グラレコの良さ、楽しさをどんどん伝えていきましょう。

     そしてムーブメントの拡大にご協力ください。よろしくお願いします。

  • Scheme585:グラレコには描けば誰かに見せたくなる効果がある。それがムーブメントの力となる。
  • 関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    Tell the story 2016とは? | Home | 実践リアルタイムグラフィックレコーディング

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する