重要で緊急の業務に流されないためには?

 11/6の「赤信号です・・・。」から2週間。現在、赤信号まっただ中です。
 この2週間を振り返ると、反省すべき自分の行動に気づきました。このブログで新たなトライを実践すると、宣言しておきながら・・・。
 現在、滞りぎみです。その理由は、当然ながら「それよりも重要で緊急の業務があるから」と私は心の中で答えています。
 これを同じ意味で言い換えてみると「優先度の高い業務に専念して、それ以外は忙しいから後回しにしよう。」と言っています。こんなんでいいんでしょうか。

 今日は久々に自転車通勤しました。22:00頃に真っ暗な中を帰る途中、きれいなオリオン座を見ながら、ふと我に返りました。クルマ通勤では気づかなかった夜空ですね。
<アイゼンハワーの四角形>
 仕事の進め方では、かならず出てくるのがこのアイゼンハワーの四角形です。業務の優先度と緊急度から4つに分類します。
 自分の業務が普段どのように進められているかチェックしてみましょう。

お勧めなのが、フランクリン・コヴィー・ジャパンのサイトで自己診断できる

「プライオリティ」アセスメント

です。リンク先にその詳細が説明されています。ログインIDを取得すると無料で利用可能です。さて、私の診断結果を紹介します。

アイゼンハワーの四角形

 まあ、予想どおり「第1領域」がトップです。重要かつ緊急度の業務に押し流されています。本来取り組むべき仕事は「第2領域」です。アンケート結果では、「意志」も反映されたのか36%と出ていますが、ここ数日間は「第1領域」80%を超えてるかも。

 フランクリン・コヴィー社からのアドバイスでは、「第1領域」は削れないため、「第2領域」に割り当てる時間は、「第3、第4領域」からもってくる必要があるとのこと。

 「第1領域」は削れないのか? もうちょっと人の動かし方等を考えて、自分の時間を捻出するように考えてみたいと思います。
 今日は、課題の打ち上げしかできません。「第2領域」の時間捻出の施策、工夫を探して見たいと思います。

Scheme11:「第1領域」の業務に押し流されて,「第2領域」の業務が疎かになる.
本当に第2領域の業務の時間が捻出できないのか?
関連記事

テーマ: ビジネスブログ | ジャンル: ビジネス

実践CDってこれですか・・・。 | Home | 空間認識能力を鍛える:ルービックキューブ

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する