紙の上で見せて、魅せて、伝えること

 グラフィックレコーディングはどんなときに役に立つのでしょうか? こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

  • グラフィックレコーディング勉強会 in 宇都宮

  •  グラレコ勉強会のオープニングではこんな説明がありました。


    グラフィックレコーディングとは、会議での議論の内容や構造を即座に可視化する方法。情報を視覚的にわかりやすく共有できるため、アイデアの創発、合意形成などに役立ちます。


     というわけで議事録のような正確に情報を残すという目的とはちょっと異なり、「わかりやすく伝えること」が重視されています。

    1.グラフィックレコーディング勉強会 in 宇都宮の企画
    2.美しく描くための基本と応用
    3.紙の上で見せて、魅せて、伝えること(本日の記事)
    4.実践リアルタイムグラフィックレコーディング
    5.すでにムーブメントは起こっていた


     このグラレコ勉強会では、こちらの本が参考書籍として紹介されていました。洋書ですが、イラストが豊富でとっても読みやすいとのこと。


     
     これは個人ワークのひとつ、ビジョンテンプレートをつかったグラレコです。

     多ぁ望は「グラフィックレコーディング勉強会 in 宇都宮 第2弾」の開催と、グラレコムーブメントを宇都宮に起こす!という目標を立ててみました。

     グラレコって、描いてみると楽しくて、そして誰かに見せたくなるんです。

    グラレコ勉強会のビジョンテンプレート

     さらに言うと、見せてしまった目標は「一貫性の法則」に従うと、どうしても実現したくなってしまうのです。

     今回のトライ宣言です。

  • Try431:ペーパーレス時代だからこそ、紙に描く訓練を続けよう。それがグラレコ筋力をアップしてくれる。

  • ノートは取らないでください!


     勉強会やセミナーに参加したときは、私はいつもマインドマップで講義録を残します。

     今回も、ささーって描き始めたところ・・・。

    「ノートは取らないで下さい。その代わりにA3の紙にどんどん描いていって下さい。」

     と言われました。

    「えー!」

     前回紹介したように、ペンの持ち方、描き方を教わったあと、参加者のほとんどがA3の紙をつかって練習しまくるように変わっていきました。

     以下の写真は「表情」について、みんなで練習しているところです。

    グラレコ勉強会の表情イラスト

     壁にはグラレコの講師陣による解説のイメージがやはりグラレコでワークショップが進行する度に増えていきました。

     お!よくみたら・・・。

    グラレコ勉強会の宇都宮メンバー

     今回の企画に協力いただいたスタッフ4名のイラストです。うまい!!似てる!!さすがですね。

     インパクトのあった講師からのメッセージはこちらです。

    「習うより、慣れろ!」

     そう。これはセミナーではないんです。勉強会なのです。

     自分で実践して、慣れること。

     これをやらないと、本当の意味や価値が理解できないんじゃないかと実感しました。

    ペーパーレスの時代への危機感


     今回のイベントの準備にあたって、講師側からはA3のコピー用紙を300枚用意して欲しいとの依頼がありました。

     準備したのは厚さ5cmくらいあるA3のコピー用紙500枚。安いので余っても問題ないと考えていました。

     しかし・・・。

     勉強会の後半ではA3の紙が足りないという事態に!

     実際に、多ぁ望が使った紙は20枚に及びました。実際には紙の裏側も使って対処。中には28枚描いたという強者も。

     他の参加者も同じように20枚くらい描いたんじゃないでしょうか。ということは本当は600枚以上、必要だったということに。

     どうやら宇都宮の参加者は、積極的過ぎるようです。

     ペーパーレスの時代に突入した現在。

     紙に書く、描くという行為そのものが減ってきています。

     A3の紙に20枚以上描く行為は、参加者それぞれが「見せて、魅せて、伝える」価値を実感できたんじゃないかと思います。

     この経験を忘れずに、ペーパーレス時代だからこそ、紙に書く、描くことを続けてグラレコの筋力をつけていきたいと思います。

    「私は絵が苦手。グラレコなんてできない。」

     って感じているひとがいるかもしれません。

     でも体験してみると、イラストは知識。

     ペンの持ち方、文字の書き方、表情の付け方、表現の工夫。

     これらを知っておくだけで、美しいグラレコに一歩近づくことが可能です。

    グラレコ勉強会の表情描いてるところ


     次回は、難易度の高い「リアルタイム・グラフィックレコーディング」の体験について紹介します。

  • Try431:ペーパーレス時代だからこそ、紙に描く訓練を続けよう。それがグラレコ筋力をアップしてくれる。
  • 関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    実践リアルタイムグラフィックレコーディング | Home | 美しく描くための基本と応用

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する