最新コミットメント

ミーティング・ソリューションの圧縮学習

 ついにゴールデンウィークがやってきました。みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

 気づけば25℃を超える日もやってきて、気持ちも温かくなってくるこの頃です。

 さて久々の記事は先日開催されたFutureSessionの参加レポートです。

 昨年から3×3Labの場所も変わり、さらに今年は3Mさんのサポートが加わりました。

1.ミーティング・ソリューションの圧縮学習(本日の記事)
2.描きながら考える力とは?
3.加速するアウトプット
4.FutureSessionWeek2015へ
5.引き寄せられたチーム


 最初のレポートはFutureSessionのプレセッション前に開催された3Mさんのイベント。

  • 「ミーティング・ソリューション 活用セッション」

  • です。

     日頃、当たり前のようにつかっている「ポスト・イット」。

     それをトコトン活用するためのワークショップです。

     そして参加者のみなさんにはこの本がお土産に。お得なセミナーでした。

    描きながら考える力 ~The Doodle Revolution~描きながら考える力 ~The Doodle Revolution~
    (2015/01/16)
    サニー・ブラウン Sunni Brown

    商品詳細を見る

     今日のスキーマです。

  • Scheme556:チームができれば圧縮学習も可能となる。追い詰められれば何かがアウトプットされる。

  • ミーティング・ソリューションとは?


     当日もらったパンフレットに「ミーティング・ソリューション ガイドブック」がありました。

     これを読むと会議やワークショップでアイデアを引き出すノウハウがたくさん紹介されています。

    1.アイスブレーク(10分)
    2.共感マップ(10分)
    3.ブレインライティング(30分)
    4.親和図法(20分)
    5.バタフライテスト(5分)
    6.ペイオフマトリクス(5分)
    7.ポジショニングマップ(20分)
    8.ブレインストーミング(40分)
    9.バタフライテスト(5分)
    10.未来編集会議(10分)


     以上、全10項目が解説されています。

     オープニングではセッションのねらいや、書籍や著者のTEDXの紹介、3Mの商品説明などなど盛りだくさんの情報を提供してもらい、ワークに突入。

     おそらく10項目の中のいくつかを体験するかと思いきや・・・。

    3時間の圧縮学習


     すべてをたった3時間で体験することができました。上記()内の時間のほとんどが半分以下しか与えられません。

     でもFutureSessionに集まってくる人達はすごいです。

     レベルの高さが、この圧縮率をカバーしてくれます。

     さて、多ぁ望が参加したチームはどんな感じになったか写真で紹介していきます。※()の時間は正確ではありません。

    1.アイスブレーク(2分)
    150427_MeetingSolution1

     このアイスブレークは初体験でした。「イラスト力」が問われます。仲間の横顔を絵にします。それも2分で。

    2.共感マップ(3分)
    150427_MeetingSolution2

     普段はターゲットペルソナをじっくりと考えるんですが、今回はその場の誰かを指定。そこでちょっとひねって5年前のメンバーを設定してみました。

    3.ブレインライティング(2×5名分)
    150427_MeetingSolution3

     つづいてブレインライティング。名前は知ってましたが、このやり方は初体験。ポストイットを3×4枚ならべて3つずつアイデアを書き出し、メンバーとローテーションして書き加えていきます。

     2分でローテーションするんですが・・・。後半、だんだんとアイデアがつきていきます。

    4.親和図法(3分)
    5.バタフライテスト(2分)

    150427_MeetingSolution4

     出てきたアイデアをグルーピングしていきます。そして色分けしたシールでアイデアを投票します。

    6.ペイオフマトリクス(2分)
    150427_MeetingSolution5

     実行の難易度と効果の大きさでアイデアを分類。

    7.ポジショニングマップ(5分)
    150427_MeetingSolution6

     ペイオフマトリックスで決定するとおよそ失敗するとのこと。なぜならアイデアが広がってないから。
     そこでポジショニングマップを使って、切り口を見つけます。

    8.ブレインストーミング(10分)
    9.バタフライテスト(2分)

    150427_MeetingSolution7

     空白の多いエリアに注目して、ブレーンストーミングを実施。アイデアをひねり出します。

    10.未来編集会議(15分)
    150427_MeetingSolution9

     そして最後にアイデアをカタチにします。これは今回のFutureSessionバージョンとして「未来編集会議」というやり方をトライ。

     設定した未来にそのアイデアが実現したことを前提に、発表します。過去形で発表するところがポイント。

     写真の5名のチームで「ありがとう貯金」というアイデアが一大ムーブメントになった未来を想像してみました。詳細は3回目にレポートします。

     終わってから講師の方に聞いたんですが、この内容は通常1〜2日間かけて行うコンテンツだそうです。

     やっぱり・・・。

     この集中力はハンパじゃなかったです。チームメンバーのみなさん、ありがとうございました。

  • Scheme556:チームができれば圧縮学習も可能となる。追い詰められれば何かがアウトプットされる。
  • 関連記事


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    comment

    Secret

    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    04月 | 2017年05月 | 06月
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)