FC2ブログ

「実践UX」を体験してもらう場づくり

 UX-TOKYOのイベントレポートを紹介します。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

  • UX TOKYO JAM 2014

  •  このイベントはIT業界のトップリーダーの方達が、UXに対して熱く語り合う場です。

     そのひとりが何度かワークショップ等でご一緒させていただいているデザイン思考研究所の大隈さん。

     今回はファシリテーターとして協力させてもらうこととなりました。

    1.UIとUXの関係性
    2.「実践UX」を体験してもらう場づくり(本日の記事)
    3.パターン・ランゲージによる形式知


    UXTOKYO10

     セッションのタイトルはこちらです。

    UXから「生きたUX」へ ー 論から「実践UX」へSHIFTしよう

     大隈さんは自ら主催するFuture's Placeの中でHX Prototypeワークショップを継続して開催してきました。

     今回はその経験からUXに対する提言を行っています。

     そのプレゼン形態にも今回はちょっと工夫を入れており、HX Prototypeワークショップの体験が味わえるような構成となりました。

     今日のスキーマです。

  • Scheme520:アウトプットのない学びは鼻くそやでー by 大隈 広郷

  • 場づくりの構想は当日の朝


     さて、その場づくりなんですが・・・。構想が完成したのは当日の午前中、それは会場である六本木ヒルズのスターバックスでした。

    UXTOKYO5

     それまでも何度かサポートメンバーとディスカッションを重ねて、アイデア出しはしていたんですが最終構成まで整理できず、その議論は移動中の車の中で継続されました。

     そして写真のような状態で作戦会議が行われ、なんとかギリギリで時間割を含めた全体構想が完成しました。冒頭の画像がそのときのマインドマップです。

     そして会場がオープン。

     受付を済ませた参加者が会議室にぞくぞくと入ってきます。そして写真のように入り口にブースを用意して来場者にポストイットを配布しました。

     これは参加者に会場まで足を運んだときの感覚を書き出してもらうためです。

    UXTOKYO6

    アウトプット重視型のセッション


     17:00、ついにセッションがスタートしました。

     13:20からはじまったUX-TOKYO。参加者はセミナースタイルで一方的なインプットのみで相当疲れているはず。そこでこんなアイスブレークからスタートしたのです。

     耳たぶワーク? これはブレインジムのひとつ。脳を活性化させるためには、カラダからほぐすこと。

    UXTOKYO7

     この後、大隈さんよりUXに対する想いと、HX Prototypeワークショップの経験から得たことが紹介されました。

     それは大隈さんのアイデンティティでもあるとのこと。

    「アウトプットのない学びは鼻くそやでー」

     私も納得です。

     この納得感を参加者の皆さんにも感じてもらうため、グループワークが始まりました。

    UXTOKYO8

     この写真は多ぁ望チームの一コマ。その結果については次回紹介します。

     お題は「第2回 UX-TOKYOでアウトプットするアイデア」とし、各自が個人ワークで考えたアイデアを持ち寄り、グループごとに共通点を洗い出してひとつのアイデアに収束させていくワークを実践。

     この間が25分の予定。

     さすがにもうちょっと時間が必要となり10分程度延長させていただきました。

    UXTOKYO9

     その結果をまとめてもらい、主催者である坂田さんにプレゼンを行いました。

     第2回のUX-TOKYOに向けた提案が各チームからアウトプットされてきたため、坂田さんからは

    「こりゃ、第2回やらないとな。」

     というお言葉を頂戴しました。これは第2回期待できそうです。

     午後からはじまったUX-TOKYOのインプットを通して、この短い時間でのワークショップから明確なアウトプット提案を導くこと。

     これこそ、HX-Prototypeワークショップがめざしていた姿そのもの、つまりアウトプット重視型のセッションだと改めて実感しました。

     このワークショップに参加いただいた皆さんも、同様の実感を得てもらえたんじゃないでしょうか。

    UX-TOKYO-MM
    多ぁ望Map No.0265

  • Scheme520:アウトプットのない学びは鼻くそやでー by 大隈 広郷
  • 関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    パターン・ランゲージによる形式知 | Home | UIとUXの関係性

    コメント

    毎回書き込みありがとうございます。

    鮫島海絵さん、毎回書き込みありがとうございます。

    ブログの管理者としては、それぞれに思いを込めて記事を書いております。それに関連したコメントであれば嬉しいのですが。

    今回はあえて削除せずに、返答させていただきました。

    ほんの少し、書き手側と読み手側の気持ちを考慮していただけると助かります。

    2014/08/01 (Fri) 22:03 | 多ぁ望 #TZpNm4HA | URL | 編集

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する