MBOとMBBとBackcasting

 今回から「Aha2ビジョン・シンキング」のレポートを書いていきます。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

 ここ1ヵ月、なぜかビジョンを創りあげる仕事が重なってきました。あるプロジェクトの2年後のビジョンだったり、あるいはビジョン構想力を学ぶセミナーを受講していたり。

 おかげで今回の「Aha2ビジョン・シンキング」にはちょうどよいタイミングとなりました。

1.FutureSession構想
2.MBOとMBBとBackcasting(本日の記事)
3.ビジョン・シンキング
4.ファシリテーターの介入効果
5.ビジョン・インセプション


Aha2ビジョンシンキング2


MBB:「思い」のマネジメント ―知識創造経営の実践フレームワークMBB:「思い」のマネジメント ―知識創造経営の実践フレームワーク
(2010/06/18)
一條 和生、徳岡 晃一郎 他

商品詳細を見る

 本日のスキーマです。

  • Scheme505:妄想がビジョンを拡げ、目標値と思いがビジョンを具現化する行動をつくり出す。

  • Aha2ビジョン・シンキングとは?


     なぜこのイベントを企画したかというと、あるきっかけがありました。それがこれ。

  • Task169:チームETOのビジョンをつくりあげるイベントを実行する。ビジョンあっての目指す姿を見つけよう。 14.05.17完了

  •  宇都宮で全脳思考イントロ講座を開催し、宇都宮を盛り上げていこうという熱い仲間がここに集いました。

     そしてこの先のストーリーを描いたところ、そこから見えてきた課題がありました。

    「チームワークができているのに、めざしているものがバラバラ。ビジョンが共有できていない。

     なんたって、年齢、性別、職種、そして個人が活動している内容もバラバラ。共有できるビジョンなんてあるのだろうか?と当時は考えていました。

     だけど、こんな熱い仲間がひとつのビジョンを共有して行動していったら、すごいことになりそうだという期待感もめばえたのがこのイベントでした。

     その思いが今回の「Aha2ビジョン・シンキング」で証明されたのでした。

     このイベントの構成はこんな感じ。

    1. Opening
     アイスブレイクとこのイベントに至った経緯を共有。

    2. Share the belief
     beliefとは「思い」。個人の熱い思いを語ってもらい、めざすビジョンの共通点を見出すヒントとします。

    3. Vision thinking
     2020年にどんな宇都宮になっていたら良いか?、どんな自分になっていたいか?という問いからグループワークでビジョンを具体化していきます。

    4. Drawing Scenario in 2020
     具体化されたビジョンが達成された状態を想定して、シナリオを作ってもらい、発表してもらいます。

    5. Closing
     FutureSessionとしてのめざすゴール「2020年に世界に示したい日本」と関連して私達が示したいことを言語化します。

    現状積上型と妄想先行型のアプローチ


     以前、こちらの記事では野村さんから学んだ「バックキャスティング」について紹介しています。

  • Scheme503:望む未来からバックキャスティングすると超えるべき課題が見つかる。Future is Now ! by 野村恭彦

  •  バックキャスティングとは、現状分析から未来を予測する現状積上型ではなく、ありたい未来を妄想する妄想先行型のアプローチです。

     現状の制約に捕らわれず、どんどん妄想してありたい姿を見出していきます。

     それが実現した世界をイメージしたときに、いま何が必要か?を探っていく方法です。

     冒頭の本ではマネジメントには2つのスタイルがあると説明しています。

    MBO:Management By Objectives=目標管理型のマネジメント

    MBB:Management By Belief=思いのマネジメント


     従来の目標値を管理していくやり方では、限界が低いのです。

     その限界を超えるためには、行動する人達の「思い(Belief)」が重要となります。

     これらを図示するとこうなります。

    Aha2ビジョンシンキング3

     MBOのアプローチでは限られた成果しか得られません。それに対してありたいビジョンから考えると、達成すべきレベルは大きくなり、現状からの向かうべきベクトルの角度は大きくなります。

     そのギャップをうめていくために必要なのが「思い(Belief)」、つまりMBBなのです。

     妄想先行型でビジョンを描き、それを具現化するためにはMBOとMBBの両方の取り組みが必要となります。

    Aha2ビジョンシンキング1

    「さあ、未来を見に行こう!」

     次回は、ビジョン・シンキングのグループワークから見えてきた内容を紹介します。

  • Scheme505:妄想がビジョンを拡げ、目標値と思いがビジョンを具現化する行動をつくり出す。

  • Task169:チームETOのビジョンをつくりあげるイベントを実行する。ビジョンあっての目指す姿を見つけよう。 14.05.17完了
  • 関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    ビジョン・シンキング | Home | FutureSession構想

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する