最新コミットメント

アイデアは誰のもの?

 「NikkoアイデアCamp」の最終レポートはチームワークについて書いていきます。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

  • Nikko 20 Years アイデア Camp

  •  2日目からファシリを引き受けた私は、小学生を相手に悪銭苦闘しながらチームワークとプロトタイプをともにカタチづくっていきました。

     最終レポートは世代を超えたチームをどうやって作るのか?

     最終プレゼンに向けて、どんな工夫をしたのか?

     このあたりを紹介していきます。

    1.NikkoアイデアCampがめざすもの
    2.プロトタイプの作り方
    3.FutureMappingによる20年のストーリー
    4.ファシリテーターズ・リレー
    5.アイデアは誰のもの?(本日の記事)


     ここで私がこのチームに仲間入りしたときの頭の中をちょっとだけ紹介しておきます。

     ・この子供達は言うことを聞いてくれるんだろうか?
     ・だいたい話が通じるんだろうか?
     ・チームワークなんて成り立つのだろうか?


     と、こんな思いがグルグルめぐっていました。

    NikkoアイデアCamp19

     その思いは最終プレゼンで一気に吹き飛びました。

  • Scheme567:アイデアは自分のものと思えたとき、さらに新たなアイデアが生まれる。そこに年齢の差はなし。

  • 自分ゴト化のスイッチを入れる


     チーム「ひびいてタタタ!」では2日間のアウトプットをFutureMappingという手法をつかってストーリーにまとめていきました。ストーリーの詳細は3回目のレポートを参照ください。

    「ビンロウさんの大変身 〜20年で得たNikkoly」

    NikkoアイデアCamp16_FutureMapping
    多ぁ望チャート No.Z029

     このストーリーに基づいて、4つのプロトタイプを最終プレゼンでは披露しました。

     ①山菜スペシャルケーキ
     ②ナオールガム
     ③笑顔カメラ
     ④宇宙船ミライ1号


     子供達は粘土で何かを作るのが楽しくてしょうがないっていう感じ。

     次から次へ「何つくる?」という感じ。

     そしてこれら4つのアイデアをもうちょっと掘り下げようと話を進めると・・・。

    「オレ、よくわかんなーい。」

     という反応。

     これは「山菜スペシャルケーキ」のとき。どうも山菜にあまりなじみがなかったみたいで、それ以上話が弾みませんでした。

     続いて「ナオールガム」。

     こちらは小学3年生のYくんが出してくれたアイデア。本人が思いついたアイデアだからこそ、どんどんアイデアが広がっていきました。

    「どんな病気でも治っちゃうガム。3つの味があって・・・。

     オレンジ、ピーチ、ぶどう。どれもとっても美味しいんです。

     でも健康なひとがかむとまずくて、お腹壊しちゃいます。」


    NikkoアイデアCamp22

     今度は「笑顔カメラ」。

     これは1日目にタカ王さんが出してくれたアイデア。誰かのアイデアはなかなか自分のアイデアとは思えないんです。

     だけどオリジナルのアイデアを盛り込んでいくことで、少しずつ自分ゴト化が進んでいきます。

     こんな問いかけをしてみました。

    「笑顔になれるカメラって、どうやって笑顔になれるのかな?」

     すると今度は小学校1年生のHくんがこんな答えを出してくれました。

    「未来に行ける。欲しいものがそこにある。」

     Hくんにとっては、未来に行けば欲しいゲームが手に入っているんだそうです。

     この写真がその瞬間です。自分ゴト化された瞬間。

    NikkoアイデアCamp20

     「笑顔カメラ」はこんなカタチになりました。カメラの端っこには光線銃がついていてそれを頭に浴びたひとは未来に一瞬ワープできちゃうんです。

    NikkoアイデアCamp21

     そしてありたい未来を見て笑顔のまま帰ってきてパシャって撮影。

     これが「株式会社 元気力」が販売する「笑顔カメラ」です。

    最終プレゼンでの変化


     さて、2日間のワークショップの最後を飾るのはチームごとの最終プレゼンです。

     チーム「ひびいてタタタ!」では大人2名と子供2名の4名でビンロウさんのニッコリーになれるストーリーを紹介して株式会社元気力が販売する粘土でつくった商品を説明することにしました。

     短い時間の中でプレゼンのアイデアを練り上げて、役割分担を明確化していきます。

     ストーリーの全体像は多ぁ望が説明し、4つのプロトタイプをそれぞれ担当を設定して説明することにしました。

     ①山菜スペシャルケーキ:多ぁ望
     ②ナオールガム:Yくん
     ③笑顔カメラ:Hくん
     ④宇宙船ミライ1号:Mr.J


     ここから驚いたことが2つありました。

    1.ビンロウさんのセリフを言わなきゃ

     Yくんからはビンロウさんのセリフをおじいちゃんっぽく言おう!というアイデアが出てきました。

     そこで多ぁ望がストーリーを説明しながら、途中でビンロウさんのセリフをYくんにしゃべってもらうことにしました。

    2.笑顔カメラはオレが言う

     今度はHくんから、笑顔カメラを説明するときになったら言ってね。という一言。

     チームのアウトプットに対して二人の小学生からこのように積極的に参加してくれるとは驚きました。

     まさに自分ゴト化のスイッチが入っていた証拠だったと思います。

     おかげで最終プレゼンではぶっつけ本番でありながら、すばらしいチームワークでプレゼンを披露することができました。

     もはやそこに年齢の差は全くなく、大人2名と小学生2名がチームのアウトプットに貢献できていました。

     その結果、

    「あったらいいな大賞」:世の中に現れたらどんなに素晴らしいかなーというもの(近い将来)

     をいただくことができました。チームメンバーにみなさん、ありがとうございました。

  • Scheme567:アイデアは自分のものと思えたとき、さらに新たなアイデアが生まれる。そこに年齢の差はなし。
  • 関連記事


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    comment

    Secret

    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    06月 | 2017年07月 | 08月
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)