描きながら考える力とは?

 前回紹介したミーティング・ソリューション活用セッションでは1冊の本が配布されました。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

 今回はその本についてレポートします。

1.ミーティング・ソリューションの圧縮学習
2.描きながら考える力とは?(本日の記事)
3.加速するアウトプット
4.FutureSessionWeek2015へ
5.引き寄せられたチーム


 その本とは「描きながら考える力」です。原題は

「Doodle Revolution(落書き革命)」

 です。このDoodleって言葉がキーワードなんです。

 日本語では「落書き」と訳されるのですが、その本来のもつ意味とはちょっと違った解釈が必要です。

  • 「ミーティング・ソリューション 活用セッション」

  •  このセッションは短時間で様々なワークを体験する内容でした。短い時間なのに、ポストイットには絵を交えて描くようにと指示があり、益々ハードルの高い経験となりました。

     冒頭のアイスブレークでは「左隣のひとの横顔を描いてみて下さい」というもの。

    150427_MeetingSolution1

     でも悩んでいるヒマはありません。インスピレーションで隣のひとの横顔を描いてみます。(ヘタだと申し訳ないという気持ちもとりあえずしまっておいて。)

    描きながら考える力 ~The Doodle Revolution~描きながら考える力 ~The Doodle Revolution~
    (2015/01/16)
    サニー・ブラウン Sunni Brown

    商品詳細を見る

     今日のスキーマです。

  • Scheme557:Doodle Revolutionとは自分の中の楽描き革命である。

  • Doodleの意味


     本書で使う「Doodle」とは「落書き」ではないことを最初に伝えておきます。

    「Doodle=落書き」の一般的な意味はこちらです。
    ・時間を無駄にする
    ・猿みたいにふざける
    ・無意味なもの
    ・価値がない、重要でないもの

     学校で落書きしていたら、先生に怒られますよね。なぜなら落書きとは上記意味だから。

     でも本書ではこう定義しています。

    「ラクガキとは心と体をつかって思考の助けとなる目印を好きなように描くこと」

     あえてカタカナで「ラクガキ」と表現しています。

     著者のサニー・ブラウン氏は「落書き」という従来の悪い意味から離れたかったのでしょう。

    「落書き」から「楽描き」へ


     ここで著者のTEDs Talkを見てみましょう。この本で伝えたかったことを5分で表現してくれています。

  • サニー・ブラウン 「落書きする人、集まれ!」



  •  私達は「落書き」に対する悪いイメージにとらわれており、仕事で「落書き」を活用するなんてイメージができないと考えるでしょう。

     「落書き」を「絵」に捉えて同じように仕事で活用したら?と問いかけてみたとすると、

    「いや、私は絵が描けないから・・・。」

     といって避けてしまいます。

     ここで著者は疑問をなげかけます。

    「なぜ、みんなウソをつくのでしょうか?」

     「絵」という何かを正確に表現したものは難しいかもしれませんが、「ラクガキ」だったら誰にでも描けるはず。

     このブログでは「楽描き」という言葉を推奨しています。楽しく描くこと。だからラクガキです。

     以下の記事ではIKEAのイラストのみのマニュアルを参考に絵の可能性をまとめています。

  • Try299:「落書き」ではなく、「楽描き」を楽しもう。


  • Info Doodlerになろう!


     Doodleを使いこなすひとをDoodlerといいます。さらには思考プロセスを可視化できるエキスパートのことを「インフォ・ドゥードラー」と呼びます。

     そして今回のようにグループワークの中で、楽描きを活用しながらアウトプットしていくプロセスを「グループ・インフォドゥードル」と呼ぶようです。

     描きながら考える力って、まさにファシリテーション能力のこと。

     「楽描き」を交えなければ、アイデアの発想力は広がりません。

     今回の集中ワークをやりながら、マインドマップを描き進めるのも同じ技かもしれません。

    150427_ミーティングソリューションMM
    多ぁ望Map No.0275

     絵を活用することに抵抗のあるひとは、ぜひ「描きながら考える力」を読んでみてください。

     「楽描き」の効果を理解するとともに、そのハードルを下げてくれます。

     Doodle Revolutionって、「楽描き」に対する自分への革命なのかもしれませんね。

  • Scheme557:Doodle Revolutionとは自分の中の楽描き革命である。
  • 関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    加速するアウトプット | Home | ミーティング・ソリューションの圧縮学習

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する