削除して加わる付加価値

 今日は大きな発見を紹介したいと思います。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

 久々の記事は、シナリオプランニング実践会でお世話になった野村さんの事務所、FutureSessionsにおじゃました時の気付きです。

 当日は「仕事バカンスウィーク」という企画を立ち上げて、ノマドスタイルの仕事環境を体験してきました。

 これは「仕事」という概念と対局にある「バカンス」を融合したアイデア。

 仕事もバカンスを過ごすような環境下で、ワクワクする雰囲気ですればイノベーティブな成果が出せるんじゃないかという試みです。

 というわけで今回の仕事場はこんな環境となりました。

仕事バカンスウィーク1

 今日のトライ宣言です。

  • Try420:バカンスを楽しむ雰囲気が仕事の成果を後押しする。イノベーティブな発想は雰囲気から生まれる。

  • ノン・アルコールビール


     え?ビールで乾杯??

     そうです!

     だって、バカンスですから。

     じゃなかった。よく見て下さい。SUNTORY ALL FREEです。

     こんな素敵な環境で仕事をはじめる前に、今回集まった3名でチェックインを行いました。

    「私は、なんのために来たのか?」

     ノマドスタイルの仕事とは、場所を選ばずに成果を出すことです。

     でも今回はそこに異業種の仲間が集まっています。ならばお互いの多様性から新たな気付きが生まれるかもしれません。

     そんな可能性を感じながら、いろんな視点でお話させていただきました。

     そこで出てきたキーワードが「ノン・アルコールビール」です。

     この商品って、イノベーティブだと思いませんか?

     何しろ「ビール」というアルコールの入っているお酒から、アルコールを抜いてしまうんですから。

     言ってみれば、車からタイヤをなくしてしまったようなもの。

     そんな一番大切な機能だったはずの「アルコール」をなくしてしまっても、売上が伸びているんです。

  • 市場拡大に期待がかかるノンアルコールビール

  •  私も飲み会に自分の車で行った時には、ノンアルコールビールで飲み会に参加した雰囲気に浸ることがあります。

     さらにアルコールは入ってないけど、未成年には売らない。

     このようなアルコールがないのに「お酒」の場に浸透してきた商品は、すばらしいアイデアだと思います。

    クール・ビズ


     実はもうひとつ、おなじようなムーブメントがありました。それが「クール・ビズ」です。

     先日紹介したこの本にデザイン思考によって引き起こされた成功事例のひとつとして紹介されていました。

    デザイン思考が世界を変える (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)デザイン思考が世界を変える (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
    (2014/05/10)
    ティム・ブラウン、Tim Brown 他

    商品詳細を見る


     日本の文化では、ビジネスマンがスーツにネクタイを着けるのは常識。その文化を変えることは非常に難しいことだと思います。

     つまりビジネスマンがノーネクタイで、仕事をできる文化が作れるのか?ってこと。

     今は、夏場にノーネクタイは当たり前のようになってきました。

     ここには「環境」というキーワードと「クールビズ」という愛称とともに、必要性が認知されていったことによります。

     これは先ほどと同じくネクタイを装着するという常識を削除したことで、注目された付加価値です。

     これによってクールビズというファッションが生まれ、大きなビジネスとなりました。

    仕事バカンスウィーク2

     削除したのに、加わる付加価値。バカンスのような雰囲気と多様性のある仲間がいたからこそ気づけたこと。

     この先にも、同じようなイノベーティブなムーブメントが起こるでしょう。

     それを見つけるのはあなたかもしれません。

     ぜひ、バカンスを楽しむような環境で仕事をしてみてください。

  • Try420:バカンスを楽しむ雰囲気が仕事の成果を後押しする。イノベーティブな発想は雰囲気から生まれる。
  • 関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    FutureSessionWeek総決算 | Home | やる気にさせるホワイトボード

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する