ビジョン・インセプション

 Aha2ビジョン・シンキングの5回目のレポートとなります。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

 今回は新たなコンセプトをお伝えします。

 それは

「ビジョン・インセプション」

 です。

1.FutureSession構想
2.MBOとMBBとBackcasting
3.ビジョン・シンキング
4.ファシリテーターの介入効果
5.ビジョン・インセプション(本日の記事)


問題解決ファシリテーター―「ファシリテーション能力」養成講座 (Best solution)問題解決ファシリテーター―「ファシリテーション能力」養成講座 (Best solution)
(2003/02)
堀 公俊

商品詳細を見る

 なぜか、会場が変わっている・・・。

 宇都宮文化会館から、近くのCocosへ移動して、全員参加での延長線となりました。

Aha2ビジョンシンキング10

 本日のトライ宣言です。

  • Try418:イメージからメッセージへ。メッセージからワードへ落とそう。ビジョン・インセプションがメンバーの記憶に焼き付ける。

  • Aha2ビジョン・シンキングのゴール


     今回のゴールは宇都宮を盛り上げようという意志のある仲間が集まり、多様な個性がそれぞれの力を発揮できる姿を模索し、それをビジョンに描くこと。

     でもビジョンのイメージが出来ただけではゴールではありません。

     それを言語化し、それを全員が記憶に残すことが本当のゴールです。

     前回レポートした「ビジョン・シンキング」で描いてもらったカバーストーリーの模造紙からは、それぞれのグループのビジョンが伝わってきました。

     でもそれはあくまでビジョンのイメージに過ぎません。

     さらには、2つのグループが共通して持てるビジョンを創りたかったのです。

     そのつくり方を「ビジョン・インセプション」と呼びます。

    1.ビジョン・イメージを構想する(可視化)

     最初はビジョンをイメージで捉えて、可視化していきます。ここでは制約に捕らわれない自由な発想を使います。

    2.ビジョン・メッセージを決める(言語化)

     可視化したビジョンを言語化し、そのビジョンにふさわしいメッセージを決めます。

    3.ビジョン・ワードを決める(結晶化)

     定まったメッセージをひとつのキーワードで置き換えようとしたら、どんな言葉になるか?という問いを考えていくと、極めて一致するキーワードが見つかります。

     この3ステップを踏むと、あいまいなイメージが具体的なメッセージに変換され、さらにその両方がひとつの気ワードに結びつけられます。

     こうなると、ひとはメッセージの文章を覚えていなくとも、そのキーワードを聞けば、メッセージとイメージが思い浮かぶ状態になります。これがクリスタライゼイション(結晶化)です。

    ビジョン・インセプションの完了


     さて、その3ステップは簡単なことではありませんでした。特に複数のグループをひとつのビジョンにまとめるってことが。

     Aグループのビジョンは「時からの開放」というタイトルで、携帯ロボット「ストロバディ」が開発された世界。Bグループのビジョンは「2020年、幸福度No.1のシェアシティ宇都宮」。

     一見、全く方向性は異なるビジョンですが、これらをひとつにまとめていく作業が必要です。

  • Try181:3Pの観点でコンセンサスを得よう。Pupose,Perspective,Positionからコンフリクトマネジメントを実践する。

  •  ここでヒントになったのが、冒頭で紹介した本です。以前、こちらの記事でも取りあげました。

     今回は2つのグループがつくった異なるビジョンイメージをひとつにするために、コンフリクト・マネジメントで使われる3Pの視点からビジョンをまとめていきました。

     それぞれのグループがめざす行動はまったく異なるものでした。

     でもそれは手段。

     なんらかの目的のためにとる行動のはず。

     その目的(Purpose)は共通のはず。

     そうやって私達がみつけた共通の目的は「いまままでにない何かをつくりだすこと。」

     その「何か」は次のようなビジョン・メッセージとしてカタチになりました。

    「私達は、2015年5月17日までに、思いをつないでSHINWAを生みだし、みんながめざす宇都宮を実現することにより、世界に示せるアクティブ集団となる。」

     このあとさらに、ビジョン・メッセージからビジョン・ワードを決定します。

     そのキーワードを聞けば、このメッセージが思い浮かぶようなもの。

     それがこれです。

    「U+SHINWA」

     SHINWAには、親和、新和、新輪、神話、Uには、宇都宮、Unity、ひとつという意味を含みます。

    Aha2ビジョンシンキング11


     今後、このメンバーで「U+SHINWA」と呼べば、ビジョン・メッセージとビジョン・イメージが明確に頭の中に思い浮かぶことになるはず。

     これが「ビジョン・インセプション」だったのです。

  • Try418:イメージからメッセージへ。メッセージからワードへ落とそう。ビジョン・インセプションがメンバーの記憶に焼き付ける。
  • 関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    まちヨミ第三章JOIN「つなぐ・つながる読書会」 | Home | ファシリテーターの介入効果

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する