最新コミットメント

3つの壁に気づく

 第2回まちヨミ in 宇都宮のレポートの3回目です。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

 今回ゲストできていただいた與良さんの「ハタモク」ワークショップでは世代を超えた仲間で「働くこと」について深掘りすることができました。

 その体験から見つかったのが3つの壁だったのです。

1.ハタモクというプラットフォーム
2.出任せトークとロジカルトーク
3.3つの壁に気づく
(本日の記事)

 働く目的について語る「ハタモクガタリ」では、3名のグループで働く目的を考えてみました。

 それぞれに自分の働いている現状を語ってもらいました。

 その現状には、働くことが辛いっていう悩みもあふれてきました。

「自分にはできないけど、こんなふうになったらいいな。」

「こんなふうに考えると、仕事の楽しさがわかるでしょ?」

「でも、こういうことって上司には言えないです。」


 この3つの言葉から見えてきました。

No.663

他人の思考の9割は変えられる (マイナビ新書)他人の思考の9割は変えられる (マイナビ新書)
(2014/05/23)
與良 昌浩

商品詳細を見る

まちヨミ2

 今日のトライ宣言です。

  • Try424:自分の壁、世代の壁、役割の壁を低くする工夫をしていこう。まずは壁に気づくことから。

  • 1.自分の壁


     最初の壁はこれ。

    「自分にはできないけど、こんなふうになったらいいな。」

     この言葉を無意識に口に出しているひとは多いと思います。そこには「自分にはできない」と決めつけてしまっている大きな勘違いが潜んでいます。

     これが自分の壁なんです。なぜかこの壁は自分にはよく見えません。

     だから第三者と会話することで、見つかります。私が聞き手のときにはこんな言葉を返します。

    「もしかしたら、○○さんにもできるかもしれませんよね。」

     同じようにこんな場合は

    「直属の上司は○○なひとだから、全然話ができないんです。」

     誰かを○○なひとって決めてつけている場合、それは自分が創り出した壁だったりします。

     なぜなら、○○な人かどうかをしっかり見極める前に判断してることが多いからです。

     もう一度、しっかり話合ってみましょう。あれ?思ったより○○じゃなかった。ということは良くあること。

    「モチベーションを維持するのが、なかなかできません。」

     これも自分で創り出した壁のひとつです。こういう表現をするひとは「モチベーションを高くもち続けなければいけない」という勘違いをしていることが多いです。

     モチベーションは自分でコントロールできるものではありません。コントロールすることを手放してみましょう。

     モチベーションは浮き沈みがあって当然です。いや、沈むことがあるから浮かぶことができるんです。

     與良さんはそれを「ゆらぎ」と呼んでいました。ゆらいでもいいんです。そんな自分を認めてあげましょう。

    2.世代の壁


     二つ目の壁は「世代の壁」です。

    「こんなふうに考えると、仕事の楽しさがわかるでしょ?」

     世代というと、かなりあいまいな意味になりますが、経験という言葉で置き換えた方がいいかもしれません。

     つまり、経験があるものと、ないものの双方に大きな壁があるということです。

     自分がもっている意見は、自分の経験に裏付けられたことが多いです。

     ところが、その意見は同じ経験をしてないひとには理解できないことがあります。

     ここを想定できるかどうかが壁を小さくする工夫だと思います。

     さきほどの言葉は私が部下に伝えた実例です。

     「でしょ?」とあるようにわかってもらえたつもりでした。ところが、部下にとっては楽しいどころではなくて単なる上司から指示された他の仕事とおなじレベルにしか感じてなかったことがわかりました。

     ショックでした。そこに立ちはだかっていたのが世代の壁だったんです。

    3.役割の壁


     そして3つ目の壁は「役割の壁」。

     上司と部下には大きな壁があります。これは役割が違うから。肩書きの壁とも言い換えることができます。

     同じ言葉でも肩書きがあるかどうかで、伝わり方が変わってきます。

     それは良い場合もあれば、悪い場合もあります。

     今回はこんな言葉ではっとさせられました。

    「でも、こういうことって上司には言えないです。」

     どうして言えないかというと、このまちヨミで出会った仲間ではないからです。

     そこには上司には従わなければいけないという関係性を持っているからです。そういう役割の元で、本当に伝えたいことを伝えるためには、信頼関係を築くことが必要です。

     上司の立場だからこそ、共有する難しさを改めて痛感しました。

    まちヨミin宇都宮第2回マインドマップ
    多ぁ望Map No.0269

     以上の3つの壁が少しでも低くできるよう、心がけていきたいと思います。

  • Try424:自分の壁、世代の壁、役割の壁を低くする工夫をしていこう。まずは壁に気づくことから。
  • 関連記事


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    comment

    Secret

    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    07月 | 2017年08月 | 09月
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)